○神流町森林組合等活動育成対策事業補助金交付要綱

平成29年3月17日

告示第22号

(趣旨)

第1条 この告示は、林業従事者の人材確保及び育成支援並びに森林境界確認の推進を行うため、当該事業に要する経費について、予算の範囲内で補助金を交付するものとし、その交付については、神流町補助金等に関する規則(平成15年神流町規則第32号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象事業等)

第2条 この補助金の対象となる事業及び補助金の額等は、別表に掲げるとおりとする。

(補助金の交付申請)

第3条 前条の事業を実施し、補助金の交付を受けようとする者(以下「補助事業者」という。)が補助金の交付申請をするときは、町長が定める期日までに補助金交付申請書(別記様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定)

第4条 町長は、前条の規定により補助金交付申請の提出があったときは、その内容を審査し、補助金を交付することが適当であると認められる場合には、補助金交付決定通知書(別記様式第2号)を交付するものとする。

2 町長は、補助金の適正な交付を行うために必要があるときは、補助金の交付の申請に係る事項について修正を加えて交付の決定をすることができるものとする。

(事業の変更等)

第5条 補助事業者は、事業内容又は経費の配分について承認を得ようとするときは、変更承認申請書(別記様式第3号)を町長に提出し、承認を得なければならない。

2 町長は、前項の規定により提出された変更承認申請を審査し、変更承認通知書(別記様式第4号)により、補助事業者に通知するものとする。

(実績報告)

第6条 補助事業者は、実績報告書(別記様式第5号)を原則として補助事業完了後30日以内に町長に提出しなければならない。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年4月1日告示第30―1号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

事業種目

補助対象経費

補助金の額

森林境界明確化基金事業

森林の境界確認及び測量業務に該当する経費

1ヘクタール当たり45,000円以内(補助金の額の決定に当たっては、1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。)

森林基盤整備事業

既存の境界情報を整理し、境界確定を行う資料作成に該当する経費

1ヘクタール当たり10,000円以内(補助金の額の決定に当たっては、1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。)

森林整備担い手育成事業

高度架線技術者養成研修

補助対象経費の1/2以内(補助金の額の決定に当たっては、1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。)

高度路網作設オペレータ研修

森林技術者養成研修

林業技能者・技術者資格取得推進事業

林業災害防止に係る総合対策事業

新規就労者獲得支援

補助対象経費の1/3以内(補助金の額の決定に当たっては、1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。)

緊急間伐促進対策事業

森林所有者が自ら間伐、枝打ちを行う代理申請分の嵩上げ額の補助

補助対象経費の4/10以内(補助金の額の決定に当たっては、1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。)

画像

画像

画像

画像

画像

神流町森林組合等活動育成対策事業補助金交付要綱

平成29年3月17日 告示第22号

(平成30年4月1日施行)