○検察審査員候補者の予定者の選定に関する規程

平成17年1月1日

選挙管理委員会規程第7号

(趣旨)

第1条 検察審査会法(昭和23年法律第147号。以下「法」という。)第10条第1項の規定により唐津市選挙管理委員会(以下「委員会」という。)が行う検察審査員候補者の予定者(以下「予定者」という。)の選定に関しては、法令に別段の定めのある場合のほか、この規程の定めるところによる。

(平20選管規程6・一部改正)

(選定事務の処理)

第2条 予定者の選定に関する事務は、委員会の委員長がこれを処理する。

(平20選管規程6・一部改正)

(予定者の選定)

第3条 予定者を選定するときは、選挙人名簿(以下「名簿」という。)を投票区の番号の順に配列し、名簿に登録されている順序に従い一連番号を付し、組の編成をする。この場合において、最初の組を第1組とし、以下順次組番号を付する。

2 前項の組は、名簿登録人員数を予定者の数で除した整数(以下「間隔人員数」という。)を単位として編成し、第1組の名簿登録者に付された一連番号を選定番号とする。

3 組の数は、予定者の数とする。ただし、前項の計算で余りが出たときは、組を1増するものとする。

(平20選管規程6・一部改正)

(くじの方法)

第4条 予定者の選定は、0から9までの数字を付した10本のくじにより行う。

2 予定者につき行うべきくじの回数は、選定番号の最大数のけた数とする。この場合において、最終回のくじは、前項の規定にかかわらず、0から選定番号の最大数の最上位のけたの数字までの数字を付したくじにより行う。

3 くじは、1位のけたから順次これを行い、くじによる数と同一の数の選定番号をもって、予定者選定の基本となる番号(以下「基本番号」という。)とし、当該番号を有する者をもって第1組の当選者とし、以下組ごとに基本番号の数に順次間隔人員数を加算して得た数と同一の数の番号を有する者を、第2組以下の各組の当選者とする。ただし、前条第3項ただし書の組において当選者が出たときは、当選者の中から1人排除するくじを、前2項の例により行う。

4 前項の場合において、該当番号のない数が出たときは、無効とする。

(群の編成)

第5条 群の編成は、組番号の順序に従って各群の予定者の数だけ第1群から順次その所属の群とし、各群ごとに整理のための一連番号(以下「整理番号」という。)を付する。

(予定者が不足した場合のくじ)

第6条 前3条の規定により選定した者が法第10条第1項の規定により除かれた場合において、割り当てられた予定者の数に足りない数についての予定者の選定は、第3条及び第4条の例による。

(平20選管規程6・一部改正)

(電子計算機による予定者の選定)

第7条 予定者の選定は、前4条の規定にかかわらず、裁判員候補者の予定者の選定に関する規定(平成20年選挙管理委員会規程第5号)第6条の規定の例により行うことができる。

2 前項の場合においては、群の編成は、選定された予定者の名簿の配列順に従って各群の予定者の数だけ第1群から順次その所属の群とする。

(平20選管規程6・追加)

(選定録)

第8条 委員会の委員長は、選定録を作成し、選定のてん末を記載し、これに署名する。

2 前項の選定録は、委員会において1年間保存する。

3 選定録の様式は、別に定める。

(平20選管規程6・一部改正)

附 則

この規程は、平成17年1月1日から施行する。

附 則(平成20年選管規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

検察審査員候補者の予定者の選定に関する規程

平成17年1月1日 選挙管理委員会規程第7号

(平成20年10月10日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第3章 選挙管理委員会
沿革情報
平成17年1月1日 選挙管理委員会規程第7号
平成20年10月10日 選挙管理委員会規程第6号