○唐津市農業委員会事務局規程

平成17年1月1日

農業委員会規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、唐津市農業委員会(以下「農業委員会」という。)の事務を処理するため、唐津市農業委員会事務局(以下「事務局」という。)の組織、事務分掌その他必要な事項を定めるものとする。

(事務局の設置)

第2条 事務局を唐津市南城内1番1号に置く。

2 農業委員会分室(以下「分室」という。)を各市民センター内に置く。

3 事務局は、農業委員会の一切の事務を統括し、処理する。

(平24農委規程1・平27農委規程2・一部改正)

(組織)

第3条 事務局に次の係を置き、分室に農業委員会事務の担当係を置く。

(1) 振興係

(2) 農地係

(任免)

第4条 職員は、会長が任免する。

(職制)

第5条 事務局に事務局長(以下「局長」という。)を、係に係長を置き、必要により参事、副局長、主査、副主査その他職員を置くことができる。

2 分室に必要な職員を置くことができる。

(平22農委規程1・平30農委規程2・一部改正)

(職務)

第6条 局長は、会長の命を受け、農業委員会の事務を統括し、所属職員を指揮監督する。

2 副局長は、局長を補佐し、局長の指示する事務を掌理する。

3 係長は、上司の命を受け、係の事務を掌理し、係の職員を指揮監督する。

4 前3項に規定する職員以外の職員は、上司の指揮を受け、担当の事務に従事する。

5 参事は、上司の命を受けて、特殊な事務に従事する。

(平22農委規程1・一部改正)

(職務の代理)

第7条 局長に事故があるとき、又は局長が欠けたときは、参事がその事務を代理する。

2 局長及び参事がともに事故があるとき、又は欠けたときは、副局長がその事務を代理する。

3 局長、参事及び副局長のいずれも事故があるとき、又は欠けたときは、所管の係長がその事務を代理する。

4 前3項の規定により事務を代理した参事又は所管の係長は、後日、速やかに上司に報告しなければならない。

(平26農委規程1・一部改正)

(所掌事務)

第8条 事務局の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 総会及び運営委員会に関すること。

(2) 公告及び広報に関すること。

(3) 職員の任免、服務、給与その他人事に関すること。

(4) 公印の管理に関すること。

(5) 農業委員及び農地利用最適化推進委員に関すること。

(6) 規則及び規程の制定又は改廃に関すること。

(7) 文書の収受、発送、整理及び保存に関すること。

(8) 事務局の庶務及び経理に関すること。

(9) 市長部局及び他の農業関係機関との連絡調整に関すること。

(10) 農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号)第6条に規定する事務に関すること。

(11) 新規農業参入に関すること。

(12) 市民農園の整備促進事業の区域の決定及び開設の決定並びに特定農地貸付けの承認に関すること。

(13) 農業振興地域整備計画の意見に関すること。

(14) 土地改良法(昭和24年法律第195号)に基づく資格認定事務に関すること。

(15) 農地の権利移動に係る租税特別措置法(昭和32年法律第26号)に基づく事務に関すること。

(16) 農業者年金事務及び当該事務に関係する農地の権利移動に関すること。

(17) 農業経営の法人化その他経営の合理化及び農民生活の向上に関すること。

(18) 市が定める農用地利用集積計画の決定に関すること。

(19) 農用地利用集積計画に基づく所有権移転の嘱託登記に関すること。

(20) 認定農業者及び家族経営協定の意見に関すること。

(21) 農家台帳システムの管理に関すること。

(22) 統計及び調査並びに照会回答に関すること。

2 分室の事務分掌は、前項第10号及び第16号並びに農地行政の相談業務に関することとする。

(平30農委規程2・一部改正)

(専決)

第9条 局長は、次の事項を専決することができる。

(1) 職員の事務分担に関すること。

(2) 職員(局長を除く。)の6泊7日以内の出張命令に関すること。

(3) 職員の時間外勤務命令に関すること。

(4) 職員の週休日等の勤務命令に関すること。

(5) 職員(局長を除く。)の休暇承認に関すること。

(6) 軽易又は定例的な証明、調査、報告、照会、回答、届出及び通知に関すること。

(7) 法令の規定による公簿の閲覧、公表及び管理に関すること。

(8) 唐津市情報公開条例(平成17年条例第10号)の規定に基づく公文書の公開に関すること。

(9) 教育長、議会事務局長、各種委員会事務局長等補助執行規程(平成17年規程第11号)に基づき、局長に補助執行させることとした事項に関すること。

(10) 前各号に規定する事項に準ずる軽易な事項の処理決定に関すること。

(平26農委規程1・一部改正)

(代決)

第10条 局長が不在のときは、参事がその事務を代決することができる。

2 局長及び参事がともに不在のときは、副局長がその事務を代決することができる。

3 局長、参事及び副局長のいずれも不在のときは、所管の係長がその事務を代決することができる。

4 前3項の規定にかかわらず、重要又は異例な事項については、あらかじめ処理の方針を指示されたもの又は特に急を要するもののほかは、代決をすることができない。

5 代決した事項については、速やかに上司に後閲を受け、又は報告しなければならない。

(平26農委規程1・平30農委規程2・一部改正)

(文書の取扱)

第11条 文書類は、上司の承認を得ないで他に示し、又はその写しを与えることができない。

(平30農委規程2・一部改正)

(補則)

第12条 この規程に定めるもののほか、農業委員会の事務処理、職員の任免及び服務並びに公告式については、市長部局の例による。

附 則

この規程は、平成17年1月1日から施行する。

附 則(平成22年農委規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年農委規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年農委規程第1号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年農委規程第2号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成30年農委規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

唐津市農業委員会事務局規程

平成17年1月1日 農業委員会規程第3号

(平成30年3月27日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成17年1月1日 農業委員会規程第3号
平成22年4月1日 農業委員会規程第1号
平成24年1月4日 農業委員会規程第1号
平成26年4月1日 農業委員会規程第1号
平成27年4月1日 農業委員会規程第2号
平成30年3月27日 農業委員会規程第2号