○唐津市消防団規則

平成17年1月1日

規則第227号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第18条第2項及び第23条第2項の規定に基づき、消防団の組織及び消防団員(以下「団員」という。)の階級等に関し必要な事項を定めるものとする。

(平18規則86・平25規則10・一部改正)

(組織)

第2条 消防団の組織は、消防団本部(以下「団本部」という。)及び支団をもって組織する。

2 支団に分団、部及び班を置く。

3 支団、分団及び部の名称及び管轄区域は、別表第1のとおりとする。

(平25規則10・一部改正)

(団本部の位置)

第3条 団本部の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

唐津市消防団本部

唐津市西城内1番1号

(平18規則1・平25規則10・一部改正)

(階級)

第4条 団員の階級は、消防団員の階級の基準(昭和39年消防庁告示第5号)によるものとする。ただし、支団長及び副支団長の階級は、当該基準に定める副団長の階級とする。

(平25規則10・全改)

(任期)

第5条 支団長及び副支団長の任期は、2年とし、再任されることができる。ただし、補欠によるこれらの者の任期は、前任者の残任期間とする。

(平25規則10・全改)

(団本部)

第6条 団本部に消防団長(以下「団長」という。)、副団長及び団員を置く。

2 団長は、消防団の事務を統括し、団員を指揮監督する。

3 副団長は、支団の長の互選した者を指名し、市長の承認を得て団長が任命する。

4 副団長は、団長を補佐し、団長に事故があるとき、又は欠けたときは、あらかじめ団長が定めた順位に従い、その職務を代理する。また、副団長は支団長を兼ねるものとする。

5 団員は、上司の命を受け、消防事務に従事する。

(平25規則10・追加)

(支団、分団及び部)

第7条 支団に支団本部を置く。

2 支団本部に支団長及び副支団長を置く。

3 分団に分団長を置く。また、副分団長を置くことができる。

4 部に部長、班長及び団員を置く。

5 支団長及び副支団長は、支団の推薦又は選挙に基づき、市長の承認を得て団長が任命する。

6 分団長及び副分団長は、当該分団の部長の推薦又は選挙に基づき、市長の承認を得て団長が任命する。

7 部長及び班長は、団員(支援団員を除く。以下この項において同じ。)のうちから団員の推薦又は選挙に基づき、団長が支団長の意見を聴き、市長の承認を得て任命する。

8 支団長は、団長の命を受け、当該支団の事務を統括し、所属団員を指揮監督する。

9 副支団長は、支団長を補佐し、支団長に事故があるとき、又は欠けたときは、あらかじめ団長が定めた順位に従い、その職務を代理する。

10 分団長は、上司の命を受け、当該分団の事務を処理し、所属の団員を指揮監督する。

11 副分団長(副分団長を置かない場合は、あらかじめ分団長が指名した者)は、分団長を補佐し、分団長に事故があるとき、又は欠けたときは、その職務を代理する。

12 部長は、上司の命を受け、当該部の事務を処理する。

13 班長は、上司の命を受け、当該班の事務を処理する。

14 団員は、上司の命を受け、消防事務に従事する。

(平25規則10・追加)

(階級別定員及び配置)

第8条 団員の階級別定員及び配置は、別表第2のとおりとする。

(平21規則7・一部改正、平25規則10・旧第6条繰下・一部改正)

(区域外の出動)

第9条 消防団は、市長の許可を得ないで市の区域外の災害現場に出動してはならない。ただし、出動の際に管轄区域内であると認められたにもかかわらず、現場付近において管轄区域外と判明したとき、及び市と相互応援協定を結んでいる市町村の区域内に出動する場合は、この限りではない。

(平25規則10・追加)

(現場における遵守事項)

第10条 消防団が出動した場合は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 団員は、団長の指揮の下に行動しなければならない。団長は、消防長の所轄の下に行動しなければならない。

(2) 消防作業は、真剣に行わなければならない。

(3) 放水口数は、有効に使用し、消防作業の効果を収めるとともに、火災の損害及び濡損を最小限度に止めなければならない。

(4) 分団は、分団相互及び消防署と連絡協調しなければならない。

(平25規則10・追加)

(死体発見の場合の措置)

第11条 災害現場において死体を発見したときは、責任者は、消防長に報告するとともに、警察職員又は検死員が到着するまでその現場を保存しなければならない。

(平25規則10・追加)

(放火の疑いのある場合の措置)

第12条 放火の疑いのある場合は、責任者は、次の措置を講じなければならない。

(1) 直ちに消防長及び警察職員に通報しなければならない。

(2) 現場保存に努めなければならない。

(3) 事件は慎重に取り扱わなければならない。

(平25規則10・追加)

(施設及び器材)

第13条 消防団の施設及び器材(以下「施設等」という。)は、次のとおりとする。

(1) 消防団旗

(2) 消防格納庫

(3) 消防に必要な機械器具

(4) 前3号に掲げるもののほか、必要なもの

(平25規則10・追加)

(施設等の保管)

第14条 前条の施設等は、団長の責任において保管するものとする。

2 施設等を損傷し、又は亡失したときは、団長は直ちに文書をもって、市長に届け出なければならない。

3 施設等の損傷又は亡失が故意によるときは、その者に対し市長はこれを賠償させることができる。

(平25規則10・追加)

(文書簿冊)

第15条 消防団には、次の文書簿冊を備え、これを整理しておかなければならない。

(1) 団員名簿

(2) 表彰関係書類

(3) 設備器材台帳

(4) 給貸与品台帳

(5) 前各号に掲げるもののほか、必要なもの

(平25規則10・追加)

(訓練及び礼式)

第16条 団員の訓練及び礼式については、消防訓練礼式の基準(昭和40年消防庁告示第1号)によるものとする。

(平25規則10・旧第7条繰下・一部改正)

(服制)

第17条 団員の服制については、消防団員服制基準(昭和25年国家公安委員会告示第1号)によるものとする。

(平25規則10・旧第8条繰下・一部改正)

(補則)

第18条 この規則に定めるもののほか、消防団に関し必要な事項は、団長が別に定める。

(平25規則10・旧第9条繰下・一部改正)

附 則

この規則は、平成17年1月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年規則第86号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年規則第7号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年規則第16号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年規則第17号)

この規則は、平成23年4月2日から施行する。

附 則(平成24年規則第40号)

この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条第2項の規定による字の名称変更についての告示があった日から施行する。

附 則(平成25年規則第10号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第10号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年規則第44号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

(平25規則10・全改、平28規則10・平31規則44・一部改正)

名称

区域

唐津支団

支団本部

唐津支団の区域の全域

内町分団

第1部

木綿町、本町、中町、呉服町、京町、高砂町、東城内、大名小路、新興町

第2部

紺屋町、刀町、米屋町、八百屋町、平野町、新町、弓鷹町、西城内、南城内、北城内

第3部

朝日町、山下町、西寺町、桜馬場、坊主町

第4部

江川町、富士見町、南富士見町、西浜町、元旗町、西旗町、菜畑の一部

外町分団

第1部

大石町、十人町、魚屋町、材木町、元石町

第2部

水主町、栄町、千代田町、東町、船宮町

東唐津分団

第1部

東唐津1丁目、東唐津2丁目、松南町

第2部

東唐津3丁目、東唐津4丁目

西唐津分団

第1部

西唐津1丁目、西唐津2丁目、西唐津3丁目、二タ子の一部

第2部

東大島町、西大島町

第3部

二タ子1丁目、二タ子2丁目、二タ子3丁目、二タ子(一部を除く。)

海上部

妙見町、海岸通、藤崎通

長松分団

第1部

町田1丁目、町田2丁目、町田3丁目、町田4丁目、町田5丁目、旭が丘

第2部

神田

第3部

菜畑(一部を除く。)、熊原町

第4部

見借

竹木場分団

第1部

竹木場、東山

第2部

唐川、熊ノ峰

第3部

菅牟田、重河内

佐志分団

第1部

浦、鳩川

第2部

唐房1丁目

唐房2丁目、唐房3丁目、唐房4丁目、唐房5丁目、唐房6丁目、唐房7丁目

第3部

佐志中通、佐志浜町、佐志中里、佐志南

第4部

橋本町、八幡町、桜町、中瀬通

第5部

枝去木

高島分団

第1部

高島(通称東)

第2部

高島(通称西)

第3部

高島

鏡分団

第1部

鏡、松南町、鏡新開

第2部

半田

第3部

宇木

第4部

原、柏崎

久里分団

第1部

中原、久里(通称下久里)

第2部

夕日、久里(通称下久里を除く。)

第3部

双水

鬼塚分団

第1部

養母田鬼塚、養母田、橋本

第2部

和多田、和多田海士町、和多田百人町、和多田東百人町、和多田先石、和多田南先石、和多田用尺、和多田本村、和多田西山、和多田大土井、和多田天満町1丁目、和多田天満町2丁目、長谷

第3部

山本

第4部

石志

第5部

千々賀

第6部

山田

第7部

畑島

湊分団

第1部

相賀

第2部

第3部

湊町(通称岡)

第4部

第5部

湊町(通称浜)

第6部

第7部

屋形石、中里、横野

第8部

大良分団

第1部

後川内

第2部

大良

第3部

梨川内

神集島分団

第1部

神集島

第2部

第3部

浜玉支団

支団本部

浜玉支団の区域の全域

第1分団

第1部

第2部

第3部

西

第4部

大江

第5部

渕上

第2分団

第6部

砂子

第7部

横田下

第8部

横田上

第9部

山田、山瀬

第10部

野田

第3分団

第12部

谷口、岡口

第13部

五反田

第14部

南山下、南山上

第4分団

第15部

座主、戸房、草場

第16部

中原、古瀬

第17部

今坂

第18部

鳥巣、辺保

厳木支団

支団本部

厳木支団の区域の全域

第1分団

第1部

厳木

第3部

浪瀬

第15部

画像

第2分団

第2部

牧瀬、旭ヶ丘

第4部

浦川内、平之

第11部

瀬戸木場

第3分団

第5部

岩屋

第7部

本山、椋の木

第13部

新屋敷

第14部

高倉

第4分団

第6部

中島

第8部

広瀬

第10部

天川

第12部

星領、広川、鳥越

相知支団

支団本部

相知支団の区域の全域

中央分団

第1部

相知、中山、緑山、山手町、米の山、和田、のぞみ

第2部

杉野、西和田

東川分団

第3部

長部田、新長

第4部

田頭、湯屋

第5部

町切、高倉

第9部

千束、横枕、高見台

第23部

西川分団

第8部

牟田部、坊中

第10部

佐里上

第11部

佐里下

第13部

久保、山崎、上相知

平山分団

第6部

尾部田

第7部

蕨野、池

第15部

平山下

第16部

平山中組

北部分団

第17部

大野

第18部

伊岐佐上

第19部

黒岩

第20部

伊岐佐上中、伊岐佐下中

第22部

伊岐佐下、幸の元

北波多支団

支団本部

北波多支団の区域の全域

第1分団

第1部

徳須恵

第7部

田中

第8部

竹有

第2分団

第10部

山彦

第11部

上平野

第12部

成渕

第13部

下平野

第3分団

第3部

稗田

第4部

行合野

第6部

志気

第4分団

第2部

岸山

第5部

芳谷

第9部

大杉

肥前支団

支団本部

肥前支団の区域の全域

第1分団

高串西部

高串、阿漕、新田

高串東部

田野部

田野

瓜ヶ坂部

瓜ヶ坂、上ヶ倉

新木場部

新木場

寺浦部

寺浦

第2分団

入野東部

入野東

入野西部

入野西、犬頭

晴気部

晴気

星賀部

星賀

向島部

向島

鶴牧部

鶴牧

梅崎部

梅崎

第3分団

納所東部

納所東

納所西部

納所西

駄竹部

駄竹

京泊部

京泊

菖津部

菖津、大鶴

第4分団

切木部

切木、牧の地

中浦部

中浦、赤坂

湯野浦部

湯野浦

杉野浦部

杉野浦

大浦浜部

大浦浜

大浦岡部

大浦岡

満越部

満越

万賀里川部

万賀里川、八折栄

仁田野尾部

仁田野尾

鎮西支団

支団本部

鎮西支団の区域の全域

第1分団

第1部

元組、畑ヶ中、茜屋町

第2部

麦原、先部、沙子

第3部

前田、竹ノ内

第4部

第5部

野元、鬼木

第2分団

第6部

松島

第7部

殿山、浦方、先方、海士町、中町及び古里

第8部

加唐島

第9部

馬渡島

第3分団

第10部

打上

第11部

横竹、うしお台

第12部

塩鶴

第13部

赤木

第14部

中野、辻

第15部

丸田

第4分団

第16部

石室

第17部

加倉、高野、岩野

第18部

八床

第19部

菖蒲

第20部

早田

呼子支団

支団本部

呼子支団の区域の全域

第1分団

第1部

呼子のうち松浦町、宮ノ町、天満町、中町

第4部

呼子のうち先方、海士町、釣町、小倉町

第2分団

第5部

殿ノ浦

第11部

呼子のうち愛宕町

第12部

呼子のうち川端町

第3分団

第6部

小友

第10部

大友

第4分団

第7部

加部島のうち片島

第8部

加部島

第5分団

第9部

小川島のうち上、北、東

第13部

小川島のうち宮、渡路、浜

七山支団

支団本部

七山支団の区域の全域

第1分団

第1部

大白木

第2部

狩川

第3部

樽門

第4部

藤川

第5部

柳瀬

第2分団

第1部

野井原

第2部

林ノ上、馬川、荒川

第3部

滝川

第3分団

第1部

池原

第2部

東木浦

第3部

西木浦

第4部

仁部

別表第2(第8条関係)

(平25規則10・全改、平28規則10・平31規則44・一部改正)

本部支団別\階級別

団長

副団長

支団長

副支団長

分団長

副分団長

部長

班長

団員団

団本部

1

(3)







30

31(3)

唐津支団



1

3

20

14

81

339

885

1,343

浜玉支団



1

2

4


18

104

268

397

厳木支団



1

2

4

4

16

81

162

270

相知支団



1

2

8

5

39

89

206

350

北波多支団



1

2

4

6

15

69

109

206

肥前支団



1

2

4

4

30

98

246

385

鎮西支団



1

2

4

4

21

131

229

392

呼子支団



1

2

5


12

20

127

167

七山支団



1

2

3

3

14

54

93

170

1

(3)

9

19

56

40

246

985

2,355

3,711(3)

備考 表中の( )は、兼任数

唐津市消防団規則

平成17年1月1日 規則第227号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第13編 防/第2章 消防団
沿革情報
平成17年1月1日 規則第227号
平成18年1月1日 規則第1号
平成18年8月15日 規則第86号
平成21年3月25日 規則第7号
平成22年3月31日 規則第16号
平成23年3月28日 規則第17号
平成24年7月1日 規則第40号
平成25年3月14日 規則第10号
平成28年3月25日 規則第10号
平成31年4月1日 規則第44号