○唐津市消防団公印取扱規程

平成22年7月1日

消防本部規程第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、唐津市消防団の公印の管理及び使用その他公印に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において「公印」とは、公文書に使用する唐津市消防団長印及び各支団を所掌する支団長印をいう。

(平25消本規程1・一部改正)

(公印の管理)

第3条 公印の保管及び取扱いは、厳正かつ確実に行わなければならない。

(公印の保管者)

第4条 公印の保管及び取扱い並びにその使用の責任者(以下「保管者」という。)として、各公印についてそれぞれ保管者を置く。

2 各公印の保管者は、消防本部地域消防課にあっては地域消防課長、各市民センターにあっては総務・福祉課長とする。

3 前項の保管者に異動があった場合には、5日以内に事務引継ぎを行わなければならない。

(平31消本規程1・一部改正)

(公印取扱者)

第5条 保管者は、必要と認める場合には、あらかじめ、公印取扱者(以下「取扱者」という。)を所属職員のうちから指名することができる。

2 取扱者は、保管者の命を受け、公印の保管その他公印に関する事務に従事する。

(公印の種類、ひな形等)

第6条 公印の名称、書体、形状、大きさ、使用する文書の区分及び保管者は、別表第1のとおりとし、そのひな形は別表第2のとおりとする。

(押印手続)

第7条 公印を押印する場合は、決裁済文書又は押印を必要とする文書を保管者又は取扱者に提示し、承認を受けなければならない。

2 保管者又は取扱者は、前項に規定する書類が完備されていない場合は、原則として、公印の押印を承認しないものとする。

(公印台帳)

第8条 公印の公正な取扱いを行うため、消防本部に公印台帳(別記様式)を備え、公印を登録する。

(公印の新調、改刻又は廃止)

第9条 公印を新調し、改刻し、又は廃棄しようとするときは、あらかじめ公印の名称、寸法及び書体並びに新調、改刻又は廃棄を必要とする理由を記載した文書をもって消防団長の承認を受けなければならない。

2 保管中の公印をき損し、又は亡失したときは、保管者は速やかにそのてん末を消防団長に報告しなければならない。

(平25消本規程1・一部改正)

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年消本規程第1号)

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成31年消本規程第1号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

別表第1(第6条関係)

(平31消本規程1・全改)

名称

ひな型

書体

大きさ(ミリメートル)

使用する文書の区分

保管者

唐津市消防団長

1

れい書

方24

唐津市消防団長名をもってなす一般公文書、表彰状、感謝状及び賞状用

消防本部地域消防課長

唐津支団長

2

れい書

方22

支団長名をもってなす一般公文書用

消防本部地域消防課長

浜玉支団長

3

れい書

方22

支団長名をもってなす一般公文書用

浜玉市民センター総務・福祉課長

厳木支団長

4

れい書

方22

支団長名をもってなす一般公文書用

厳木市民センター総務・福祉課長

相知支団長

5

れい書

方22

支団長名をもってなす一般公文書用

相知市民センター総務・福祉課長

北波多支団長

6

れい書

方22

支団長名をもってなす一般公文書用

北波多市民センター総務・福祉課長

肥前支団長

7

れい書

方22

支団長名をもってなす一般公文書用

肥前市民センター総務・福祉課長

鎮西支団長

8

れい書

方22

支団長名をもってなす一般公文書用

鎮西市民センター総務・福祉課長

呼子支団長

9

れい書

方22

支団長名をもってなす一般公文書用

呼子市民センター総務・福祉課長

七山支団長

10

れい書

方22

支団長名をもってなす一般公文書用

七山市民センター総務・福祉課長

別表第2(第6条関係)

(平25消本規程1・全改)

1

2

3

4

画像

画像

画像

画像

5

6

7

8

画像

画像

画像

画像

9

10


画像

画像

画像

唐津市消防団公印取扱規程

平成22年7月1日 消防本部規程第2号

(平成31年4月1日施行)