○唐津市軽自動車税減免取扱要綱

平成30年4月1日

告示第73号

(趣旨)

第1条 この要綱は、唐津市税条例(平成17年条例第62号。以下「条例」という。)及び唐津市税条例施行規則(平成18年規則第92号。以下「規則」という。)に規定する軽自動車税の減免(以下「減免」という。)の取扱いについて、必要な事項を定めるものとする。

(減免要件の判定日)

第2条 条例第89条第1項及び第90条第1項の規定は、減免を受けようとする年度の4月1日に要件を満たしているものとする。

(公益による減免の範囲)

第3条 規則第9条第1項第3号に定める軽自動車等には、唐津市青少年育成連絡協議会が所有し、その活動のために使用されている軽自動車等を含むものとする。

(公益による減免申請手続)

第4条 規則第9条に規定する軽自動車税等に対する減免の申請においては、軽自動車税減免申請書(公益)(第1号様式)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 自動車検査証、軽自動車届出済証又は標識交付証明書等の写し

(2) 団体又は法人の規約又は定款若しくは登記簿謄本の写し

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(身体障害者等に対する減免申請手続)

第5条 規則第10条第1項に規定する軽自動車等の所有者又は使用者は、身体障害者等に対する軽自動車税減免申請書(第2号様式)別表第1に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。この場合において、別表第1に定める使用目的を証明する書類の内容については、別表第2に定めるところによる。

2 規則第10条第3項に規定する軽自動車等の所有者又は使用者は、構造上身体障害者等の利用に供する軽自動車等に対する軽自動車税減免申請書(第3号様式)別表第3に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(減免事由の変更)

第6条 条例第90条第1項の規定により減免を受けた者は、身体障害者手帳等(身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をいう。)の等級、車両その他の申請した事項に変更があった場合は、減免事由変更届出書(第4号様式)により届出なければならない。

(現況の報告)

第7条 市長は、条例第90条第1項第1号の規定による減免を受けた者に対し同条第2項に規定する申請書を提出した翌年度以降、軽自動車税減免現況報告書(第5号様式。以下「現況報告書」という。)の提出を求めることができる。

2 市長は、前項の規定により現況報告書の提出を求めた場合において、現況報告書が期限までに提出されなかったとき又は減免事由の内容に変更があり、減免の要件に該当しなくなったときは、減免の取消しを行うことができるものとする。

(減免の廃止)

第8条 条例第90条第1項の規定により減免を受けている者で、減免すべき事由に該当しなくなったものは、軽自動車税減免廃止届出書(第6号様式)により減免の廃止を届出るものとする。

2 市長は、前項の届出書が提出された場合、減免の廃止の原因となった事由が存在する年度の翌年度分から、それまで減免を受けていた軽自動車等に軽自動車税を課税するものとする。

(減免税額)

第9条 減免する税額は、当該軽自動車税の年額全額とする。

附 則

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第5条関係)

書類

本人運転に係るもの

生計を一にする者又は常時介護する者に係るもの

自動車検査証、軽自動車届出済証又は標識交付証明書等の写し(事業用と記載されているものを除く。)

身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳

自動車運転免許証の写し

軽自動車納税通知書

使用目的を証明する書類(任意の様式、施設長等の押印必要)


別表第2(第5条関係)

使用目的

使用目的の定義

使用回数及び使用期限

使用目的の証明書

家族運転

常時介護者運転

通学(通園)

身体障害者等が、学校教育法に規定する学校、専修学校及び各種学校並びに児童福祉法に規定する保育所に通うために軽自動車の利用を必要とすること。

通学(通園)期間今後6か月以上

使用回数

週3回程度以上

使用期間

今後1年以上

通学(通園)証明書

通院

身体障害者等が、持病の治療又は障がいの抑制・機能の回復等のために医療法に規定する医療機関等へ継続反復して通うために軽自動車の利用を必要とすること。

通院回数月平均4回以上

通院期間今後6か月以上

通院証明書

通所

身体障害者等が、更正・指導及び職業訓練を受けることを目的として、社会福祉法に規定する社会福祉事業の用に供される施設(これに類する施設を含む。)又は職業訓練能力開発促進法に規定する職業訓練施設へ継続反復して通うために軽自動車の利用を必要とすること。

通所期間今後6か月以上

通所証明書

生業(通勤)

身体障害者等が、自己又は家族の生活を維持するために必要な収入を得るために軽自動車の利用を必要とすること。

回数・期間の制限なし


通勤証明書等

帰宅

身体障害者施設、知的障害者施設若しくは精神障害者施設等の入所者又は入寮施設のある学校の入寮者が、週末等の帰宅のために軽自動車の利用を必要とすること。

帰宅回数毎週1回以上

帰宅(入所)証明書

別表第3(第5条関係)

書類

自動車検査証の車体の形状欄

車いす移動車、身体障害者輸送車又は入浴車の記載があるもの

車いす移動車、身体障害者輸送車又は入浴車の記載がないもの

自動車検査証

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

唐津市軽自動車税減免取扱要綱

平成30年4月1日 告示第73号

(平成30年4月1日施行)