○川辺町防災行政無線戸別受信機の設置及び管理に関する規則

平成2年3月20日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、川辺町防災行政無線施設設置条例(平成2年川辺町条例第1号)第5条の規定に基づき川辺町防災行政無線戸別受信機(以下「戸別受信機」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(設置の対象及び数量)

第2条 戸別受信機の設置対象は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 町内に居住する者の世帯

(2) 町内の事業所又は事業所を有する個人又は法人で町長が必要と認めた施設

(3) 公共団体の施設

(4) 前3号に掲げるもののほか、町長が特に認めたもの

2 設置台数は、各設置対象ごとに1台を原則とする。ただし、町長が特に必要と認めた場合には、その台数を増加することができる。

(申請)

第3条 戸別受信機を設置しようとする者は、川辺町防災行政無線戸別受信機設置申請書兼借用書(様式第1号。以下「申請書兼借用書」という。)を提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書兼借用書を受理し、必要と認めたときは、戸別受信機を貸与しなければならない。

(貸与)

第4条 戸別受信機は、無償で貸与するものとする。ただし、第2条第2項ただし書の規定による増加分については、有償とする。

2 戸別受信機の設置にともなう諸工事費については、設置者の負担とする。ただし、町長が指定したものについてはこの限りでない。

3 第1項の規定により貸与された戸別受信機は、その権利を譲渡し、又は転貸し若しくは担保に供することができない。

(借用書の提出)

第5条 前条の規定により貸与を受けた者(以下「使用者」という。)は、申請書兼借用書を町長に提出しなければならない。

(貸与者台帳の備付)

第6条 町長は、戸別受信機を貸与した者の住所及び氏名を戸別受信機貸与者台帳(様式第2号)により備え付けなければならない。

(使用者の維持管理義務)

第7条 使用者は、貸与された戸別受信機の維持管理に努め、異常のあるときは速やかに届け出なければならない。

2 設置後の維持管理に必要な経費は、使用者の負担とする。

3 戸別受信機の補修については、町の指定する者以外はこれを行うことができない。

(使用者の弁償責任等)

第8条 戸別受信機の全部又は一部を損傷し、又は滅失した場合は、町長にその状況を報告し、その指示に従がわなければならない。

(戸別受信機の返還)

第9条 使用者は、戸別受信機を必要としなくなったときは、直ちに返還しなければならない。

2 町長は、使用者が戸別受信機の維持管理を怠たり、又はその仕様に改造等を加える恐れがあると認められるときは、戸別受信機の返還を命ずることができる。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第7号の3)

1 この規則は、平成19年4月1日から適用する。

2 この規則の施行の際現にある旧様式による用紙は、当分の間、所要の調整を加えたうえで使用することができる。

附 則(平成21年3月3日規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、平成21年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第4条第1項の規定は、この規則の施行日の日以後に戸別受信機の設置の申請を行ったものについて適用し、同日前に戸別受信機の設置の申請を行ったものについては、なお従前の例による。

附 則(平成21年9月30日規則第21号)

(施行期日)

1 この規則は、平成21年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の川辺町職員等の旅費に関する条例施行規則、川辺町予算の編成及び執行に関する規則、川辺町会計規則、川辺町国民健康保険高額医療費資金貸付条例施行規則、川辺町防災行政無線戸別受信機の設置及び管理に関する規則、川辺町親子教室設置に関する条例施行規則、川辺町後期高齢者医療に関する条例施行規則の規定に基づき作成された様式の用紙で、現に残存するものは、必要な改定を加えたうえ、なお当分の間、使用することができる。

附 則(令和元年12月3日規則第26号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

川辺町防災行政無線戸別受信機の設置及び管理に関する規則

平成2年3月20日 規則第3号

(令和元年12月3日施行)