○川辺町公民館の管理運営に関する規則

平成13年3月23日

教委規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、川辺町公民館条例(昭和39年川辺町条例第58号。以下「条例」という。)第9条の規定に基づき、条例第1条第2項に定める公民館の管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 公民館に館長及び主事、その他必要な職員を置く。

2 館長及び主事は兼任又は非常勤の職員をもって充てることができる。

3 館長は、公民館の管理及び運営に関する事務を掌理し職員を指揮監督する。

4 主事その他の職員は、館長の命を受け公民館活動の指導助言及び事務を処理する。

(休館日)

第3条 公民館の休館日は、次のとおりとする。

(1) 12月29日から翌年1月4日まで

(2) 毎週月曜日(ただし、当該日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日の場合は除く。)

2 教育委員会は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、公民館を臨時に休館し、又は開館することができる。

(使用時間)

第4条 公民館の使用時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、条例別表に定める室の使用許可をしたときは、午後9時30分まで使用させることができる。

2 教育委員会は、特に必要があると認めたときは、前項に規定する使用時間を変更することができる。

(使用の許可申請)

第5条 条例第5条に規定する使用の許可を受けようとする者は、次の各号に掲げる区分ごとの期間内の午前8時30分から午後5時までに、公民館使用許可申請書(様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

(1) 中央公民館のホールを使用する場合 使用する日の3月前の月の初日から使用する日の15日前まで

(2) その他の場合 使用する日の2月前の月の初日から使用する日の15日前まで

2 教育委員会が特に必要があると認めたときは、この期間によらないことができる。

(使用許可)

第6条 教育委員会は、公民館の使用を許可したときは、公民館使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

2 許可を受けた使用時間には、準備及び原状に復する時間を含むものとする。

(使用許可の順位)

第7条 公民館の使用許可の順位は、申請の順位によるものとする。

(使用許可の変更等)

第8条 公民館の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)が許可事項を変更しようとするとき、又は使用の取消をしようとするときは、公民館使用許可書を提示し、速やかに教育委員会にその旨を届け出し、その承認を受けなければならない。

2 第7条に規定する申請の期間は、前項の届け出について準用する。

(徴収時期)

第9条 使用料は、公民館使用許可書の交付の際に、これを徴収する。

2 使用許可の内容の変更により既に納付した使用料に不足が生じたときは、変更の承認の際に、その不足額を徴収する。

(特別設備)

第10条 使用者は、公民館に特別の設備をし又は備えつけの器具以外の器具を搬入して使用しようとするときは、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

(使用料の減免)

第11条 条例第7条第1項だだし書の規定に基づく使用料の減免割合は、次の各号によるものとする。

(1) 川辺町及び川辺町の機関(以下「川辺町等」という。)が主催又は共催して使用するとき 100%以内

(2) 川辺町等が減免を適当と認めた団体が使用するとき 100%以内

(3) 川辺町等が加入している組織及び団体が使用するとき 100%以内

(4) 国及び県が主催して使用するとき 100%以内

(5) 川辺町等の後援を受けたものが使用するとき 30%以内

(6) その他の使用で、館長が公益事業として特に認めたとき 20%以内

2 前項に掲げる団体の名称及び減免割合は、教育委員会が別に定める。

3 入場料等を徴収する場合の使用料は第1項(第1号を除く。)の減免額の1/2とする。

(責任者等の設置)

第12条 使用者は、使用施設の秩序保持のため、責任者及び整理人を置かなければならない。

(職員の立ち入り)

第13条 使用者は、関係職員が公民館の管理上必要があって当該許可に係る使用の場所に立ち入るときは、これを拒むことができない。

(破損等の届け出)

第14条 公民館の建物若しくは付属の設備又は展示品等を破損し、汚損し、又は滅失した者は、直ちにその旨を教育委員会に届け出なければならない。

(遵守事項)

第15条 使用者その他公民館の利用者は、公民館の管理上支障がある次の行為をしてはならない。

(1) みだりに火気を使用し、又は危険の生じるおそれのある行為をすること。

(2) 許可を受けないで、建物又は敷地内において物品等を販売し、又は金品の寄付募金等の行為をすること。

(3) 騒音を発する、暴力を用いる等他人の迷惑行為をすること。

(4) 許可を受けずに広告類を掲示し、配布し、又は散布すること。

(5) 使用を許可されていない施設及び設備等を使用すること。

(6) 許可を受けずに飲食又は酒類を飲用すること。

(7) その他管理上必要な指示に反する行為をすること。

2 使用者その他公民館の利用者が、前項各号の規定に違反した場合は、職員はその行為を止めるよう指示し、これに従わないときは退館を命ずることができる。

(図書室の運営)

第16条 中央公民館施設のうち図書室の運営については、別に定める。

(館長の指示等)

第17条 館長は、公民館の秩序保持及び管理上の必要があると認めるときは、使用者に対し、公民館の使用について適切な指示をすることができる。

2 使用者は、公民館の使用を開始するときは、公民館職員に許可書を提示し、その使用が終わったときは、その旨を告げ、設備その他備品、清掃等の点検を受けなければならない。

(委任)

第18条 この規則に定めるもののほか、公民館の秩序の保持及び管理上必要な事項は、館長が別に定める。

附 則

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成16年1月5日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年6月6日教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

川辺町公民館の管理運営に関する規則

平成13年3月23日 教育委員会規則第1号

(平成30年6月6日施行)