○川辺町林道管理条例

平成14年6月24日

条例第18号

川辺町林道維持管理条例(昭和32年川辺町条例第34号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この条例は、川辺町が管理する民有林林道の構造及び機能の保全並びに通行・利用の安全確保の方法等について、必要な事項を定め、林業生産性の向上、森林の適正な管理及び林道の利用者の安全・利便に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、「林道」とは川辺町が整備した民有林林道台帳に登載されている路線をいう。

(林道管理者)

第3条 林道管理者は、町長(以下「管理者」という。)とする。

(監視員の設置)

第4条 管理者は林道管理のため、必要に応じて監視員を置くことができる。

(林道の利用)

第5条 林道の利用者は、この条例によって定められた事項を守り、安全に留意して通行しなければならない。

(通行の安全)

第6条 管理者は、通行の安全を確保するため、必要に応じ、次の工事を行わなければならない。

(1) 林道の路面、法面、排水施設等の維持補修工事

(2) 降雨、地震等自然災害を原因とする災害復旧工事及び応急仮工事等

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理者が必要と認める工事

2 管理者は、林道沿いにある土地、竹林若しくは施設等が林道に損害を及ぼし、又は通行・利用に危険を及ぼすおそれがあると認めたときは、これらの所有者又は占有者に対し、損害又は危険を防止するための措置を指示しなければならない。

(管理経費)

第7条 林道の維持管埋に必要な経費は、町費のほか関係者に対する負担金又は賦課金若しくは寄付金をもって充てるものとする。

2 町長は、林道の維持管理に要する経費を予算の範囲内において支出するものとする。

(林道標柱等の設置等)

第8条 管理者は、林道標柱を該当林道の起点に設置するものとする。

2 管理者は、次の各号の一に該当する場合、林道の通行・利用を禁止し、又は制限する措置をするものとする。この場合において管理者は、林道の起点及び必要な箇所に通行・利用の禁止又は制限の期間、区間、理由等を明確に表示した標識を設置し、必要に応じ柵等を設置しなければならない。

(1) 伐採、運材等林業期間中で、落石のおそれ又は車両の通行があるため、林業作業者以外のものが林道を通行・利用することが適当でないと認められる場合

(2) 林道に関する工事等のため、林道の通行・利用が適当でないと認められる場合

(3) 林道の破損、欠損又は落石等の理由により林道の通行・利用が不可能又は危険であると認められる場合

(4) 林道を破損等するおそれがあると認められる車両の通行を制限する必要があると認められる場合

(5) 大雨、強風、地震等により林道の破損、欠損又は落石等のおそれがあるため、林道の通行・利用に危険があると認められる場合

(6) その他管理者が特に必要と認めた場合

(禁止行為及び林道の補修)

第9条 利用者は、林道において、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 林道又は林道の構造物、標識類を損傷し、又は汚損すること。

(2) 林道及びその周辺に竹林、土右、廃棄物等を放置し、林道の通行・利用に支障を及ぼすこと。

2 管理者は前項各号に掲げる行為を行った者に対して、原状回復させるなどの補修を求めることができる。

(許可を要する行為)

第10条 林道において次の行為をしようとする者は、管理者の占用許可を受けなければならない。

(1) 林産物等の集積場又は積載施設を設けること。

(2) 工事用施設又は工事用材料置場を設けること。

(3) 電柱、用排水路又は通路等を設けること。

(4) 前3号に類する施設を設けること。

2 林道に近接している所において林道の構造及び機能を阻害する施設等を設置しようとする者は、管理者の占用詐可を受けなければならない。

(許可の手続き等)

第11条 前条の許可を受けようとする者は、別に定める様式により、その行為の場所、種類、理由、期間、方法等を記載し、位置及びその構造を示す図面を添付して管理者に申請しなければならない。

2 管理者は、前項申請を詐可する場合には、必要に応じて条件を付すことができる。

3 前項の規定により許可を受けた者は、善良な注意をもって前条に規定する行為を行うこととし、該当行為の完了後速やかに管理者にその旨を届け出なければならない。

(原状回復の義務)

第12条 管理者は、前条の許可を受けた者が、この条例に違反して林道を損傷し、又は施設等を設置した場合は、原状回復させることができる。ただし、当該施設等について管理者が林道管理上有益かつ支障がないと認め、当該施設等を林道に帰属する場合は、この限りでない。

(通報及び報告)

第13条 林道の利用者は、災害等の発生により林道の通行・利用が不可能又は危険であることを発見したときは、直ちに管理者に通報しなければならない。

2 管理者は、災害等が発生したことを了知した場合は、直ちに関係機関に別に定める方法により報告する等適切な措置を講ずるものとする。

(雑則)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

川辺町林道管理条例

平成14年6月24日 条例第18号

(平成14年6月24日施行)