○川辺町消防団規則

平成22年3月31日

規則第6号

川辺町消防団規則(昭和42年川辺町規則第24号)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 川辺町消防団(以下「消防団」という。)の組織及び運営については、法令その他特別の定めがあるもののほか、この規則の定めるところによる。

(組織等)

第2条 消防団に本部、分団及びラッパ隊を置く。

2 分団に部を置き、分団及び部の名称及び区域は、別表第1のとおりとする。

3 本部に団長、副団長及び指導員を置く。

4 分団に分団長、副分団長、部長、班長、団員及び機能別団員を置く。

5 ラッパ隊にラッパ隊長、ラッパ副隊長、班長及び団員を置く。

2 前項の規定にかかわらず、指導員は分団長、ラッパ隊長は副分団長、ラッパ副隊長は部長の階級とする。

3 前2項に規定する階級の定員は、別表第2のとおりとする。

(職務)

第4条 団長は、消防団の事務を統轄し、消防団員を指揮し、法令並びに条例及び規則に定める職務を遂行する。

2 副団長は、団長を補佐し、団長に事故あるとき又は団長が欠けたときは、その職務を代理する。

3 指導員は、上司の命を受け、消防団員を指導する。

4 分団長及び副分団長は、上司の命を受け、分団の事務を掌理し、所属する消防団員を指揮し、及び監督する。

5 部長及び班長は、それぞれ上司の命を受け、所属する消防団員を指揮し、及び監督する。

(団長の職務代行)

第5条 団長の職務を代理する団員の順序は、次のとおりとする。

(1) 第1順位 副団長(複数あるときは、あらかじめ団長の定める順序によるものとする。)

(2) 第2順位 指導員(複数あるときは、あらかじめ団長の定める順序によるものとする。)

(3) 第3順位 分団長(編成順序によるものとする。)

(任期)

第6条 団長、副団長、指導員及び分団長の任期は、別表第3のとおりとする。

2 前項の任期は、任命の日から起算する。ただし、副団長及び指導員の任期満了の期日が特定の年に偏る等消防団の編成に支障がある場合は、次の期間内において、町長の許可を得て団長が任期を定めることができる。

(1) 副団長 1年以上3年以内

(2) 指導員 1年以上2年以内

3 第1項に規定する職に欠員が生じたときの後任者の任期は、前任者の残任期間とし、前項ただし書の規定を準用する。この場合において、同項中「副団長」とあるのは、「団長及び副団長」と読み替えるものとする。

4 第1項に規定する職にある者から任期満了又はその他の事情により退職の申し出があった場合は、必要に応じて団長、副団長、指導員又は分団長で協議し、退職の承認又は再任等を決定するものとする。

(休団制度)

第6条の2 消防団員は、長期出張、育児等で長期間活動に参加することができない場合は、3年を超えない範囲内で休団(消防団員の身分を保有しつつ、その職務を休職することをいう。以下同じ。)をすることができる。

2 消防団員は、前項の規定により休団をしようとする場合は、休団届(様式第1号)により、団長にあっては町長に、団長以外の消防団員にあっては団長に届け出て、その承認を受けなければならない。

3 休団中の消防団員は、復団(休団をした消防団員が職務に復帰することをいう。以下同じ。)をしようとする場合は、復団届(様式第2号)により、団長にあっては町長に、団長以外の消防団員にあっては団長に届け出て、その承認を受けなければならない。

4 休団期間中は、報酬については無支給とし、退職報償金については在職年数に算入しないものとする。

5 休団中の消防団員が復団をしたときの当該消防団員の階級は、休団を開始した日にその者が属していた階級とする。

(訓練及び礼式)

第7条 消防団の訓練及び礼式は、消防訓練礼式の基準(昭和40年消防庁告示第1号)、岐阜県消防操法実施要領(昭和40年40消第612号)及び岐阜県訓練礼式実施要領(昭和39年39消第236号)による。

(服制)

第8条 機能別団員を除く消防団の服制は、おおむね消防団員服制基準(昭和25年国家公安委員会告示第1号)の例による。

(災害に対する活動)

第9条 水火災その他の災害の現場(以下「災害現場」という。)に到着した消防団員は、設備、機械器具及び資材を最高度に活用して住民の生命、身体及び財産の保護に当たるとともに、損害を最小限度に止めるよう、災害の防ぎょ及び鎮圧に努めなければならない。

2 機能別団員の活動は、前項にかかわらず、別に町長が定める。

(活動時の遵守事項)

第10条 消防団が災害現場に出動した場合は、次に掲げる事項を遵守し、又は留意しなければならない。

(1) 消防団は、団長の指揮の下に行動すること。

(2) 消防作業は、真摯に行うこと。

(3) 各分団及び部は、相互に連絡し、及び協調し合うこと。

(研修)

第11条 団長は、消防団員の人材育成及び技能錬磨に努めるものとし、必要に応じて研修を実施しなければならない。

(設備資材)

第12条 消防団は、次の設備資材を備え付けるものとする。

(1) 消防団旗

(2) 機械器具置場

(3) 通信及び信号設備

(4) 消防ポンプ及び附属機械

(5) 防災器具及び消防用破壊器具

(6) その他消防上必要と認めるもの

(設備資材の保管)

第13条 団長は、消防団の設備資材を責任をもって保管しなければならない。

2 団長は、設備資材をき損し、又は亡失したときは、その理由を具して町長に届け出なければならない。

3 町長は、故意又は過失により設備資材をき損し、又は亡失した者に対して、これを弁償させることができる。

(表彰)

第14条 町長は、消防団又はその消防団員が、その任務遂行に当たって特に功労があると認める場合は、川辺町消防表彰規程(平成22年川辺町訓令甲第1号)によりこれを表彰することができる。

2 機能別団員の表彰については、前項にかかわらず、別に町長が定める。

(分限及び懲戒の手続)

第15条 条例第7条の分限及び懲戒に関する処分の手続は、次のとおりとする。

(1) 消防団員の意に反する分限及び懲戒の処分は、その旨を記載した書面を当該消防団員に交付して行わなければならない。

(2) 条例第5条第1項第1号に該当する場合は、出場状況その他に基づき勤務成績が良くないことを客観的に認定した結果によらなければならない。

(3) 条例第5条第1項第2号に該当する場合は、医師2人を指示して、あらかじめ診断を行わせた結果によらなければならない。

(4) 条例第5条第1項第4号に該当する場合において当該消防団員のうち、いずれを降任し、又は免職するかは、団長の裁量による。

(文書簿冊)

第16条 消防団は、次の文書簿冊を備え、常にこれを整理しておかなければならない。

(1) 団員名簿

(2) 沿革誌

(3) 日誌

(4) 設備資材台帳

(5) 区域内全図

(6) 水利要覧

(7) 手当等受払簿

(8) 給貸与品台帳

(9) その他必要な文書簿冊

(その他)

第17条 この規則に定めるもののほか、必要な事項については、団長が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日(以下「施行期日」という。)の前日において、団長、副団長、本部分団長又は分団長のいずれかの階級にあり、かつ、施行日において団長、副団長、本部分団長又は分団長のいずれかの階級にある団員の任期は、この規則による改正後の川辺町消防団規則第6条及び別表第3の規定にかかわらず、団長が別に定めるものとする。

(平成28年3月22日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(平成28年12月16日規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(平成30年3月22日規則第6号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(平成31年3月7日規則第2号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

(令和3年3月18日規則第4号)

この規則は、令和3年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

分団及び部の名称及び区域

分団名

部名

区域

第1分団

第1部

上川辺、石神地区

第2部

鹿塩地区

第2分団

第1部

中川辺地区

第2部

西栃井、下川辺地区

第3分団

第1部

下吉田地区

第2部

比久見、中野地区

第3部

下飯田、福島地区

第4分団

 

下麻生地区

別表第2(第3条関係)

階級及び定員

(単位:人)

団長

副団長

指導員

分団長

副分団長

部長

班長

団員及び機能別団員

1

3

1

4

9

9

34

113

174

別表第3(第6条関係)

団長、副団長、指導員及び分団長の任期

団長

副団長

指導員

分団長

3年

3年

2年

2年

画像

画像

川辺町消防団規則

平成22年3月31日 規則第6号

(令和3年4月1日施行)