○川辺町大洞グラウンド・ゴルフ場の設置及び管理に関する条例

平成30年3月16日

条例第2号

(設置)

第1条 スポーツの振興を図り、町民の健康の増進に寄与するため、川辺町大洞グラウンド・ゴルフ場(以下「グラウンド・ゴルフ場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 グラウンド・ゴルフ場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

川辺町大洞グラウンド・ゴルフ場

川辺町中川辺794番地

(管理運営)

第3条 グラウンド・ゴルフ場の管理及び運営は、川辺町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行う。

(休場日)

第4条 グラウンド・ゴルフ場の休場日は、次のとおりとする。

(1) 年末 12月29日から12月31日まで

(2) 年始 1月1日から1月3日まで

2 教育委員会は、特別な理由がある場合は、前項の休場日を変更し、又は休場日以外に臨時で休場することができる。

(使用の許可)

第5条 グラウンド・ゴルフ場を使用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更するときも同様とする。

(使用許可の制限等)

第6条 次の各号のいずれかに該当するときは、その使用を許可しないものとする。

(1) 秩序を乱し、公益を害するおそれがあるとき。

(2) グラウンド・ゴルフ場の管理上支障があるとき。

(3) 指定された場所以外へ車両等を乗り入れ、又は駐車をするとき。

(4) 前各号のほか、教育委員会が適当でないと認めたとき。

2 使用の許可を与えた場合であっても、前項各号のいずれかに該当する事由が生じたと認められるとき又は次の各号のいずれかに該当するときは、その使用許可を取り消し、又はその使用を中止させることができる。この場合において、グラウンド・ゴルフ場の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)が損害を被ることがあっても、教育委員会はその責めを負わない。

(1) 使用許可の申請に偽りがあったとき。

(2) 許可の条件に違反したとき。

(3) この条例に違反し、又は関係職員の指示に従わないとき。

(使用の条件付記)

第7条 グラウンド・ゴルフ場の管理上必要があると認めた場合は、使用の許可に条件を付することができる。

(施設の変更禁止)

第8条 使用者は、教育委員会の許可を受けなければ、グラウンド・ゴルフ場内外に特別の設備をし、又は既存の施設に変更を加えることはできない。

(使用の変更、転貸、譲渡の禁止)

第9条 使用者は、使用の目的を変更し、又は使用の権利を他に転貸し、若しくは譲渡することはできない。

(立入指示)

第10条 職員は、随時使用中の場所に立ち入り、使用者に対し必要な指示をすることができる。

(原状の回復)

第11条 使用者は、グラウンド・ゴルフ場の使用が終わったとき、又は使用を中止されたときは、直ちにグラウンド・ゴルフ場の内外を清掃し、原状に回復しなければならない。

(損害賠償及び事故の責任)

第12条 使用者が故意又は過失によって施設、設備又は備品等を損傷し、又は亡失したときは、職員の指示に従い、直ちに原状に回復し、又は損害を賠償しなければならない。

(使用料)

第13条 使用者は別表に定める額の使用料をあらかじめ納付しなければならない。ただし、教育委員会が公益上必要があると認めるときは、使用料の額を減額し、又は免除することができる。

2 既納の使用料は返還しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。

(1) 使用者の責に帰さない理由により使用することができないとき。

(2) 使用日の前日までに使用の許可申請を撤回又は変更したとき。

(3) 前各号のほか、教育委員会が相当の理由があると認めたとき。

(特別使用)

第14条 本町の町民以外の者の使用については、管理上支障がなく、かつ、その必要があると認めた場合は、これを許可することができる。

2 前項の規定による使用については、第5条第7条第8条第9条及び第11条から前条までの規定を準用する。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、平成30年6月1日から適用する。

別表(第13条関係)

区分

使用料

半面(8ホール)

全面(16ホール)

3時間以内

3時間を超える1時間につき

3時間以内

3時間を超える1時間につき

川辺町大洞グラウンド・ゴルフ場

300円

100円

600円

200円

川辺町大洞グラウンド・ゴルフ場の設置及び管理に関する条例

平成30年3月16日 条例第2号

(平成30年3月16日施行)