○北広島市名誉市民に関する条例

昭和43年6月25日

条例第21号

(目的)

第1条 この条例は、本市の市民又は市民であった者で市の行政、文化、経済の興隆又は広く社会福祉の向上に寄与して、その功績が著しいと認められる者の功績と栄誉を称え、もって市民の社会文化の興隆に対する意欲の昂揚を図ろうとするものである。

(名誉市民)

第2条 市民又は市民であった者で市の行政、文化、経済の興隆又は広く社会福祉の興隆に寄与し、市民が挙げて郷土の誇りとなし、かつ、深く尊敬に値すると認められる者に対し、この条例の定めるところにより北広島市名誉市民(以下「名誉市民」という。)の称号を贈る。

(名誉市民の決定)

第3条 名誉市民は、市長の推せんに基づいて市議会が決定する。

(特典又は待遇)

第4条 名誉市民に対して、次に掲げる特典又は待遇を与えることができる。

(1) 終身年金 年額50万円

(2) 前号に定めるもののほか、必要と認めるもの

2 前項の特典又は待遇については、市長が議会に諮って定める。

(名誉市民章)

第5条 名誉市民には、北広島市名誉市民章を贈る。

2 名誉市民の取消しを受けた者は、直ちに名誉市民章を市長に返納しなければならない。

(名誉市民の取消し)

第6条 名誉市民が自己の責任に帰属する行為によって著しく名誉を失ついし、市民の尊敬を失ったと認められるときは、市議会の議決により名誉市民であることを取り消すことができる。

2 前項によって名誉市民であることを取り消された者に対する特典又は待遇については、取り消しされたその日から停止する。

(市長への委任)

第7条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年条例第1号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

北広島市名誉市民に関する条例

昭和43年6月25日 条例第21号

(昭和49年3月11日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
昭和43年6月25日 条例第21号
昭和49年3月11日 条例第1号