○北広島市表彰条例

昭和52年3月30日

条例第8号

広島町表彰条例(昭和43年広島村条例第22号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この条例は、市政の振興に寄与し、又は衆人の模範と認められる行為があった者の功績及び事績をたたえ、これを表彰し、もって市の自治振興を促進することを目的とする。

(表彰の種類)

第2条 表彰は、功労表彰及び善行表彰の2種とする。

(功労表彰)

第3条 功労表彰は、次の各号の一に該当する個人又は団体のうちその功労が顕著なものに対して、市長が行う。

(1) 地方自治の進展に貢献した者

(2) 社会福祉又は民生安定に尽力した者

(3) 保健衛生の向上に貢献した者

(4) 産業の開発振興に貢献した者

(5) 運輸、通信、交通等の発展に貢献した者

(6) 納税の推進に貢献した者

(7) 教育文化又は科学技術の振興に貢献した者

(8) 前各号に掲げる者のほか、市政の振興に貢献し、表彰に値すると認められる者

2 表彰は、表彰状及び功労章を授与して行う。

(善行表彰)

第4条 善行表彰は、次の各号の一に該当する個人又は団体のうち他の模範となるような善行又は努力をした者に対して、市長が行う。

(1) 市の公益事業に尽力し、又は公務を助力した者

(2) 災害の防止に尽力した者

(3) 自己の危難を顧みず人命を救助した者

(4) 市の公益のため、多額の金品を寄附した者

(5) 前各号に定める者のほか、表彰に値すると認められる者

2 表彰は、表彰状及び善行章を授与して行う。

(表彰の基準)

第5条 前2条に規定する表彰の基準は、別に規則で定める。

(特別表彰)

第6条 功労表彰を受けた者であっても、その後の功績等により市長が特に必要と認めたときは、特別に表彰することができる。

(審議会の設置)

第7条 第3条第4条及び前条に該当する被表彰者を選考するため、市長の諮問機関として北広島市表彰審議会(以下「審議会」という。)を置く。

2 審議会は、委員10人以内をもって組織する。

3 委員は、知識経験者の中から、必要のつど、市長が委嘱する。

4 委員は、当該諮問に係る審議が終了したときは、解職されるものとする。

(被表彰者が死亡した場合の措置)

第8条 この条例によって被表彰者となった者が、その表彰前に死亡したときは、表彰状等は、その遺族に与える。

(表彰の時期)

第9条 表彰は、毎年4月1日現在の調査により、9月1日に行う。ただし、市長が特別な事情があると認めたときは、この限りでない。

(表彰者名簿)

第10条 表彰を受けた者の氏名、名称等その他必要な事項は、表彰者名簿に登録し、永久に保存するものとする。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、表彰に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

2 改正前の広島町表彰条例の規定に基づき表彰を受けた者は、改正後の広島町表彰条例の規定による表彰を受けた者とみなす。

附 則(平成8年条例第14号)

この条例は、平成8年7月1日から施行する。

北広島市表彰条例

昭和52年3月30日 条例第8号

(平成8年6月28日施行)