○北広島市職員の提案に関する規程

平成7年12月22日

訓令第22号

(目的)

第1条 この訓令は、本市の事務事業の運営について、広く職員に対して改善又は企画の提案を奨励し、公務能率及び市民サービスの向上と職員の勤労意欲の高揚を図ることを目的とする。

(提案の資格及び期間)

第2条 職員は、個人又は共同(課等の組織を含む。)で提案するものとする。

2 提案の期間は、行政管理課長が別に定める期間内に行うものとする。ただし、行政管理課長が必要と認めるときは、この限りでない。

(提案の内容)

第3条 提案の内容は、職員の創意工夫に基づくものであって、次の各号に掲げる事項に該当するものとする。

(1) 住民サービスの向上に関すること。

(2) 事務事業の効率化に関すること。

(3) 経費節減に関すること。

(4) その他有益な改善に関すること。

(提案の方法)

第4条 職員が前条の提案をするときは、提案書(別記様式)により行政管理課長に提出するものとする。

(提案審査委員会)

第5条 前条の規定により提出された提案内容を審査するため、提案審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、次の事項を基準として審査する。

(1) 創意工夫

(2) 研究努力

(3) 経済性

(4) 実施効果

(5) 実現性

3 委員会は、審査した提案について、次の各号に該当するものを選定する。

(1) 優秀賞

(2) 奨励賞

4 委員会は、委員長及び委員をもって組織する。

5 委員長は、総務部長をもって充て、委員は、課長職にある職員のうちから市長が任命する。

6 委員長は、必要があると認めるときは、関係課長等に意見を求めることができる。

7 委員会は、必要に応じ委員長が招集する。

8 委員会の庶務は、総務部行政管理課において行う。

(報告及び通知)

第6条 委員長は、速やかに委員会での審査結果を市長に報告するものとする。

2 行政管理課長は、速やかに委員会での審査結果を提案者に通知するものとする。

(ほう賞等)

第7条 市長は、優秀賞となった提案をした職員に対しては、表彰状及びほう賞を、奨励賞となった提案をした職員に対しては、ほう賞を授与するものとする。

(提案の実施)

第8条 市長は、委員会において選定された提案のうち、実施が適当と認めるものについて、その具体化の検討を関係部長等に対して指示し、関係部長等は検討結果を市長に報告するものとする。

(提案の公表)

第9条 行政管理課長は、委員会において選定された提案を公表するものとする。

(権利の帰属)

第10条 提案に関する全ての権利は、市に帰属するものとする。

(委任)

第11条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、総務部長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成8年1月1日から施行する。

附 則(平成8年訓令第14号)

この訓令は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年訓令第16号)

1 この訓令は、平成9年10月1日から施行する。

2 この訓令の施行の際現にこの訓令による改正前の訓令の規定に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成12年訓令第9号)

この訓令は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成20年訓令第5号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成27年訓令第1号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

画像画像

北広島市職員の提案に関する規程

平成7年12月22日 訓令第22号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
平成7年12月22日 訓令第22号
平成8年3月26日 訓令第14号
平成9年9月12日 訓令第16号
平成12年3月31日 訓令第9号
平成20年3月31日 訓令第5号
平成27年3月27日 訓令第1号