○北広島市庁舎管理規則

昭和44年2月27日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、別に定めがあるもののほか、庁舎の管理に関し必要な事項を定め、もって庁舎における秩序の維持及び保全を図り公務の円滑な遂行を期することを目的とする。

(用語の定義)

第1条の2 この規則において「庁舎」とは、市の事務事業の用に供する建物及びその敷地で、市長の管理に属するものをいう。

(庁舎管理者)

第2条 第1条の目的を達成するため、別表に定める区分に従い庁舎管理者を置く。

2 庁舎管理者は、それぞれ所属する庁舎において、次に掲げる事項を総括処理しなければならない。

(1) 秩序の維持

(2) 火災、盗難その他の災害の防止

(3) 整理、整頓及び良好な環境の確保

3 庁舎管理者は、消防法(昭和23年法律第186号)第8条第1項の規定に基づく防火管理者を定めておかなければならない。

(平29規則29・一部改正)

(管理補助者)

第3条 庁舎管理者の職務を補助するため管理補助者を置く。

2 管理補助者は、総務課長(議会棟にあっては、議会事務局次長の職にある市長の補助機関である職員)をもって充てる。

3 管理補助者は、庁舎管理者を補佐し、庁舎管理者が不在のときは、その職務を代理する。

(平29規則19・一部改正)

(室内管理者)

第4条 庁舎内の各室に、必要に応じて室内管理者及びその代理者を置くことができる。

2 室内管理者及びその代理者は、庁舎管理者が指定する職員をもってこれに充てる。

3 室内管理者は、庁舎管理者の指揮を受けて、所管の各室における第2条第2項各号に掲げる事務、第10条から第17条までに定める事務その他庁舎管理者が指示する事務に従事するものとする。

(平29規則29・一部改正)

(職員等の協力)

第5条 職員並びに職員以外で庁舎において事務を行うことを許可された者及びその従事者は、庁舎における秩序の維持及び保全について積極的に協力しなければならない。

(暖房設備の使用期間)

第6条 暖房設備の使用期間は、毎年11月1日から翌年4月30日までとする。ただし、庁舎管理者が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

(出入口等の開閉時刻)

第7条 市庁舎の出入口等の開閉時刻(防火扉の開閉にあっては、休日(北広島市の休日を定める条例(平成3年広島町条例第1号)第1条第1項に規定する休日をいう。次条第2項において同じ。)を除く。)は、次の表のとおりとする。ただし、庁舎管理者が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

出入口等の名称

開扉時刻

閉扉時刻

1階玄関及び2階玄関

午前8時

午後9時

防火扉(2階から4階までの防火扉に限る。)

午前8時

午後6時

(平29規則29・一部改正)

(庁舎の出入り等)

第8条 庁舎管理者は、庁舎に出入りしようとする者に対し、必要と認めるときは、その者の氏名及び出入りの目的等を明らかにさせることができる。

2 休日において別表に掲げる市庁舎及び市庁舎別館に出入りしようとする者は、本人確認書類(地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第2項に規定する一般職に属する職員にあっては、北広島市職員服務規程(昭和47年広島町訓令第6号)第4条第1項に規定する身分証明書)を提示の上、別記第1号様式による入退庁記録簿に必要事項を記載し、庁舎管理者の指定する者の許可を受けなければならない。

(平29規則29・一部改正)

(鍵の保管)

第9条 庁舎の鍵は、庁舎管理者が指定した者が保管する。

(平29規則29・一部改正)

(事故の届出)

第10条 庁舎内において盗難、遺失物、拾得物等があったときは、その事実を知った者は、直ちに庁舎管理者に届け出なければならない。

(施設等の使用)

第11条 庁舎の施設又は設備を使用しようとする者は、あらかじめ庁舎管理者の許可を受けなければならない。

(許可を要する行為)

第12条 何人も、庁舎内においては、あらかじめ、庁舎管理者の許可を受けた場合を除くほか、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 物品を販売し、寄附金等を募集し、又はその他これらに類する行為をすること。

(2) 文書、図画その他印刷物を配布し、又は散布すること。

(3) 貼紙、立看板、懸垂幕、標旗、のぼり、アドバルーン等を掲示し、又は掲揚すること。

(4) 電熱器、ガスその他これらに類する火気を使用すること。

(5) 宣伝、勧誘、演劇、集会等をすること。

(6) 作業又は工事をすること。

(7) 危険物を持ち込むこと。

(8) 天幕、小屋掛けその他工作物を設けること。

2 庁舎管理者は、前項の許可をするに当たって必要と認めるときは、条件を付けることができる。

(平29規則29・一部改正)

(許可の申請)

第13条 第11条又は前条第1項の許可を受けようとするものは、別記第2号様式による申請書を庁舎管理者に提出しなければならない。

(平29規則29・一部改正)

(許可証)

第14条 庁舎管理者は、第11条又は第12条第1項の規定により許可を与えたときは、当該申請者に別記第3号様式による許可証を交付しなければならない。

2 前項の許可証の交付を受けた者は、当該許可に係る行為をする間、その許可証を携帯し、若しくは身に着け、又は掲示物に貼付していなければならない。

3 前項の規定により許可証を携帯するものは庁舎管理者(その職務を補助する職員を含む。)の請求があったときは、その許可証を呈示しなければならない。

(平29規則29・一部改正)

(禁止行為)

第15条 何人も、庁舎内において、次の各号のいずれかに該当する行為をしてはならない。

(1) みだりに庁舎内に入ること。

(2) 通行の妨害となる行為をすること。

(3) 示威又は喧噪にわたる行為をすること。

(4) 庁舎、器物等を汚損し、又は破損すること。

(5) 面会を強要し、又は庁舎等において居座ること。

(6) 所定の場所以外において火気を使用し、又は喫煙すること。

(7) 所定の場所以外において自転車又は車両(自動車及び原動機付自転車をいう。)を置くこと。

(8) その他庁舎内の保全を害し、又は秩序を乱すような行為をすること。

(平29規則29・一部改正)

(庁舎内の入場制限)

第16条 庁舎管理者は、請願、陳情、参観その他の共通の目的で多数の者が庁舎内に入り又は入ろうとする場合において庁舎内における混雑の防止又は秩序の保全上必要があると認めるときは、入場人員を制限し、又は入った者の全員若しくは一部の人員の退場を求めることができる。

(措置命令等)

第17条 庁舎管理者は、次の各号のいずれかに該当する者に対し庁舎内への立入りを拒み、又は庁舎内からの立ち退きを求め、若しくは必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

(1) 第8条第1項の規定による氏名及び出入りの目的を明らかにしない者

(2) 第11条の規定による許可を受けないで施設又は設備を使用した者

(3) 第12条第1項各号の行為をするにつき同項の規定による許可を受けなかった者

(4) 第12条第2項の規定により付された許可の条件に違反した者

(5) 第15条の規定による禁止行為をし、又は禁止行為をするおそれのある者

2 前項の措置命令により、物件の撤去を命ぜられた者が当該物件を任意に撤去しないときは、庁舎管理者は、自ら当該物件を庁舎内から撤去することができる。

(平29規則29・一部改正)

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和44年1月1日から適用する。

附 則(昭和50年規則第24号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年規則第12号)

この規則は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(平成元年規則第13号)

1 この規則は、平成元年11月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に交付されているこの規則による改正前の様式による許可書等は、この規則による改正後の様式による許可書等とみなす。

3 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の規則に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成15年規則第15号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年規則第19号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。ただし、第8条及び次項の規定は、同年5月8日から施行する。

(経過措置)

2 第8条の規定による改正前の北広島市庁舎管理規則別表に規定する本庁舎及びその分庁舎の管理については、平成29年6月30日までの間、なお従前の例による。

附 則(平成29年規則第29号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

(平29規則19・一部改正)

区分

庁舎管理者

市庁舎(議会棟を除く。)及び市庁舎別館

総務部長

市庁舎のうち議会棟

議会事務局長の職にある市長の補助機関である職員

出先機関の庁舎

当該出先機関の長

消防本部庁舎

消防長

注 共同で使用する庁舎の庁舎管理者は、別に総務部長が定める。

画像

画像

画像

北広島市庁舎管理規則

昭和44年2月27日 規則第2号

(平成29年6月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和44年2月27日 規則第2号
昭和50年6月18日 規則第24号
昭和52年3月29日 規則第12号
平成元年10月14日 規則第13号
平成15年3月28日 規則第15号
平成24年3月30日 規則第11号
平成29年3月29日 規則第19号
平成29年6月1日 規則第29号