○北広島市庁用自動車管理規則

昭和56年3月31日

規則第15号

第1章 総則

(目的)

第1条 この規則は、別に定めるもののほか、庁用自動車(以下「庁用車」という。)の使用及び管理について必要な事項を定め、もって安全運転の推進に努め、併せて庁用車の効率的かつ経済的運用を図ることを目的とする。

(庁用車の範囲)

第2条 この規則において「庁用車」とは、自動車、原動機付自転車及び自転車で市の所有に属するもの(消防車及び救急用自動車を除く。)をいう。

第2章 車両及び運行の管理

(車両総括管理者)

第3条 第1条の目的を達成するため、車両総括管理者を置く。

2 車両総括管理者は、総務部長とする。

3 車両総括管理者は、車両を合理的に配置し、安全運転管理者、副安全運転管理者、運行管理者、整備管理者、車両管理者及び運転者に法令を遵守させ、車両の運行管理について必要な指示を行う。

4 車両総括管理者は、特に必要がある場合は車両管理者に対して使用状況について資料を提出させ車両の総括管理の万全を図るものとする。

(安全運転管理者及び副安全運転管理者)

第4条 安全運転管理者及び副安全運転管理者は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の3第1項及び第4項に規定する資格を有する者のうちから車両総括管理者が指名する。

2 安全運転管理者は、運行管理者を指揮監督する。

(運行管理者)

第5条 庁用車の安全運転管理について運転者及び職員に対して、必要な指揮監督を行わせるため運行管理者を置く。

2 運行管理者は、庁用車を使用しようとする課等の長とする。

3 運行管理者は、安全運転管理者の指揮監督を受けて次の各号に掲げる職務を行う。

(1) 運転者に対して、法定速度の違反を誘発するような時間を拘束した運転業務をさせないこと。

(2) 運転者の過労の防止その他安全な運転の確保に留意して、庁用車の運行計画を作成すること。

(3) 運転者が長距離の運転又は夜間の運転に従事する場合であって、疲労等により安全な運転を継続することができないおそれがあるときは、あらかじめ、交替するための運転者を配置すること。

(4) 運転しようとする運転者に対して、日常点検の実施及び飲酒、過労、病気その他の理由により正常な運転をすることができないおそれの有無を確認し、安全な運転を確保するために必要な指示を与えること。

(5) 運転者に対して、法令で定める自動車の運転に関する事項について適切な指導監督を行うこと。

(6) 庁用車及び運転者の運行状況を把握するため必要な事項を記録する日誌を備え付け、運転を終了した運転者に記録させること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、庁用車の安全運転について必要な措置を講ずること。

(整備管理者)

第6条 整備管理者は、道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「車両法」という。)第50条第1項に規定する整備管理者は、車両総括管理者が指名する。

2 整備管理者の権限は、次のとおりとする。

(1) 車両法第47条の2に規定する日常点検の実施方法を定めること。

(2) 前号の点検の結果に基づき、運行の可否を決定すること。

(3) 車両法第48条第1項に規定する定期点検を実施すること。

(4) 第1号及び前号の点検のほか、随時必要な点検を実施すること。

(5) 第1号第3号又は前号の点検の結果必要な整備を実施すること。

(6) 第3号の点検及び前号の整備の実施計画を定めること。

(7) 車両法第49条の定期点検整備記録簿その他の点検及び整備に関する記録簿を管理すること。

(8) 車庫を管理すること。

(9) 前各号に掲げる事項を処理するため、車両管理者及び運転者を指導監督すること。

(車両管理者)

第7条 庁用車の点検及び整備並びに車庫管理について運転者及び職員に対し、必要な指導監督を行わせるため車両管理者を置く。

2 車両管理者は、車両の配置されている課等の長とする。

3 車両管理者は、整備管理者の指導監督を受けて次の各号に掲げる職務を行う。

(1) 所管の庁用車の日常点検を実施すること。

(2) 所管の庁用車の鍵を保管すること。

(3) 所管の車庫を管理すること。

(庁用車の使用)

第8条 庁用車は、次に掲げる内容についての運行管理者の承認を得なければ、運行してはならない。

(1) 用務先及び用務内容

(2) 日時及び所要時間

(3) 運転者の氏名及び同乗者の氏名

(4) その他必要な事項

2 前項に掲げるほか、安全運転管理者及び整備管理者が運行上必要な制限を付した場合は、これを遵守しなければならない。

第3章 運転者等

(運転者等の服務)

第9条 運転者は、関係法令を遵守し、交通事故防止に努めなければならない。

第9条の2 庁用車(原動機付自転車及び自転車を除く。以下この条において同じ。)に乗車するすべての者は、当該庁用車に備えられているシートベルトを着用しなければならない。

第10条 運転者は、運転直前の日常点検中又は運行中に故障を発見した場合は、直ちに車両管理者を通じて整備管理者に報告しなければならない。

第11条 運転者は、運行終了後使用庁用車の清掃及び点検を行い所定の車庫に格納し、鍵を車両管理者又はその指定する職員に返納しなければならない。

2 運転者は、運行終了後運行状況を運転日報に記載し、車両管理者に提出しなければならない。

(事故報告)

第12条 運転者は、運行中に事故を起こした場合は、法令に基づく適正な処置を講ずるとともに、直ちに運行管理者、安全運転管理者及び車両管理者に報告し、指示を受けなければならない。

2 前項の事故が発生したときは、運行管理者は、1日以内に事故速報を、3日以内に事故報告書を車両総括管理者に提出しなければならない。

3 事故の報告書の様式については、車両総括管理者が別に定める。

(事故の処理)

第13条 事故を起こした運転者の運行管理者は、誠意をもって関係者に対応し、適切な処理をしなければならない。

(身上異動の報告)

第14条 運転者(自転車を運転する者を除く。)は、運転免許証の記載事項に変更が生じた場合及び運転免許の停止処分等を受けた場合は、速やかに運行管理者に報告しなければならない。

第4章 車両の管理

第15条 車両管理者は、職員を指揮して次の各号に掲げる事項を行うものとする。

(1) 車庫内の整理整とん及び清掃に関すること。

(2) 車庫内の火災防止及び盗難防止の措置に関すること。

(3) 車庫備付工具及び備品類の保管に関すること。

(4) 前3号に掲げるほか、車庫の管理について必要なこと。

第5章 庁用車の整備

(庁用車の整備)

第16条 庁用車の整備は、自主整備又は外注整備のいずれかとする。

第17条 車両管理者は、庁用車を整備する必要があると認めた場合は、整備管理者に報告しなければならない。

2 整備管理者は、前項の報告を受けたときは、庁用車を点検し、整備方法を決定するものとする。

第6章 諸台帳等

(庁用車管理台帳等)

第18条 安全運転管理者及び整備管理者は、庁用車管理台帳等を整備保管しなければならない。

第7章 雑則

(損害の弁償)

第19条 運転者の故意若しくは重大な過失により庁用車を損傷させたときは、損害の全部又は一部を当該職員に弁償させるものとする。

(法令違反の責任)

第20条 法令違反による処罰は、すべて当該職員がその責任を負うものとする。

(庁用車の使用制限)

第21条 車両総括管理者は、災害の発生その他特別な事態に対処するため必要があると認める場合は、庁用車の一般使用を制限することができる。

(その他)

第22条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

1 この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

2 広島町公用自動車管理規則(昭和50年広島町規則第16号)は、廃止する。

附 則(昭和59年規則第28号)

この規則は、昭和59年9月14日から施行する。

附 則(平成21年規則第15号)

この規則は、平成21年7月1日から施行する。

北広島市庁用自動車管理規則

昭和56年3月31日 規則第15号

(平成21年7月1日施行)