○北広島市政資料公開規則

昭和57年5月28日

規則第12号

(目的)

第1条 この規則は、住民に対する市政資料の公開を円滑に行うため、統一的公開窓口を設け、住民の利便を図ることを目的とする。

(公開文書)

第2条 公開に供する市政資料等(以下「公開文書」という。)は、市が作成し、又は入手した次の各号に掲げる資料のうち、公開目録(別記第1号様式)に登載したものとする。

(1) 予算及びその執行に関する資料

(2) 事務又は業務に係る計画、統計、報告等の資料

(3) 議事録、会議録その他会議の記録

(4) 法規類

(5) その他市が作成し、又は入手した印刷物

(公開窓口)

第3条 公開文書の公開に関する事務は、総務部行政管理課長が各部局等の協力を得て行うものとし、同課にそのための窓口(以下「公開窓口」という。)を設置する。

2 公開窓口は、公開目録及び公開文書の管理並びにその利用の受付及び接遇等の事務を取り扱うほか、部局等との連絡調整に当たるものとする。

(市政資料コーナー)

第4条 市長が指定する施設に市政資料コーナーを設置し、公開の用に供することができる。

(公開方法)

第5条 公開は、閲覧、謄写及び頒布により行うものとする。

2 閲覧は、無料とする。

3 謄写は、実費負担とする。

4 頒布は、印刷物に限り、無償のものを除き、実費負担とする。

(公開手続)

第6条 公開文書を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、公開窓口に備え置く閲覧受付簿(別記第2号様式)に所定の事項を記載し、閲覧の許可を受けなければならない。

2 閲覧場所は、公開窓口とする。

3 閲覧時間は、職員の勤務時間内とする。

4 利用者は、公開文書の謄写を請求する場合は、公開窓口に申し出るとともに、所定の実費相当額を前納しなければならない。

5 利用者は、公開文書の頒布を請求する場合は、公開窓口に申し出るとともに、当該申出に係る公開文書が実費負担であるときは、所定の実費相当額を前納しなければならない。

(公開の責務)

第7条 所管部局等は、公開文書を新たに作成し、又は入手したときは、速やかに公開目録に登載し、公開に努めなければならない。

(公開窓口以外での公開)

第8条 所管部局等は、公開目録に登載されない市政資料の中で、公開しても支障のないものについては、所管ごとの公開目録を作成し、公開窓口での公開に準じた方法により公開に努めなければならない。

2 前項の所管ごとの公開目録を作成した場合は、速やかに、その写しを公開窓口に提出しなければならない。

(委任)

第9条 この規則の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、昭和57年6月1日から施行する。

附 則(昭和59年規則第8号)

この規則は、昭和59年4月9日から施行する。

附 則(平成3年規則第14号)

この規則は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成9年規則第15号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年規則第16号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成12年規則第21号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年規則第18号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成27年規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

北広島市政資料公開規則

昭和57年5月28日 規則第12号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第4節 広報・広聴
沿革情報
昭和57年5月28日 規則第12号
昭和59年3月31日 規則第8号
平成3年3月29日 規則第14号
平成9年3月28日 規則第15号
平成10年3月31日 規則第16号
平成12年3月24日 規則第21号
平成14年3月29日 規則第18号
平成27年3月27日 規則第9号