○北広島市最高裁判所裁判官国民審査事務規程

昭和26年6月10日

選管規程第2号

第1章 総則

(目的)

第1条 この規程は、最高裁判所裁判官国民審査法(昭和22年法律第136号)及びこれに基づく命令等により北広島市選挙管理委員会が所管すべき審査に関する事務について必要な事項を定め、その事務が迅速かつ適正に処理されることを目的とする。

第2章 投票

(投票所の標札及び投票所内の腕章の着用)

第2条 投票所を設けた場所の入口には、別記第1号様式による標札を掲げ、かつ、投票所の入口にはその旨を表示しなければならない。

2 投票所内において、事務従事者は一定の腕章等をつけなければならない。

(投票函の表示)

第3条 投票函には、別記第2号様式に準じて表示しなければならない。

(仮投票用封筒等に押すべき印)

第4条 仮投票用封筒、不在者投票用封筒及び郵便による不在者投票における投票用封筒に押すべき印は、別記第3号様式による。

(選挙事務取扱規程の準用)

第5条 前3条に規定するもののほか、投票に関しては北広島市選挙事務取扱規程(昭和62年広島町選挙管理委員会規程第1号)第23条第25条第26条及び第31条から第51条までの規定を準用する。この場合において、第35条中「選挙」とあるのは、「選挙又は審査」に読み替えるものとする。

第3章 開票

(開票所の標札及び開票所内の腕章の着用)

第6条 開票所には、別記第4号様式による標札を掲げなければならない。

2 開票所において、事務従事者は一定の腕章等をつけなければならない。

(開票の要領)

第7条 裁判官の罷免を可とする投票数及び罷免を可としない投票数の計算は、次の各号に掲げる手続を順次に行ったのち、別記第5号様式に準ずる計算簿に記入してこれをしなければならない。

(1) 投票を有効投票及び無効投票に大別し、無効投票はその事由ごとに分類する。

(2) 有効投票は、有効記載のみの投票(記載のない投票を含む。)及び一部記載無効の投票に区別し、それぞれを×の記載(記載無効を含む。)の該当する裁判官の数ごとに分類する。

(3) 前2号によって分類した投票をさらに裁判官に対する記載の種類ごとに細分する。

(4) 前3号によって分類及び細分した投票をおおむね1,000票ごとに別記第6号様式に準ずる点検表を付して整理する。

2 開票管理者は、前項に規定するもののほか、必要な処理要領をあらかじめ定めなければならない。

(選挙事務取扱規程の準用)

第8条 前2条に規定するもののほか、開票に関しては北広島市選挙事務取扱規程第61条から第63条まで及び第65条から第67条までの規定を準用する。

第4章 補則

(裁判官の氏名等の掲示)

第9条 審査に付される裁判官の氏名等の掲示については、北海道選挙執行規程(昭和54年北海道選挙管理委員会告示第10号)第185条及び第186条による。

(無投票の場合の選挙事務取扱規程の準用)

第10条 最高裁判所裁判官国民審査法第25条第1項の場合においては、前各条に規定するもののほか、北広島市選挙事務取扱規程第19条から第21条まで、第24条第52条から第58条までの規定を準用する。

(開票管理者の告示の方法)

第11条 開票管理者及び投票管理者のする告示の方法は、北広島市公告式条例(昭和25年広島村条例第13号)の例による。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和44年選管規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年選管規程第4号)

この規程は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年選管規程第3号)

この規程は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(平成元年選管規程第2号)

この規程は、平成元年11月1日から施行する。

附 則(平成8年選管規程第6号)

この規程は、平成8年9月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像画像

北広島市最高裁判所裁判官国民審査事務規程

昭和26年6月10日 選挙管理委員会規程第2号

(平成8年8月30日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第3章 選挙管理委員会
沿革情報
昭和26年6月10日 選挙管理委員会規程第2号
昭和44年6月10日 選挙管理委員会規程第2号
昭和56年3月30日 選挙管理委員会規程第4号
昭和59年3月31日 選挙管理委員会規程第3号
平成元年11月1日 選挙管理委員会規程第2号
平成8年8月30日 選挙管理委員会規程第6号