○北広島市当直規程

昭和47年5月4日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、別に定めるものを除くほか、北広島市職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年広島町条例第6号。以下「勤務時間等条例」という。)第8条第1項に規定する当直勤務に関し必要な事項を定めるものとする。

(当直)

第2条 この訓令において「当直」とは、臨時又は緊急の必要により、勤務時間等条例第3条第8条及び第9条に規定する週休日、正規の勤務時間以外の時間及び休日に本来の勤務に従事しないで行う庁舎等の保全、外部との連絡、降雪の観測等を目的とする勤務をいう。

(当直の種類及び勤務時間)

第3条 当直は宿直及び日直とし、その勤務時間は、次のとおりとする。ただし、勤務時間経過後においても事務の引継ぎを終わるまでは、引き続き勤務しなければならない。

(1) 宿直 午後5時15分から翌日の午前8時45分まで

(2) 日直 午前8時45分から午後5時15分まで

2 降雪の観測等を目的とする勤務に従事する者(以下「降雪観測者」という。)が勤務に従事する期間及び時間は、次の各号のとおりとする。

(1) 勤務期間 1月1日から3月20日まで及び12月10日から12月31日まで

(2) 勤務時間 午前0時から午前8時45分まで

(当直員の割当て等)

第4条 当直員を置く施設、当直に充てられる職員(部長、課長の職にある者及び市長が指定する職員を除く。)は次のとおりとする。

(1) 本庁舎 本庁に勤務する職員

(2) 降雪を観測する所(以下「観測所」という。) 土木事務所の職員

2 当直員は、本庁舎にあっては総務課長、観測所にあっては土木事務所長(以下「管理者」という。)が当直命令簿により割り当てるものとする。

(代直)

第5条 前条の規定により当直を命ぜられた職員が、疾病その他やむを得ない理由により当直をすることができない場合は、代理者を選びその旨を管理者に申し出て承認を受けなければならない。

(免除及び猶予)

第6条 職員は、心身の故障その他特別の理由により当直が困難な場合は、管理者の承認を得て、当該理由の存する期間当直をしないことができる。

2 管理者は、職員が次の各号の一に該当する場合には、当該各号に掲げる期間、当直をさせないことができる。

(1) 疾病のため7日以上にわたり欠勤した場合 出勤した日から5日間

(2) 特に承認を受けた場合 当該承認を受けた期間

(引継ぎ)

第7条 当直員は、管理者又は当直を終了した者から次の各号の区分により簿冊及び物品の引継ぎを受け、服務中当直室に備え付け、その服務を終えたときは、その取り扱った文書及び物品とともに管理者又は当直する者に引継ぎをしなければならない。

(1) 本庁舎

 当直日誌(別記第1号様式)

 災害報告関係書類

 その他備付けの書類

(2) 観測所

 当直日誌(別記第2号様式)

 除雪車両のかぎ

 その他備付けの書類

(当直員の事務処理)

第8条 当直員は、次の各号の区分により事務を処理しなければならない。

(1) 本庁舎 臨時又は緊急の必要により管理者が定める事項

(2) 観測所

 降雪の観測

 除雪に係る関係職員の招集及び除雪業務の受託者に対する出動の指示

 除雪に関する住民からの苦情の処理

 車両のかぎの保管

 その他管理者が定める事項

(当直日誌)

第9条 当直員は、次の各号に定める事項を当直日誌に記載しなければならない。

(1) 本庁舎

 電話処理事項

 その他当直勤務中において処理した事項

(2) 観測所

 降雪記録に関する事項

 気象状況に関する事項

 警察、消防等関係機関への連絡事項

 その他当直勤務中において処理した事項

(当直者の職務に専念する義務の免除)

第10条 宿直した職員は、職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和26年広島村条例第3号)第2条の規定に基づき、職務に専念する義務を免除されることができる。

(その他)

第11条 この訓令の施行に関し必要な事項は、本庁舎にあっては総務部長、観測所にあっては建設部長が定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行し、昭和47年4月1日から適用する。

附 則(昭和48年訓令第6号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(昭和50年訓令第8号)

(施行期日)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(昭和51年訓令第2号)

この訓令は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年訓令第7号)

この訓令は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年訓令第11号)

この訓令は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和54年訓令第14号)

この訓令は、公布の日から施行し、昭和54年4月1日から適用する。

附 則(昭和56年訓令第10号)

1 この訓令は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和58年訓令第9号)

この訓令は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年訓令第13号)

この訓令は、昭和61年12月15日から施行する。

附 則(平成5年訓令第4号)

この訓令は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成7年訓令第1号)

(施行期日)

第1条 この訓令は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令第10号)

この訓令は、平成19年10月1日から施行する。

画像

画像

北広島市当直規程

昭和47年5月4日 訓令第4号

(平成19年10月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
昭和47年5月4日 訓令第4号
昭和48年4月28日 訓令第6号
昭和50年6月16日 訓令第8号
昭和51年3月29日 訓令第2号
昭和52年3月29日 訓令第7号
昭和53年3月28日 訓令第11号
昭和54年12月26日 訓令第14号
昭和56年3月31日 訓令第10号
昭和58年3月31日 訓令第9号
昭和61年12月9日 訓令第13号
平成5年3月30日 訓令第4号
平成7年3月20日 訓令第1号
平成19年8月17日 訓令第10号