○北広島市職員表彰規程

昭和52年3月29日

訓令第6号

(趣旨)

第1条 市職員(以下「職員」という。)で、顕著な功績又は模範として推奨するに値する業績若しくは善行のあった者に対して、この訓令の定めるところにより表彰する。

(表彰の事由)

第2条 表彰は、次の各号の一に該当する者に対して行う。

(1) 職員として、30年以上在職し、その功績顕著な者

(2) 職務に関し有益な研究を遂げ発明、考案又は改良をした者

(3) 職務に関し特に他の模範とするに足るべき行為のあった者

(4) 職務の内外を問わず、善行のあった者

(5) その他市長が認めた者

(表彰を行う者)

第3条 表彰は、市長が職員賞罰及び賠償審査委員会(以下「委員会」という。)の審査を経て行う。

(表彰の方法)

第4条 表彰は、表彰状及び金品を授与して行う。

2 職員の表彰に際し授与する金品の額等については、市長が委員会に諮って定める。

(表彰の時期)

第5条 表彰は、随時行う。

(追彰)

第6条 表彰を受ける者が表彰前に死亡したときは、生前の日付にさかのぼって表彰し、第4条の表彰状及び金品は、その遺族に授与する。

(表彰上申の手続)

第7条 所属長は、第2条各号の一に該当する者があるときは、別記第1号様式の上申書に、別記第2号様式の調書を添えて、その都度市長に具申するものとする。

(委任)

第8条 この訓令に定めるもののほか、職員の表彰に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この訓令は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(平成元年訓令第19号)

1 この訓令は、平成元年11月1日から施行する。

2 この訓令の施行の際現に交付されているこの訓令による改正前の様式による証明証等は、この訓令による改正後の様式による証明証等とみなす。

3 この訓令の施行の際現にこの訓令による改正前の訓令に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

画像

画像

北広島市職員表彰規程

昭和52年3月29日 訓令第6号

(平成元年10月14日施行)