○北広島市職員福利厚生会設置規則

昭和50年3月29日

規則第5号

(設置)

第1条 北広島市職員は、この規則の定めるところにより、その福利厚生事業を実施するため、福利厚生会を設置することができる。

(届出)

第2条 前条の規定により設置された福利厚生会の代表者は、次に掲げる事項を設置の日から10日以内に市長に届け出て、承認を得なければならない。

(1) 規約

(2) 当該年度の予算及び事業計画

(3) 資金運用及び管理の方法

(遵守事項)

第3条 福利厚生会は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 規約の改廃又は資金運用管理方法の変更があった場合は、速やかに市長に報告すること。

(2) 毎年度の予算及び事業計画は、決定の日から10日以内に市長に報告し、承認を得ること。予算及び事業計画を変更したときも、また同様とする。

(3) 毎年度の決算及び事業報告は、年度終了後速やかに市長に報告すること。

(4) その他この規則及び市長の指示に従うこと。

(交付金の交付)

第4条 市は、毎年度予算の定めるところにより、福利厚生会に対し、交付金を交付する。

(承認等の条件)

第5条 市長は、第2条の承認、第3条第2号の承認及び前条の規定による交付金の交付をするときは、必要な条件を付すことができる。

附 則

この規則は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(平成5年規則第23号)

この規則は、平成5年12月1日から施行する。

北広島市職員福利厚生会設置規則

昭和50年3月29日 規則第5号

(平成5年11月15日施行)

体系情報
第4編 事/第5章 職員厚生
沿革情報
昭和50年3月29日 規則第5号
平成5年11月15日 規則第23号