○北広島市職員住宅管理規則

昭和51年4月1日

規則第5号

(目的)

第1条 この規則は、市が職員に貸与する住宅の設置並びに維持及び管理に関する基本的事項を定め、その適正化を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号の定めるところによる。

(1) 職員住宅 職員を居住させるため、市が設置する家屋及びこれらに附帯する工作物その他の施設をいい、これらの用に供する土地を含むものとする。

(2) 管理者 市長の委任を受けて、職員住宅の維持及び管理に関する事務を行う職員をいう。

(職員住宅)

第3条 職員住宅は、次の2種に区分する。

(1) 公宅 市長及び副市長に貸与する住宅

(2) 一般職員住宅 公宅以外の住宅

(管理者の責務)

第4条 管理者は、前条に掲げる職員住宅の維持及び管理に関する事務を行うものとする。

(貸与の申請)

第5条 職員住宅の貸与を受けようとする職員は、職員住宅貸与申請書(別記第1号様式)を当該管理者に提出しなければならない。

(貸与の決定)

第6条 管理者は、職員住宅の貸与を決定しようとするときは、前条の申請に基づきその可否を決定し、貸与すべきものと決定したときは、職員住宅貸与決定通知書(別記第2号様式)により、当該申請者に通知するものとする。

(住宅の使用料)

第7条 被貸与者は、職員住宅の使用料を毎月末日までに納入しなければならない。

2 前項の使用料は、月額1万6,700円とする。

3 新たに住宅の貸与を受け、又はこれを明け渡した場合におけるその日の使用料は、日割により計算した額とする。

第8条 削除

(使用上の義務)

第9条 被貸与者は、善良な管理者の注意をもって、貸与を受けた職員住宅を使用しなければならない。

2 被貸与者は、貸与を受けた職員住宅の全部若しくはその一部を第三者に貸し付け、若しくは居住以外の用に供し、又は当該住宅につき管理者の承認を受けないで、改造、模様替その他の工事を行ってはならない。

3 被貸与者は、通常の使用に伴って生じた故障、小規模の破損等については、自らその費用を負担して修繕を行うものとする。

(模様替等の工事の承認)

第10条 職員住宅の管理者は、模様替等の工事の申請があったときは、当該工事が住宅の維持及び管理に支障を及ぼさないものであり、住宅を明け渡す際原状回復し、又は当該施設物を町に寄附することを条件に、これを承認することができる。

(義務違反に対する措置)

第11条 被貸与者が第9条に規定する義務を履行しないため、職員住宅の維持及び管理に支障を及ぼすおそれがあると認められるときは、期限を附して速やかにその履行を要求しなければならない。

(職員住宅の明渡し)

第12条 被貸与者は、次の各号のいずれかに該当することとなった場合は、当該各号に定める期間内に職員住宅を明け渡さなければならない。ただし、管理者の承認を得たときは、6月の範囲内において、引き続き職員住宅を使用することができる。

(1) 被貸与者の都合により明け渡すとき 管理者の承認した日から10日以内

(2) 職員でなくなったとき 発令の日から30日以内

(3) 死亡したとき 死亡した日から90日以内

(4) その他の事由で明渡しを命ぜられたとき 命ぜられた日から30日以内

(明渡猶予の申請)

第13条 前条の規定により職員住宅を明け渡さなければならない者が、同条ただし書の規定により引き続き職員住宅を使用する場合は、その理由その他参考事項を記載した明渡猶予申請書(別記第3号様式)を管理者に提出し、その承認を受けなければならない。

(明渡猶予の承認)

第14条 職員住宅の管理者は、前条の申請があった場合において、その理由が相当であると認めるときは、第12条ただし書に規定する期間の範囲内で明渡す日を指定して、これを承認することができる。

(住宅貸与の特例)

第15条 市長は、職員住宅を市立小学校及び中学校に勤務する教職員に貸与することができる。

(委任)

第16条 この規則で定めるもののほか、職員住宅について必要な事項は、管理者が定める。

附 則

この規則は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年規則第14号)

この規則は、昭和53年4月1日から施行する。ただし、昭和53年4月1日から昭和53年4月末日までの間の使用料については、別表中「8,700円」を「7,060円」と、「10,900円」を「8,320円」と、「3,000円」を「3,070円」とする。

附 則(昭和54年規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和54年10月1日から適用する。

附 則(昭和56年規則第4号)

この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年規則第16号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年規則第4号)

この規則は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年規則第1号)

この規則は、昭和63年1月31日から施行する。

附 則(昭和63年規則第11号)

この規則は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成元年規則第13号)

1 この規則は、平成元年11月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に交付されているこの規則による改正前の様式による許可書等は、この規則による改正後の様式による許可書等とみなす。

3 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の規則に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成2年規則第15号)

この規則は、平成2年5月1日から施行する。

附 則(平成5年規則第7号)

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成9年規則第14号)

1 この規則は、平成9年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の規則の規定に基づいて作成された用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成9年規則第18号)

この規則は、平成9年5月27日から施行する。

附 則(平成17年規則第22号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年規則第3号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

北広島市職員住宅管理規則

昭和51年4月1日 規則第5号

(平成26年2月5日施行)

体系情報
第4編 事/第5章 職員厚生
沿革情報
昭和51年4月1日 規則第5号
昭和53年4月1日 規則第14号
昭和54年11月16日 規則第6号
昭和56年3月20日 規則第4号
昭和59年3月31日 規則第16号
昭和62年3月30日 規則第4号
昭和63年1月28日 規則第1号
昭和63年3月25日 規則第11号
平成元年10月14日 規則第13号
平成2年4月20日 規則第15号
平成5年3月30日 規則第7号
平成9年3月28日 規則第14号
平成9年5月27日 規則第18号
平成17年10月12日 規則第22号
平成19年3月28日 規則第3号
平成26年2月5日 規則第2号