○北広島市保育所条例

昭和62年3月19日

条例第3号

注 令和元年9月から改正経過を注記した。

広島町保育所設置条例(昭和53年広島町条例第17号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第35条第3項の規定に基づき、保育所を設置する。

(名称、位置及び定員)

第2条 保育所の名称、位置及び定員は、次のとおりとする。

名称

位置

定員

北広島市すみれ保育園

北広島市広葉町2丁目4番地1

120人

北広島市すずらん保育園

北広島市高台町7丁目4番地

90人

北広島市稲穂保育園

北広島市稲穂町東1丁目6番地1

90人

(開園時間等)

第3条 保育所の開園時間及び休園日は、規則で定める。

(利用者負担額の徴収)

第4条 市長は、保育所に入所する児童(児童福祉法第24条第5項又は第6項の規定による措置に係る児童を除く。)の保護者から利用者負担額(当該保育所に入所する児童について子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第20条第1項の認定を行った市町村が定める同法第27条第3項第2号の額をいう。以下同じ。)を徴収する。

2 子ども・子育て支援法第27条第3項第2号の規定により市が定める保育所の利用者負担額は、同号の政令で定める額を限度として、規則で定める。

3 利用者負担額は、市長の指定する期日までにその月分を納付しなければならない。

(保育所における食事の提供に要する費用の徴収)

第5条 市長は、保育所に入所する児童のうち、子ども・子育て支援法施行令(平成26年政令第213号)第4条第1項第2号に規定する満3歳以上保育認定子ども(北広島市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例(平成26年北広島市条例第33号)第13条第4項第3号アからまでのいずれかに該当する者を除く。)に対する食事の提供に要する費用(副食に係るものに限る。以下この条において同じ。)を食事の提供を受けた児童の保護者から徴収する。

2 食事の提供に要する費用の額は、規則で定める。

3 食事の提供に要する費用は、市長の指定する期日までにその月分を納付しなければならない。

(令元条例19・追加)

(延長保育に係る使用料の徴収)

第6条 市長は、保育所において別に定める時間に行う延長保育(法第59条第2号に規定する時間外保育をいう。以下この条において同じ。)に係る使用料を延長保育を受けた児童の保護者から徴収する。

2 延長保育に係る使用料の額は、児童1人につき日額300円とする。ただし、月の延長保育に係る使用料の合計額が4,000円を超えるときは、4,000円とする。

3 延長保育に係る使用料は、市長の指定する期日までにその月分を納付しなければならない。

(令元条例19・追加)

(一時預かり事業に係る使用料及び食事の提供に要する費用の徴収)

第7条 市長は、児童福祉法第6条の3第7項に規定する一時預かり事業(以下この条において「一時預かり」という。)に係る使用料を一時預かりを受けた児童の保護者から徴収する。

2 前項の使用料の額は、別表に定めるとおりとする。

3 市長は、一時預かりにおける食事の提供に要する費用を食事の提供を受けた児童の保護者から徴収する。

4 一時預かりに係る食事の提供に要する費用の額は、規則で定める。

5 一時預かりに係る使用料及び食事の提供に要する費用は、市長の指定する期日までにその月分を納付しなければならない。

(令元条例19・追加)

(利用者負担額等の減免)

第8条 市長が特に必要があると認めるときは、利用者負担額及び使用料を減免することができる。

(令元条例19・旧第5条繰下・一部改正)

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(令元条例19・旧第6条繰下)

附 則

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成2年条例第22号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年条例第28号)

この条例は、平成4年9月26日から施行する。

附 則(平成7年条例第1号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成11年条例第16号)

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成19年条例第31号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成27年条例第10号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(令和元年条例第19号)

この条例は、令和元年10月1日から施行する。

別表(第7条関係)

(令元条例19・追加)

1 児童1人当たりの使用料(平日保育)

区分

3歳未満児

3歳以上児

(1) 4時間を単位として使用するとき。

1,000円

600円

(2) 8時間を単位として使用するとき。

2,000円

1,200円

(3) 時間を延長して使用するとき。

4時間又は8時間を単位として使用した場合における金額に、延長して使用する時間1時間(1時間未満の端数が生じたときは、1時間とみなす。以下同じ。)につき150円を加算して得た額

4時間又は8時間を単位として使用した場合における金額に延長して使用する時間1時間につき100円を加算して得た額

2 児童1人当たりの使用料(休日保育)

区分

3歳未満児

3歳以上児

(1) 4時間30分を単位として使用するとき。

1,150円

700円

(2) 8時間を単位として使用するとき。

2,000円

1,200円

(3) 時間を延長して使用するとき。

4時間30分又は8時間を単位として使用した場合における金額に、延長して使用する時間1時間につき150円を加算して得た額

4時間30分又は8時間を単位として使用した場合における金額に、延長して使用する時間1時間につき100円を加算して得た額

備考

1 この表において「平日保育」とは、月曜日から土曜日までのうち休日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。以下この項において同じ。)を除く日に行う保育をいい、「休日保育」とは、日曜日及び休日に行う保育をいう。

2 4時間30分を単位として使用する場合であって、時間を延長して使用するときにおいて、当該延長して使用する時間が2時間を超え、かつ、使用した時間の合計が8時間までである場合にあっては、8時間を単位として使用したものとみなし、その区分の使用料を適用する。

北広島市保育所条例

昭和62年3月19日 条例第3号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
昭和62年3月19日 条例第3号
平成2年9月29日 条例第22号
平成4年9月24日 条例第28号
平成7年3月20日 条例第1号
平成11年3月24日 条例第16号
平成19年12月20日 条例第31号
平成27年3月23日 条例第10号
令和元年9月9日 条例第19号