○北広島市国民健康保険運営協議会規則

平成元年11月11日

規則第16号

注 平成30年3月から改正経過を注記した。

広島町国民健康保険運営協議会規則(昭和33年広島村規則第4号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、北広島市国民健康保険条例(昭和34年広島村条例第16号)第4条の規定に基づき、北広島市国民健康保険運営協議会(以下「協議会」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(平30規則5・一部改正)

(所掌事項)

第2条 協議会は、次に掲げる事項について審議するものとする。

(1) 保険税に関する事項

(2) 保険給付に関する事項

(3) 保健事業に関する事項

(4) 前3号に掲げるもののほか、国民健康保険事業の運営上重要な事項

(会長)

第3条 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。

(会議)

第4条 協議会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集する。

2 会長は、会議を招集するときは、市長に通知しなければならない。

3 会長は、会議の議長となる。

4 会議は、北広島市国民健康保険条例第3条第1項各号に掲げる委員の各1人以上が出席しなければ、開くことができない。

5 会議の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(平30規則5・令2規則28・一部改正)

(会議の特例)

第5条 会長は、緊急の必要があり会議を招集するいとまがないときその他やむを得ない理由があるときは、議事の概要を記載した書面を回付して委員の賛否を問い、協議会の会議に代えることができる。

2 前条第3項から第5項までの規定は、前項の場合について準用する。この場合において、同条第4項及び第5項中「出席」とあるのは、「署名」と読み替えるものとする。

(令2規則28・追加)

(除斥)

第6条 会長及び委員は、自己又は父母、祖父母、配偶者、子、孫若しくは兄弟姉妹の一身上に関する事項については、その議事に加わることができない。ただし、協議会の同意があったときは、その会議に出席し、発言することができる。

(令2規則28・旧第5条繰下)

(会議録)

第7条 議長は、会議録を作成しなければならない。

(令2規則28・旧第6条繰下)

(委任)

第8条 第3条から前条までに定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が定める。

(平30規則5・一部改正、令2規則28・旧第7条繰下)

附 則

この規則は、平成元年11月15日から施行する。

附 則(平成23年規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年規則第42号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年規則第5号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(令和2年規則第28号)

この規則は、公布の日から施行する。

北広島市国民健康保険運営協議会規則

平成元年11月11日 規則第16号

(令和2年10月1日施行)

体系情報
第7編 生/第2章 保険・年金/第1節 国民健康保険
沿革情報
平成元年11月11日 規則第16号
平成23年6月1日 規則第14号
平成24年11月16日 規則第42号
平成30年3月20日 規則第5号
令和2年10月1日 規則第28号