○北広島市畜犬取締及び野犬掃とう条例

昭和34年3月25日

条例第5号

(目的)

第1条 この条例は、狂犬病予防法(昭和25年法律第247号)によるものを除くほか、畜犬及び野犬による人又は家畜等への危害を防止し、社会生活の安定及び公衆衛生の確保を図るため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第14条第2項に基づき、畜犬取締及び野犬掃とうに関し必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 畜犬 番犬、愛がん及び狩猟等の目的で飼育する犬で所有者又は管理者(以下「飼育者」という。)のあるものをいう。

(2) 野犬 畜犬以外の犬をいう。

(3) 家畜 牛、馬、めん羊、やぎ、豚、家きん及び家兎をいう。

(4) けい留 おり飼(金網等の隔壁により人又は家畜等に害を加えないようにして飼うことをいう。)又は2メートル以内の鎖でつないで飼うことをいう。

(畜犬のけい留等)

第3条 畜犬の飼育者は、次の各号の一に該当する場合を除くほか、畜犬をけい留しておかなければならない。

(1) 警察犬、狩猟犬、又は牧羊犬をその目的のために使用するとき。

(2) 人又は家畜等に危害を加えるおそれのない場所又は方法で畜犬を訓練し、若しくは移動し、又は運動させるとき。

(3) その他規則で定める場合に該当するとき。

2 畜犬の飼育者は、当該畜犬を捨ててはならない。

(遵守事項)

第3条の2 畜犬の飼育者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 畜犬を連行し、又は移動させるときは、前条の規定によるほか、人又は家畜等に害を加えないよう常に監視に努め、さらにかむ癖のある畜犬には口輪をかけること。

(2) 畜犬を飼育している場所の内外を、常に清潔にし、ふんその他(以下「汚物」という。)を衛生的に処理し、害虫の発生を防止し、及び駆除し、並びに悪臭の発生を防止すること。

(3) 道路、公園等公の場所及び他人の所有地内等を畜犬の汚物により汚染するような行為(行為後直ちに汚物を衛生的に処理する場合を除く。)又は荒すような行為をさせないこと。

(4) その他人又は家畜等に迷惑をかけることのないように畜犬を飼育すること。

2 市長は、前項に違反していると認められる畜犬の飼育者に対し、畜犬の飼育の方法の改善その他必要な措置を命ずることができる。

(畜犬の表示)

第3条の3 畜犬の飼育者は、畜犬の飼育場所の出入口その他他人の見やすい箇所に、規則で定める表示をしなければならない。

(畜犬等の加害等の届出)

第4条 畜犬が人又は家畜等に害を加えたときは、その畜犬の飼育者は速やかにけい留その他適当な処置を講じ、当該畜犬が加害した旨を市長に届け出るとともに、その畜犬を獣医師に検診させなければならない。

2 人又は家畜等が犬に害を加えられたときは、その者又は家畜等の飼育者若しくはこれらの代理人はその旨を速やかに市長に届け出なければならない。

(加害畜犬に対する処分)

第5条 市長は、人又は家畜等に害を加えた畜犬の飼育者に対し、当該畜犬の殺処分又は畜犬の性癖のきょう正及び危険防止のために必要な措置を命ずることができる。

2 畜犬の飼育者が、前項の規定による市長の命令を履行しないときは、市長は、行政代執行法(昭和23年法律第43号)の例により、畜犬の飼育者に代わって行うことができる。

(けい留されていない犬の抑留等)

第5条の2 市長は、第3条第1項の規定に違反してけい留されていない畜犬及び野犬(以下「畜犬等」という。)を抑留することができる。

2 市長は、前項の規定により畜犬等を抑留したときは、飼育者の知れているものにあってはその飼育者に当該畜犬を引き取るべき旨を通知し、飼育者の知れていないものにあっては当該畜犬等を抑留している旨を2日間告示しなければならない。

3 市長は、前項の通知又は告示をした場合において、飼育者が当該通知を受けた日から2日以内又は同項の告示期間満了の後1日以内に当該畜犬等を引き取らないときは、これを処分することができる。

4 市長は、前2項の規定にかかわらず、第1項の規定により抑留した畜犬等の飼養管理が困難であるとき、又は飼育者がいないことが明らかであるときは、当該畜犬等を直ちに処分することができる。

(手数料)

第5条の3 飼育者は、前条第1項の規定により抑留された畜犬を引き取るときは、北広島市手数料徴収条例(平成12年北広島市条例第15号)に定める当該畜犬の抑留中の飼養管理及び当該畜犬の返還に係る手数料を納付しなければならない。

(野犬掃とう)

第6条 市長は、必要があると認めたときは、野犬掃とうを行うことができる。

2 市長は、野犬掃とうを行おうとするときは、あらかじめその期間及び区域を定めて告示しなければならない。

(隣接市町村への通知)

第7条 市長は、前条第2項の規定による告示をしたときは、隣接市町村長にその旨を通知しなければならない。

(野犬掃とうの方法)

第8条 野犬掃とうは、当該職員の監督の下に、市長の指定する野犬掃とう員に行わせなければならない。

(立入調査)

第9条 市長は、畜犬の取締に関し必要な限度において、当該職員に畜犬の飼育の場所に立ち入らせ、又は関係人に質問させることができる。

(身分を示す証票)

第10条 当該職員及び野犬掃とう員は、第8条の規定により野犬を掃とうし、又は前条の規定による立入調査をする場合においては、市長の発行する身分証票を携帯し、関係人の請求があったときは、これを提示しなければならない。

(行為の承継)

第11条 第5条の規定による処分その他の行為は、当該行為の目的である畜犬について所有権その他の権利を承継した者に対してもまた効力を有する。

(罰則)

第12条 次の各号の一に該当する者は、10万円以下の罰金、拘留又は科料に処する。

(1) 第3条第1項の規定に違反して畜犬をけい留しておかなかった者

(2) 第5条第1項の規定による措置命令に従わなかった者

2 次の各号の一に該当する者は、5万円以下の罰金又は科料に処する。

(1) 第3条第2項の規定に違反して畜犬を捨てた者

(2) 第3条の2第2項の規定による措置命令に従わなかった者

(3) 第4条第1項の規定に違反して加害の届出をせず、又は加害犬を獣医師に検診させなかった者

3 次の各号の一に該当する者は、3万円以下の罰金又は科料に処する。

(1) 第3条の3の規定に違反して畜犬の飼育の表示をしなかった者

(2) 正当な理由なくして第9条の規定による立入調査を拒み、妨げ、又はその質問に応ぜず、若しくは偽りの答弁をした者

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(従前の条例の廃止)

2 野犬掃とう条例(昭和29年広島村条例第23号)は、この条例公布の日から廃止する。

附 則(昭和50年条例第18号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、罰則に関する規定のうち、改正前の条例の規定と異なるものについては、昭和50年5月1日から施行する。

附 則(昭和60年条例第19号)

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成4年条例第13号)

(施行期日)

1 この条例は、平成4年5月7日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の第12条の規定は、施行日以後の行為から適用し、施行日前の行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

附 則(平成12年条例第6号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成19年条例第4号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。ただし、第1条の規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年条例第33号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

北広島市畜犬取締及び野犬掃とう条例

昭和34年3月25日 条例第5号

(平成21年4月1日施行)