○北広島市霊園条例

昭和49年3月29日

条例第9号

(設置)

第1条 墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年法律第48号)の規定による埋葬又は焼骨の埋蔵のための施設として本市に霊園を設置する。

(定義)

第2条 この条例において使用する用語は、墓地、埋葬等に関する法律において使用する用語の例による。

(名称及び位置)

第3条 霊園の名称は、北広島霊園とする。

2 霊園の位置は、別表第1のとおりとする。

(霊園の施設)

第4条 霊園に次に掲げる施設を設ける。

(1) 墓地

(2) 慰霊堂

2 墓地は、墳墓、碑石、形象類及びこれらに附属するものを建設する施設とする。

3 慰霊堂は、一の墳墓に複数の焼骨を埋蔵する施設とする。

(使用者の資格)

第5条 墓地を使用することができる者は、本市の区域内に住所を有する者であって、その住所を有する期間が引き続き3年以上であるものとする。

2 慰霊堂を使用することができる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 本市の墓地を使用していない者であって次のいずれかに該当するもの

 本市の区域内に住所又は本籍を有する者

 本市の区域内に住所又は本籍を有していた者

(2) 本市の墓地を使用している者であって当該墓地に埋蔵されている焼骨を慰霊堂に改葬の上当該墓地を返還するもの

3 前2項の規定にかかわらず、市長が特に認めた者は、墓地又は慰霊堂を使用することができる。

(使用の許可)

第6条 墓地又は慰霊堂を使用(次項の規定による使用を除く。)しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 死後において自己の焼骨が慰霊堂に埋蔵されることを希望する者が次条に規定する主宰者によって当該自己の焼骨を慰霊堂に埋蔵する方法による使用をしようとするときは、その生前において当該慰霊堂の使用に係る市長の許可を受けなければならない。

(慰霊堂の使用に係る主宰者の選定)

第6条の2 前条第2項の規定による慰霊堂の使用の許可を受けようとする者は、当該許可の申請の際死後における自己の祭を主宰する者(以下「主宰者」という。)を選定し、市長に届け出なければならない。

(墓地の使用の範囲)

第7条 墓地の使用は、1世帯につき1区画とする。

2 碑石及び形象類の設置は、1区画について各1基とする。

(墓地使用者の代理人の選定)

第8条 第6条第1項の規定による墓地の使用の許可を受けた者(以下「墓地使用者」という。)が、本市の区域内に住所を有しなくなったときは、本市の区域内に住所を有する者を当該墓地使用者の代理人として定めることができる。

2 前項の代理人は、墓地使用者に代わり、この条例に定める義務を代行しなければならない。

(墓地の使用の制限)

第9条 市長は、公益の維持管理上の必要及び施設保全に必要があると認めるときは、墓地使用者に対し、墓地の使用に制限若しくは条件を付け、又は必要な措置を講ずることができる。

(使用権の譲渡又は転貸の禁止)

第10条 墓地及び慰霊堂の使用権は、他に譲渡又は転貸することができない。

(墓地の使用権の承継)

第11条 墓地の使用権は、墓地使用者の相続人又は親族等であって祭祀を主宰するものに限り、市長の許可を得てこれを承継することができる。

(墓地の返還)

第12条 墓地使用者は、次に掲げる場合は、その使用している墓地を原状に回復して返還しなければならない。

(1) 使用している墓地が不用となったとき。

(2) 墓地に埋蔵されている焼骨を慰霊堂に改葬するとき。

(慰霊堂の使用の取下げ)

第12条の2 次に掲げる者は、慰霊堂の使用が不用となったときは、規則で定めるところにより、市長に当該使用の取下げを届け出なければならない。

(1) 第6条第1項の規定による慰霊堂の使用の許可を受けた者(以下「慰霊堂使用者」という。)

(2) 第6条第2項の規定による慰霊堂の使用の許可を受けた者(以下「慰霊堂生前予約使用者」という。)

(3) 主宰者

(使用許可の取消し等)

第13条 市長は、墓地使用者、慰霊堂使用者及び慰霊堂生前予約使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、第6条の規定による墓地又は慰霊堂の使用の許可(以下「使用許可」という。)を取り消すことができる。

(1) 許可の目的以外に使用したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により使用許可を得たとき。

(3) 使用許可(墓地の使用の許可に限る。次項において同じ。)を受けた日から起算して3年を経過しても、墳墓として使用しないとき。

(4) 法令又はこの条例若しくはこの条例に基づく規則に違反したとき。

2 墓地使用者は、前項各号の規定により使用許可を取り消されたときは、その場所を原状に回復して返還しなければならない。

3 墓地使用者が第12条及び前項の義務を履行しないときは、市長においてこれを代行し、その費用をその者から徴収することができる。

(使用権の消滅)

第14条 墓地の使用権は、次の各号のいずれかに該当するときは消滅するものとする。

(1) 墓地使用者が死亡した日から起算して3年を経過しても、墓地の使用権を継承する者がいないとき。

(2) 墓地使用者の所在が不明となった日から起算して10年を経過しても、その所在が明らかにならないとき。

2 慰霊堂の使用権は、慰霊堂生前予約使用者が死亡した日から起算して3年を経過しても当該慰霊堂生前予約使用者の焼骨が主宰者により埋蔵されないときは、消滅するものとする。

3 市長は、第1項の規定により墓地の使用権が消滅したときは、当該使用権が消滅した墓地に埋蔵された焼骨を別に定める場所において改葬するとともに、その墓地を原状に回復することができる。

(使用料)

第15条 市長は、次に掲げる者から別表第2に定める使用料を使用許可と同時に徴収する。

(1) 墓地使用者

(2) 慰霊堂使用者

(3) 慰霊堂生前予約使用者

(臨時の使用の許可等)

第16条 工事その他により、霊園の一部を臨時に使用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の規定による使用の許可をしたときは、臨時使用許可証を交付するものとし、別表第3に定める臨時使用料を使用者から徴収する。

(管理料)

第17条 市長は、霊園の清掃その他の管理のため次に掲げる者から別表第4に定める管理料を使用許可と同時に徴収する。

(1) 墓地使用者

(2) 慰霊堂使用者

(3) 慰霊堂生前予約使用者

(使用料等の減免)

第18条 市長は、必要があると認めるときは、第15条及び第16条第2項の使用料並びに前条の管理料を減免することができる。

(使用料及び管理料の不還付)

第19条 既に納付された使用料及び管理料は、次の各号に定める場合を除くほか、これを還付しない。

(1) 使用料 使用許可を受けた日から3年以内にその墓地を返還したとき又は慰霊堂の使用を取り下げたときは、当該使用料の全額を還付する。

(2) 管理料 使用許可を受けた日から1年以内にその墓地を返還したとき又は慰霊堂の使用を取り下げたときは、当該管理料の5割の額を還付する。

(無縁故者及び行旅死亡人の焼骨を埋蔵する施設)

第20条 無縁故者及び行旅死亡人の焼骨を埋蔵する施設は、慰霊堂とする。

(損害賠償)

第21条 霊園の施設又は附属設備を損傷し、又は滅失した者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がその損害を賠償することが適当でないと認めるときは、この限りでない。

(指定管理者による管理)

第22条 市長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に霊園の管理を行わせることができる。

(平29条例18・追加)

(指定管理者が行う業務の範囲)

第23条 前条の規定により指定管理者に霊園の管理を行わせる場合に当該指定管理者が行う業務は、次に掲げる業務とする。

(1) 霊園の維持管理に関する業務

(2) 霊園の使用許可に関する業務

(3) 慰霊堂における焼骨の埋蔵に関する業務

(4) その他市長が定める業務

2 前条の規定により指定管理者に霊園の管理を行わせる場合にあっては、第6条第6条の2第9条第11条第12条の2第13条第1項及び第16条第1項の規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」とする。

(平29条例18・追加)

(指定管理者が行う管理の基準)

第24条 指定管理者は、この条例及びこれに基づく規則の定めるところに従い、適正に霊園の管理を行わなければならない。

(平29条例18・追加)

(委任)

第25条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平29条例18・旧第22条繰下)

附 則

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 墓地使用料条例(昭和10年広島村条例第2号)は、廃止する。

附 則(昭和53年条例第19号)

この条例は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年条例第31号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の条例第16条の規定は、昭和53年4月1日から適用する。

附 則(昭和54年条例第20号)

この条例は、昭和54年7月1日から施行する。

附 則(昭和63年条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和63年4月1日から施行し、この条例による改正後の広島町霊園の設置及び管理に関する条例(以下「改正後の条例」という。)第11条及び第14条の規定は、昭和63年7月1日から適用する。

(使用料に関する経過措置)

2 この条例の施行の際現に行われている共栄墓地の移転に関し、改正後の条例第11条第2項に規定する既存墓地を霊園に移転した場合において、移転後の墓地の使用面積が既存墓地での使用面積を超えることとなったときは、その超えた面積に相当する額の使用料については、なお従前の例による。

(管理料に関する経過措置)

3 この条例の施行の際現に行われている共栄墓地の移転に関し、改正後の条例第14条第1項の規定に基づく別表第2移転墓地の項に規定する管理料については、なお従前の例による。

附 則(平成3年条例第26号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年条例第33号)

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成7年条例第8号)

(施行日)

1 この条例は、平成7年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現に改正前の広島町霊園の設置及び管理に関する条例第6条第1項の規定に基づき墓地の使用許可を受けている者(以下「権利者」という。)は、改正後の広島町霊園の設置及び管理に関する条例(以下「改正後の条例」という。)第13条第1項第3号の規定にかかわらず、この条例の施行の日から3年間(権利者が3年に達する日の1月前までに当該期間の延長を申し出た場合において、町長が必要と認めるときは、8年間)は、墓地の使用権を有するものとする。

3 前項に規定する権利者が、同項の期間内に墓地を返還したときは、改正後の条例第19条第1号の規定にかかわらず、墓地の使用料を全額還付するものとする。

附 則(平成8年条例第25号)

この条例は、平成8年9月1日から施行する。

附 則(平成16年条例第4号)

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成27年条例第24号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年9月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 使用許可等の手続その他慰霊堂を供用するために必要な準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

附 則(平成29年条例第18号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

霊園の位置

北広島市仁別329番地、331番地1、331番地2、331番地3、332番地、340番地1、342番地1、342番地2、342番地3、343番地1、343番地2、385番地2、385番地5、508番地1、508番地2、509番地、526番地、527番地及び528番地

別表第2(第15条関係)

区分

使用料

墓地

芝生墓地(カロート付)

4平方メートル

291,000円

6平方メートル

459,000円

自由墓地

4平方メートル

234,000円

6平方メートル

369,000円

9平方メートル

593,000円

慰霊堂

15歳以上の焼骨(1体につき)

15,000円

15歳未満の焼骨(1体につき)

11,000円

慰霊堂生前予約使用者(1体につき)

15,000円

備考

1 使用料は、永代使用料とする。

2 死胎の焼骨に係る慰霊堂の使用料は、無料とする。

別表第3(第16条関係)

区分

単位

臨時使用料

工事

1日1平方メートルにつき

25円

行商、出店その他これらに類するもの

1日につき

100円

業としての写真の撮影

常時

写真機1台1月につき

300円

臨時

写真機1台1日につき

30円

備考

1 1日とは、日の出から日没までをいう。

2 1日未満は、1日とみなす。

3 1月未満は、1月とみなす。

4 1平方メートル未満は、1平方メートルとみなす。

別表第4(第17条関係)

区分

管理料

墓地(1平方メートルにつき)

芝生墓地

33,990円

自由墓地

慰霊堂(1体につき)

12,000円

備考

1 管理料は、永代管理料とする。

2 死胎の焼骨に係る慰霊堂の管理料は、無料とする。

北広島市霊園条例

昭和49年3月29日 条例第9号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
昭和49年3月29日 条例第9号
昭和53年3月28日 条例第19号
昭和53年10月3日 条例第31号
昭和54年6月8日 条例第20号
昭和63年3月25日 条例第8号
平成3年10月7日 条例第26号
平成3年12月21日 条例第33号
平成7年3月20日 条例第8号
平成8年8月19日 条例第25号
平成16年3月23日 条例第4号
平成27年7月1日 条例第24号
平成29年6月23日 条例第18号