○北広島市自転車置場管理要綱

平成10年9月28日

市長決裁

(目的)

第1条 この要綱は、市が設置する自転車置場(建設部長が定めるものに限る。)の管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(利用できる自転車等)

第2条 自転車置場を利用することができる車両は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第10号に規定する原動機付自転車、同項第11号の2に規定する自転車及び同法第3条に規定する普通自動二輪車(以下「自転車等」という。)とする。

(利用期間等)

第3条 自転車置場を利用できる期間は、4月1日から11月30日までとする。ただし、市長は、天候その他の事情によりこれを変更することができる。

2 利用時間は、終日とする。

(禁止行為)

第4条 自転車置場を利用する者(以下「利用者」という。)は、自転車置場内で次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 自転車置場の施設、付属設備若しくは他の自転車等をき損し、又は汚損すること。

(2) 他の自転車等の駐車を妨げること。

(3) 指定された場所以外に自転車等を駐車すること。

(4) みだりに火気を使用し、又は騒音を発すること。

(5) 物品の販売、広告宣伝その他の営業行為をすること。

(6) 前各号のほか、自転車置場の管理に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(利用の休止)

第5条 市長は、自転車置場の補修その他管理上必要があると認めるときは、自転車置場の全部又は一部の利用を休止することができる。

(施設等の損害賠償)

第6条 利用者は、自転車置場の施設等をき損し、又は滅失させたときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がその損害を賠償することが適当でないと認めるときは、この限りでない。

(損害の責任)

第7条 自転車置場内における自転車等の接触、盗難等による損害その他天災等不可抗力による損害については、市はその賠償の責めを負わない。ただし、市の責めに帰すべき理由によるときは、この限りでない。

(長期駐車自転車等に対する措置)

第8条 市長は、自転車置場に相当の期間にわたり継続して駐車されている自転車等(以下「長期駐車自転車等」という。)を保管することができる。

2 前項の規定により自転車等を保管したときは、その旨告示するとともに、当該自転車等の所有者又は使用者に返還するため、必要な措置を講ずるものとする。

(長期駐車自転車の処分)

第9条 市長は、前条第1項の規定により保管した自転車等のうち自転車について、同条第2項の規定による告示の日から起算して2箇月間を経過してもなお返還することができない場合は、当該自転車について廃棄等の処分をすることができる。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、建設部長が定める。

附 則

この要綱は、平成10年10月1日から施行する。

附 則(平成12年3月24日)

この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月30日)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

北広島市自転車置場管理要綱

平成10年9月28日 市長決裁

(平成18年4月1日施行)