○北広島市農業委員会総会規則

平成10年3月5日

農委規則第2号

北広島市農業委員会会議規則(昭和37年広島村農業委員会規則第1号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 北広島市農業委員会(以下「委員会」という。)の委員の会議(以下「総会」という。)は、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)に規定するもののほか、この規則の定めるところによる。

(総会の招集)

第2条 総会は、会長が必要と認めたときに招集する。

2 会長は、次の各号に該当するときは遅滞なく総会を招集しなければならない。

(1) 在任委員の3分の1以上の者が書面で総会に付議すべき事項を示して、総会を招集すべき旨の請求をしたとき。

(2) 市長の諮問があり、急を要すると認められるとき。

(総会の通知及び公示)

第3条 会長は、総会の日時、場所、議案その他必要な事項を定めこれを全ての委員に通知するとともに、北広島市公告式条例(昭和25年広島村条例第13号)の例により公示しなければならない。

2 前項の通知及び公示は、緊急やむを得ない場合を除き、総会の日前5日までにしなければならない。

(委員の参集)

第4条 委員は、総会招集の当日、指定の時刻までに指定の場所に参集しなければならない。

2 委員は、事故のため総会に出席できないとき、又は遅参するときは、開会前に書面又は口頭で理由を付して会長に届け出なければならない。

(議席の決定)

第5条 委員の議席は、委員会の委員の一般選挙後最初に開かれる総会において、抽選により定める。

2 補欠委員の議席は、会長が定める。

(会長及び会長職務代理者の選出)

第6条 会長及び会長職務代理者は、総会で互選する。

(総会の議長)

第7条 会長は、会務を総理し、総会の議長となる。

2 会長に事故があるときは、会長職務代理者がその職務を代理する。

3 会長及び会長職務代理者がともに欠けたときは、最年長者が議長となり会務を総理する。

(議案の朗読)

第8条 議長は、事件を議題とするときは、その旨を宣言し、職員に議案を朗読させる。ただし、その趣旨を説明させ、朗読を省略することができる。

(発言)

第9条 委員は、発言しようとするときは、議長の許可を受けなければならない。

2 委員は、議題となった議案について、自由に質疑し、意見を述べることができる。

3 2以上の委員が発言を求めたときは、議長は、先に発言を求めたと認められる者から順次許可するものとする。

4 発言は、簡明にし、議題外にわたってはならない。

5 総会の同意又は要求により出席した公務員その他の者が発言しようとするときは、第1項の規定を準用する。

(動議の制限)

第10条 動議は、法令の定めのある場合を除き、他に出席委員の2分の1以上の賛成がなければ議案として審議することができない。

(議決の方法)

第11条 総会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

2 採決にあたり、可否を表明しない者は、棄権したものとみなす。

3 議長が採決を宣言したときは、その議題について発言することができない。

(簡易議決)

第12条 議長は、議題について異議の有無を総会に諮ることができる。

2 議長は、異議がないと認めたときは、直ちに議題の可否について宣告する。

3 議長の宣告に対し、出席委員の異議があるときは、挙手の方法により採決しなければならない。

(専門委員会及び特別委員会への付託)

第13条 議長は、議題となった議案について、特に必要があると認めるときは、総会に諮り、専門委員会及び特別委員会に付託することができる。

2 専門委員会に付託された事件について、専門委員会の委員長は、専門委員会の調査又は審査の経過及び結果について直近の総会に報告しなければならない。

3 専門委員会に関し必要な事項は、別に定める。

(議事録)

第14条 議長は、各委員の発言の要旨その他議事の大要を記載した議事録を作成しなければならない。

2 議長は、議事録に署名する委員2人を総会のはじめに指名しなければならない。

3 議事録に署名する委員の指名は、議席の順番による。

(傍聴)

第15条 総会の傍聴に関し必要な事項は、別に定める。

(委任)

第16条 この規則に定めるもののほか、会議の運営について必要な事項は、議長が総会に諮って定める。

附 則

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成12年農委規則第1号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

北広島市農業委員会総会規則

平成10年3月5日 農業委員会規則第2号

(平成12年2月29日施行)