○北広島市農業委員会専門委員会設置規程

平成10年3月5日

農委訓令第1号

(専門委員会の設置)

第1条 北広島市農業委員会に専門委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(委員会の名称、委員定数及びその所管)

第2条 委員会の名称、委員定数及びその所管は、次のとおりとする。

(1) 農業基盤委員会 6人

農用地の有効利用及び農地転用に関する業務

(2) 農業政策委員会 6人

農業、農村の振興及び人材育成に関する業務

(専門委員の任期)

第3条 専門委員会の委員(以下「委員」という。)の任期は、農業委員会委員の在任期間とする。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員の選任)

第4条 委員は、農業委員会会長(以下「会長」という。)が農業委員会の委員の一般選挙後最初に開かれる総会において指名する。

2 会長は、委員の申し出があるときは、総会に諮って委員会の所属を変更することができる。

3 前項の規定により所属を変更した委員の任期は、前条第2項の例による。

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に委員長及び副委員長を1人置く。

2 委員長及び副委員長は、農業委員会の総会において、それぞれの委員会の委員の中から選任する。

(委員長の職務)

第6条 委員長は、委員会の議長となり、会務を総理する。

(委員長の職務代行)

第7条 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、副委員長が委員長の職務を行う。

(委員長及び副委員長の辞任)

第8条 委員長及び副委員長が辞任しようとするときは、会長の承認を得なければならない。

(招集)

第9条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員長は、委員の定数の半数以上の者から審査又は調査すべき事件を示して招集の請求があったときは、委員会を招集しなければならない。

(定足数)

第10条 委員会は、定数の半数以上の委員が出席しなければ会議を開くことができない。ただし、第13条の規定による除斥のため半数に達しないときは、この限りでない。

(表決)

第11条 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。

(会長への報告)

第12条 委員長は、第9条の規定により委員会を開催したときは、遅滞なく会長へその結果を報告しなければならない。

(委員長及び委員の除斥)

第13条 委員長及び委員の議事の参与については、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号)第31条の規定を準用する。ただし、委員長が必要と認めたときは、この限りでない。

附 則

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成17年農委訓令第1号)

この訓令は、平成17年7月20日から施行する。

附 則(平成28年農委訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

北広島市農業委員会専門委員会設置規程

平成10年3月5日 農業委員会訓令第1号

(平成28年4月1日施行)