○北広島市ゴルフ場等開発事業に関する基本方針

平成2年7月5日

告示第80号

ゴルフ場等の開発は大規模な土地の改変を伴うものであり、土地の相当面積を芝で覆うことから植生を大きく変えるものである。このため、自然環境の保全、災害の防止等に十分配慮する必要がある。

一方農薬等の薬剤使用あるいは附帯施設の排水等による公害の防止、さらには開発工事中の災害・公害の防止、交通安全対策にも留意する必要がある。

こうしたことから、北広島市におけるゴルフ場等(ゴルフ場及びこれに附帯する施設並びにゴルフ場と一体として設置される運動・レジャー施設をいう。以下同じ。)の新設及び増設等(既設ゴルフ場において都市計画法等に基づく許可を必要とするコースの改造等を行う場合を含む。)に係る開発計画については、自然環境の保全、災害・公害の防止に十分配慮するとともに、次に掲げる地域に限定して、別に定める「北広島市ゴルフ場等開発事業指導要綱」に基づき協議に応ずるものとする。

ただし、北海道の「ゴルフ場開発に対する暫定措置(平成2年2月26日実施)」の対象となる開発計画については、当該暫定措置に基づく事前相談の結果、ゴルフ場開発についての了承が得られているものに限り協議に応ずるものとする。

1 ゴルフ場等新設計画の協議対象地域

北広島市におけるゴルフ場等新設計画の協議対象地域は、次のとおりとする。

① 仁別及び三島の区域内で、昭和48年9月以前からゴルフ場等の開発を目的として大規模(100ヘクタール以上で一団を成しているもの)に所有している土地がある地域(この方針の施行以前に既に開発行為等の許可を得ているもの及びゴルフ場開発に関する暫定協定を締結しているものを含む。)

② 富ヶ岡の区域内で、砂利採取事業の跡地を中心とする地域

2 ゴルフ場等増設計画の協議対象地域

北広島市における既設ゴルフ場の増設計画の協議対象地域は、次のとおりとし、協議は1ゴルフ場につき1回に限るものとする。

① 昭和63年3月以前からゴルフ場等の用地としての土地を所有又は使用している地域(この方針の施行の際現に所有又は使用している土地の中での増設が可能な場合に限る。)

② 三島の区域内で、環境悪化の改善、良好な環境の保全に資すると認められる地域(環境の改善、保全のための用地取得が可能な場合に限る。)

北広島市ゴルフ場等開発事業に関する基本方針

平成2年7月5日 告示第80号

(平成8年9月1日施行)

体系情報
第9編 設/第1章
沿革情報
平成2年7月5日 告示第80号
平成8年9月1日 種別なし