○北広島市上下水道事業例規審査委員会規程

昭和60年10月1日

水管規程第2号

注 平成31年3月から改正経過を注記した。

(設置)

第1条 市長に送付する条例及び企業管理規程の制定改廃、法令の解釈等に関する事項について、適正な処理を図るため、北広島市上下水道事業例規審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(平31水管規程2・一部改正)

(審査事項)

第2条 委員会において審査する事項は、次に掲げるものとする。

(1) 市長に送付する条例及び企業管理規程の制定改廃に関する事項

(2) 要綱、要領、基準等の制定改廃に関する事項

(3) 重要又は異例に属する新設に関する事項

(4) 重要又は異例に属する法令の解釈及び運用に関する事項

(5) その他特に命じた事項

(平31水管規程2・一部改正)

(組織)

第3条 委員会は、委員長及び委員で組織する。

2 委員長は、部長をもって充てる。

3 委員は、課長及びセンター長をもって充てる。

(平31水管規程2・一部改正)

(委員長の職務等)

第4条 委員長は、委員会を総理し、会議の議長となる。

2 委員長に事故があるときは、課長がその職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会は、必要の都度、委員長が招集する。

(平31水管規程2・一部改正)

(持回り審査等)

第6条 委員長は、委員会を招集するいとまがないと認めるときは、委員会に付議すべき事案(以下「事案」という。)について、持ち回りにより、審査させることができる。

2 委員長は、定例的な事案及び軽易な事案について、委員会に付議する必要がないと認めるときは、審査を省略することができる。

(平31水管規程2・一部改正)

(関係者の出席)

第7条 委員会において、事案審議のため必要があるときは、委員長は、その事案に関係のある職員に対し、委員会に出席を求めることができる。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、経営管理課において処理する。

2 経営管理課は、事案に関する調査、予備審査その他の事務に従事する。

3 経営管理課は、委員会において、予備調査の概要を説明しなければならない。

(平31水管規程2・一部改正)

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年水管規程第2号)

この規程は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成14年水管規程第5号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成31年水管規程第2号)

(施行期日)

1 この規程は、平成31年4月1日から施行する。

北広島市上下水道事業例規審査委員会規程

昭和60年10月1日 水道事業管理規程第2号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第10編 公営企業/第1章 組織・処務
沿革情報
昭和60年10月1日 水道事業管理規程第2号
平成4年3月27日 水道事業管理規程第2号
平成14年3月26日 水道部管理規程第5号
平成31年3月28日 水道部管理規程第2号