○北広島市水道事業給水条例施行規程

平成10年3月2日

水管規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、北広島市水道事業給水条例(昭和38年広島村条例第19号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(給水用途以外の使用制限)

第2条 使用者は、管理者に届け出た給水の用途以外の用途に水道を使用してはならない。ただし、家庭用以外に使用するものとして届け出たものを家庭用に使用する場合は、この限りでない。

(給水装置の新設等の申込み)

第3条 条例第5条の規定により給水装置の新設、改造、修繕(水道法(昭和32年法律第177号)第16条の2第3項の厚生労働省令で定める給水装置の軽微な変更を除く。)又は撤去しようとする者(以下「申請者」という。)は、給水装置工事承認申請書又は給水装置撤去・改築撤去届により申込まなければならない。

2 前項の申込みは、申請者に代えて、北広島市指定給水装置工事事業者規程(平成10年北広島市水道部管理規程第2号)の規定により管理者が指定した者(以下「指定工事業者」という。)が行うことができる。

(同意書等の提出)

第4条 管理者は、条例第5条の規定による申込みにあたり、次の各号の一に該当する場合は、利害関係人の同意書又はこれに代わる書類の提出を求めるものとする。

(1) 他人の土地又は家屋に給水装置を設置する場合

(2) 他人の給水装置から分岐して給水装置を設置する場合

(工事費の負担)

第5条 条例第6条ただし書に定める水道事業において費用を負担する給水装置工事とは、公道部分に属する既設給水装置の修繕等をいう。

(工事の施工)

第6条 条例第7条に定める給水装置の設計及び工事は、分水栓以下とする。

2 分水栓の取付、撤去の施工は、管理者の指定する水道事業職員の立会を要する。

3 申請者及び指定工事業者は、設計審査承認を受けた後、工事の途中において、工事内容の変更の必要が生じたときは、設計変更承認申請書を管理者に提出し、承認を受けなければならない。

(工事の種類)

第7条 条例第7条第1項の給水装置工事とは、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 「新設工事」とは、上水道施設のない建物等に、新たに給水装置を設置する工事で、メーターの設置を伴う工事をいう。

(2) 「全改造工事」とは、次の工事をいう。

 建物の全部建替、一部建替及び一部増築に伴い、給水装置の全部又はこれに類する設置替工事

 建物の建替等を伴わないが、給水装置の全部又はこれに類する設置替工事

(3) 「改造工事」とは、給水管及び給水用具の口径変更、増設、部分撤去又は位置を変更する工事をいう。

(4) 「簡易な改造工事」とは、次の工事をいう。

 水洗化に伴う工事で、既設の給水装置のその部分を設置替又は増設する工事

 屋内配管(埋設を含まないもの)で、口径20ミリメートル以下のもので、取付栓1個の工事

 散水栓を設置する工事で、水抜栓1箇所の工事

(5) 「臨時給水工事」とは、工事現場、仮設事務所、仮設店舗、催事及びこれらに類する工事等で、臨時的に給水装置を設置する工事をいう。

(6) 「簡易な臨時給水工事」とは、予定栓があり、口径13ミリメートルの散水栓1栓を設置する工事をいう。

(7) 「その他工事」とは、配水管から分岐し、その1分岐に給水管及び止水栓を設置する工事で、メーターの設置を伴わない工事をいう。

(給水装置工事の施工細目)

第8条 給水装置工事の設計、施工、その他の細目については、管理者が別に定める給水装置工事設計施工要綱によるものとする。

(メーターの位置)

第9条 条例第19条第2項に規定するメーター(隔測部を含む。)の位置は、検認の容易な箇所並びに修繕等が容易にできる場所とする。

(水道使用の一時中止)

第10条 水道の使用を一時中止しようとする者は、あらかじめ管理者の定めるところにより届け出をし、その承認を受けなければならない。

2 前項の承認を受けた者からは、一時中止の期間に係る水道料金の徴収をしない。

(簡易専用水道以外の貯水槽水道の管理及び自主検査)

第10条の2 条例第24条の3第2項の規定による簡易専用水道以外の貯水槽水道の管理及びその管理の状況に関する検査は、次に定めるところによる。

(1) 次に掲げる管理基準に従い、管理すること。

 水槽の清掃を1年以内ごとに1回、定期に行うこと。

 水槽の点検等有害物、汚水等によって水が汚染されるのを防止するために必要な措置を講ずること。

 給水栓における水の色、濁り、臭い、味その他の状態により供給する水に異常を認めたときは、水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省令第101号)の表の上欄に掲げる事項のうち必要なものについて検査を行うこと。

 供給する水が人の健康を害するおそれがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、かつ、その水を使用することが危険である旨を関係者に周知させる措置を講ずること。

(2) 前号の管理に関し、1年以内ごとに1回、定期に、水道法第34条の2第2項に規定する地方公共団体の機関若しくは厚生労働大臣の登録を受けた者又は北海道知事が認める者による給水栓における水の色、濁り、臭い、味に関する検査及び残留塩素の有無に関する水質の検査を受けること。

(定例日)

第11条 条例第27条に規定する定例日とは、毎月1日から7日までの間に設けるものとする。

(加入金)

第12条 加入金は、メーターの新設個数、口径により算定する。

2 撤去工事又は撤去と同等の状態にあるものから1年を経過した後に新設工事の申込みがあった場合、申請者は、新たに加入金を納付しなければならない。

3 前項の撤去と同等の状態にある場合の決定は、管理者が行う。

4 受水槽を設置する場合は、受水槽以前のメーター口径により加入金を算定する。ただし、別に定めた場合は、この限りでない。

(手数料)

第13条 給水装置工事の申込みで、工事の種類が複数の場合は、それぞれの種類ごとの手数料の合計額とする。

(給水停止の措置)

第14条 条例第36条に規定する給水の停止は、給水栓の封印若しくは止水栓、制水弁の閉鎖、メーターの撤去又は配水管との連絡を切断することによって行うものとする。

(給水台帳の備え付け)

第15条 管理者は、申請者から申込みのあった給水装置工事の新設又は改造の工事検査が完了したときは、水質の保全等のため給水台帳を備え付けなければならない。

(委任)

第16条 この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

1 この規程は、平成10年4月1日から施行する。

2 この規程施行の際現にこの規程による改正前の北広島市水道事業給水条例施行規程の規定によりなされた処分その他の手続きは、それぞれこの規程によりなされたものとみなす。

附 則(平成10年水管規程第7号)

この規程は、平成10年10月1日から施行する。

附 則(平成12年水管規程第7号)

この規程は、平成13年1月6日から施行する。

附 則(平成15年水管規程第2号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成15年水管規程第3号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成16年水管規程第10号)

この規程は、平成16年3月31日から施行する。

北広島市水道事業給水条例施行規程

平成10年3月2日 水道事業管理規程第1号

(平成16年4月1日施行)