○北広島市消防公印規程

昭和50年4月1日

消防長訓令第3号

(趣旨)

第1条 北広島市消防の公印の使用及び保管について必要な事項は、この訓令に定めるところによる。

(公印の種類及び保管者)

第2条 公印の種類及び保管者は、次に掲げるとおりとする。

種類

保管者

職印

消防長印

総務課長

消防署長印

消防署長

消防団長印

総務課長

庁印

消防本部印

総務課長

消防署印

消防署長

(ひな形及び寸法)

第3条 公印のひな形及び寸法は、別表のとおりとする。

2 特殊の用途に使用するため必要があるときは、前項の規定にかかわらず、消防長の承認を受けて特殊の公印(刻印及び焼印を含む。)を作成することができる。

(公印台帳)

第4条 消防長は、別記様式の公印台帳を備え、公印の作成、改刻、廃止その他必要な事項を記載しなければならない。

(公印の作成、改刻)

第5条 公印の作成又は改刻の必要を生じたときは、消防長の承認を受けなければならない。

(公印の事故)

第6条 公印を紛失又は損傷したときは、速やかに理由を付し、保管者に届け出なければならない。

(保管の方法)

第7条 公印は、常に錠をかけた容器に納めて保管しなければならない。

2 公印は、保管者の承認を受けた場合のほか、管理又は保管する場所以外のところに持ち出してはならない。

(公印の使用)

第8条 公印は、関係文書の決裁後でなければ使用することができない。ただし、定例のもの及び決裁を必要としないものにあっては、この限りでない。

2 公印の使用は、保管の責に任ずる者が、これを行うものとする。

附 則

この訓令は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(平成元年消防長訓令第3号)

この訓令は、平成元年11月1日から施行する。

附 則(平成3年消防長訓令第3号)

この訓令は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成8年消防長訓令第3号)

この訓令は、平成8年9月1日から施行する。

附 則(平成14年消防長訓令第4号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

公印のひな形及び寸法

1 ひな形

(1) 職印

画像

(2) 庁印

画像

2 寸法

(1) 職印 21m/m方形

画像

北広島市消防公印規程

昭和50年4月1日 消防長訓令第3号

(平成14年4月1日施行)

体系情報
第11編 防/第1章 消防本部・消防署/第1節 組織・処務
沿革情報
昭和50年4月1日 消防長訓令第3号
平成元年10月23日 消防長訓令第3号
平成3年3月29日 消防長訓令第3号
平成8年7月5日 消防長訓令第3号
平成14年3月29日 消防長訓令第4号