○北広島市消防職員服務規程

昭和58年4月1日

消防長訓令第2号

注 令和3年3月から改正経過を注記した。

第1章 総則

(目的)

第1条 この訓令は、別に定めがあるものを除くほか、北広島市消防職員(以下「職員」という。)の服務について定めることを目的とする。

(職員の自覚)

第2条 職員は、その職務が火災を予防、鎮圧し、市民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災又は地震等の災害による被害を軽減し、もって安寧秩序の保持及び社会公共の福祉の増進にあたるものであることを自覚し、それぞれの職務を通じて職責の完遂に努めなければならない。

第2章 一般規律

(規律と職務執行の態度)

第3条 職員は、平常より規律を厳正に保つよう努めるとともに、職務の執行にあたっては親切を旨とし、冷静に正しく判断し、公正かつ迅速にこれを行わなければならない。

2 職員は、常に服装を清潔端正にし、礼儀を重んじなければならない。

(命令及び報告の系統)

第4条 職務上の命令及び報告は、職制に従い順序を経て行わなければならない。ただし、緊急の場合は、この限りでない。

(報告及び連絡)

第5条 職員は、職務上の報告及び連絡を行うにあたり、これを偽り、遅らせ、又は怠ってはならない。

(意見具申)

第6条 職員は、消防の使命を達成するため必要があると思われるときは、上司に対して職務に関する建設的な意見を具申し、積極的に上司を補佐しなければならない。

2 上司は、前項の意見具申が有益であると認められるときは、速やかにその具現に努めなければならない。

(廉潔の保持)

第7条 職員は、その職務に関し贈与、もてなしその他の利益の提供を受け、又は求めてはならない。

(身分証明書)

第8条 職員は、常に身分証明書(別記第1号様式)を所持しなければならない。

2 職員は身分証明書を亡失若しくは損傷したときは、身分証明書再交付願(別記第2号様式)を消防長に提出し、その再交付を受けなければならない。

3 身分に変更のあったときは、身分証明書を添え、総務課に提出し、必要な改定等を受けなければならない。

4 身分証明書の交付を受けた者が退職又は死亡したときは、これを直ちに返納しなければならない。

第3章 服務

(出勤簿の取扱い等)

第9条 出勤簿における取扱い等については、北広島市職員服務規程(昭和47年広島町訓令第6号)規定の例による。

(令3消防長訓令2・全改)

(休暇等の取扱い等)

第10条 休暇等における取扱い等については、北広島市職員の勤務時間、休暇等に関する規則(平成7年北広島市規則第2号)の規定の例による。

(令3消防長訓令2・全改)

(欠勤の届出)

第11条 病気その他予期することができない事故のため出勤することができない者は、速やかに届け出なければならない。

2 病気のため欠勤5日以上に及ぶときは、医師の診断書を添え、期日を定めて届け出なければならない。その期間を過ぎてなお欠勤しようとするときも、また同様とする。

(交代)

第12条 職員が、勤務を交代するときは、消防署長の指定する場所に集合し、交代するものとする。

(交代時の申送り事項等)

第13条 職員は、勤務を交代する場合には、上司又は勤務を交代した者に対して、必要事項を報告あるいは申送り、職務執行に支障のないようにしなければならない。

(旅行の手続)

第14条 職員は、宿泊を伴う旅行をしようとするときは、事前に所属長に対し、旅行届(別記第5号様式)を提出しなければならない。

2 休日等で外出するときは、行先をあきらかにしておかなければならない。

(履歴事項等の届出)

第15条 職員は、次の各号の一に該当するときは、直ちに履歴書記載事項異動届(別記第6号様式)を所属長を経て消防長に提出しなければならない。

(1) 身分に異動(公認の資格取得を含む。)を生じたとき。

(2) 改姓又は改名したとき。

(3) 本籍又は住所を変更したとき。

(欠勤等の場合における事務処理)

第16条 欠勤、早退、旅行及び出張の場合において、担任事務の処理に関し、第13条の規定を準用する。

(外出の許可)

第17条 職員は、勤務時間中一時外出しようとするときは、所属長の許可を得なければならない。

第4章 監督

(監督者とその職責)

第18条 主査以上の職にある職員は、監督者として常に所属職員の指導教養を旨とし、勤務及び執行上の功過をあきらかにするとともに、各自の職能を発揮するよう必要な指導監督を行わなければならない。

2 指導監督は、おおむね次の各号に掲げる事項について行うものとする。

(1) 勤務及び執行の状況

(2) 令達事項等の遵守並びにその実行の状況

(3) 健康及び素行の良否並びに交友の状況

(4) 事務の計画又は改善に関する事項

(5) 文書及び帳簿の整理並びに取扱いの適否

(6) 備品及び貸与品の取扱いの適否

(7) 部下監督の適否

(指導監督事項の報告)

第19条 監督者は、監督上重要又は特異な事項と思われるものについては、速やかに上司にその内容を報告しなければならない。

(準用)

第20条 職員の服務の取扱いについては、この訓令に定めるもののほか、北広島市職員の服務の例による。

附 則

1 この訓令は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年消防長訓令第2号)

この訓令は、昭和62年7月6日から施行する。

附 則(平成元年消防長訓令第5号)

1 この訓令は、平成元年11月1日から施行する。

2 この訓令の施行の際現に使用されている改正前の広島町消防職員服務規程の様式等は、この訓令による改正後の様式等とみなす。

附 則(平成3年消防長訓令第5号)

この訓令は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成8年消防長訓令第4号)

この訓令は、平成8年9月1日から施行する。

附 則(平成9年消防長訓令第4号)

1 この訓令は、平成9年8月1日から施行する。

2 この訓令の施行の際現にこの訓令による改正前の訓令の規定に基づいて作成された用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成14年消防長訓令第5号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(令和3年消防長訓令第2号)

この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

北広島市消防職員服務規程

昭和58年4月1日 消防長訓令第2号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第11編 防/第1章 消防本部・消防署/第2節
沿革情報
昭和58年4月1日 消防長訓令第2号
昭和62年7月6日 消防長訓令第2号
平成元年10月23日 消防長訓令第5号
平成3年3月29日 消防長訓令第5号
平成8年7月5日 消防長訓令第4号
平成9年7月24日 消防長訓令第4号
平成14年3月29日 消防長訓令第5号
令和3年3月23日 消防長訓令第2号