○北広島市消防吏員被服貸与規則

昭和59年11月5日

規則第35号

広島町消防吏員被服貸与規則(昭和49年広島町規則第28号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 北広島市消防吏員(以下「消防吏員」という。)に対する被服及び附属品(以下「被服等」という。)の貸与については、この規則に定めるところによる。

(被服等)

第2条 貸与の対象となる被服等の品目、員数及び耐用年数は、別表第1に掲げるとおりとする。

2 消防長は、前項に定めるもののほか、勤務の性質により別表第2に掲げる被服等を貸与するものとし、その員数及び耐用年数は、同表に掲げるとおりとする。

3 消防長は、被服等の損耗の程度によって前2項に定める耐用年数を伸縮することができる。

(被服等の返納)

第3条 消防吏員は、退職、休職、停職又は異動等によりその職務を行わなくなったときは、速やかに被服等を返納しなければならない。

(被服貸与原簿)

第4条 消防長は、被服貸与原簿(別記様式)を備え、必要な事項を記載しなければならない。

(着用期間)

第5条 被服等の着用期間は、次のとおりとする。

(1) 盛夏服 6月15日から9月14日まで

(2) 制服 9月15日から翌年6月14日まで

(再貸与)

第6条 消防吏員が被服等をき損又は紛失したときは、代品を再貸与するものとする。ただし、当該き損又は紛失が自己の責めに帰すべき場合は、当該消防吏員は、弁償の責めを負わなければならない。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 改正前の広島町消防吏員被服貸与規則の規定に基づき貸与した被服等については、改正後の広島町消防吏員被服貸与規則により貸与したものとみなす。

別表第1(第2条関係)

品目

員数

耐用年数

制帽

1

5

盛夏帽

1

5

制服(上下)

1

5

盛夏服(上下)

1

5

防寒服(上下)

1

5

防火衣

1

5

略帽

2

1

作業服(上下)

2

1

黒短靴

1

2

防寒半長靴

1

5

消防ゴム長靴

1

1

ネクタイ

1

2

バンド

2

2

別表第2(第2条関係)

職種

品目

員数

耐用年数

火災原因調査員

ヘルメット

1

5

雨衣(上下)

1

2

ゴム長靴

1

5

救急業務員

ヘルメット

1

5

救急短靴

1

2

白衣

1

1

雨衣(上下)

1

2

略帽

1

1

ゴム長靴

1

1

救助業務員

救助服(上下)

1

5

安全靴

1

3

救助用皮手袋

1

1

バンド

1

2

略帽

1

1

機関員

ヘルメット

5

オーバーオール

備付

2

消防危険物検査員

ゴム長靴

1

2

安全靴

1

3

画像画像

北広島市消防吏員被服貸与規則

昭和59年11月5日 規則第35号

(昭和59年11月5日施行)

体系情報
第11編 防/第1章 消防本部・消防署/第2節
沿革情報
昭和59年11月5日 規則第35号