○北広島市消防機械器具管理規程

昭和58年4月1日

消防長訓令第7号

注 平成31年3月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この訓令は、消防機械器具の管理及び取扱いの適正を期するため、必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 機器 別表第1に掲げるものをいう。

(2) 消防自動車等 別表第1に掲げるもののうち、消防自動車及び救急自動車をいう。

(3) 交通事故 消防自動車等の運行による人の死傷又は物の損傷及び他車両の運行による機器の損傷をいう。

(4) 機器損傷事故 交通事故以外の機器の損傷をいう。

(5) 機器亡失事故 第2号以外の機器の亡失をいう。

(他の法令等との関係)

第3条 消防自動車等の管理については、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)、道路交通法(昭和35年法律第105号)、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)、電気通信事業法(昭和59年法律第86号)及び電波法(昭和25年法律第131号)等に定めるもののほか、この訓令の定めるところによる。

(機関員の指定)

第4条 機関員は、自動車運転免許証を所持する者のうちから、消防長が指定する。

(運転資格)

第5条 消防自動車等は、機関員でなければ運転してはならない。ただし、消防長が職務上特に必要があると認めたときは、この限りでない。

2 機関員でない自動車運転免許証所持者に、走行訓練等を行わせる場合は、機関員の経験5年以上の者が指導のため同乗しなければならない。

(整備管理者)

第6条 道路運送車両法第50条に規定する整備管理者は、同法に規定する整備管理者の資格を有する者のうちから、消防長が選任する。

(安全運転管理者等)

第7条 道路交通法第74条の3に規定する安全運転管理者及び副安全運転管理者は、消防長が選任する。

2 車両運行管理者は、北広島市消防本部(以下「本部」という。)にあっては総務課長、予防課長及び警防課長、北広島市消防署(以下「署」という。)にあっては消防課長、救急課長、主幹及び出張所長(以下「所属長」という。)をもって充てる。

(平31消防長訓令4・令3消防長訓令1・一部改正)

(配置及び積載)

第8条 機器は、その機能、必要性を考慮して適正な配置を行うものとする。

2 所属長は所管の機器の配置及び積載を適正に行わなければならない。

(性能把握及び保管)

第9条 所属長は、機器の性能把握に努めるとともに、常に機器を効果的に活用できるようその保管の適正を図らなければならない。

(機器の使用廃止)

第10条 所属長は、機器の使用廃止をする必要がある場合又は命により廃止した場合は、消防長に報告するものとする。

(標示)

第11条 機器には、所属名その他の標示をしておかなければならない。

(点検及び整備)

第12条 本部及び署における点検及び整備は、次の各号により行わなければならない。

(1) 交替時点検整備別表第2に記載する事項について実施すること。

(2) 使用後点検整備別表第2に記載する事項に準じて実施すること。

(3) 毎週点検各車両に積載する消防器具及び消火資材について実施すること。

2 道路運送車両法に定める法定点検整備及び改造整備は外注整備によるものとし、故障修理のうち外注整備でなければ復元の困難なものを除き、整備管理者の監督のもとに復元修理を行うものとする。

3 第1項第4号の点検は、委託してこれを行う。

(技術指導)

第13条 所属長は、機器の点検、整備、運用等の技術の向上を図るため、必要な技術指導を行わなければならない。

(事故防止)

第14条 所属長は、機器の取扱い運用中の事故防止のため、必要な教養を行い、その対策をたてるとともに、気象状況等により事故発生のおそれがあると認めるときは、適切な措置を講じなければならない。

(事故発生時の処理)

第15条 機器故障、機器損傷事故、機器紛失事故又は交通事故が発生したときは、関係者は直ちに関係法令に定める処置をするとともに、次の各号により処理しなければならない。

(1) 事故内容及び発生原因の把握

(2) 所属長への速報

2 所属長は、交通事故、著しい機器損傷事故又は重大な機器亡失事故が発生したときは、速やかに事故の概況を消防長に報告しなければならない。

(事故報告)

第16条 所属長は、前条の事故が発生したときは、次の各号に定める様式により3日以内に消防長に報告しなければならない。ただし、交通事故にあっては北広島市庁用自動車管理規則(昭和56年広島町規則第15号)第12条及び第13条に準ずるものとする。

(1) 機器故障(別記第1号様式)

(2) 機器損傷事故(別記第3号様式)

(3) 機器紛失事故(別記第4号様式)

(事故調査)

第17条 消防長は、第15条第2項及び前条の報告により必要と認めたときは、事故の発生原因について調査することができる。

(事故処理)

第18条 所属長は、事故処理にあたっては、消防長の指示を受けるものとし、損害賠償責任事案の処理については、別に定めるところによる。

(帳簿)

第19条 所属長は、次の各号に掲げる帳簿を整備し、機器の保管、点検、整備その他の状況をあきらかにしておかなければならない。

(1) 車両台帳(可搬消防ポンプを含む。)(別記第5号様式)

(2) 運転日報

(3) 消防機械器具台帳(別記第7号様式)

(4) 空気呼吸器台帳(別記第10号様式)

(5) ボンベ台帳(別記第11号様式)

(6) 空気呼吸器(点検・使用)報告書(別記第12号様式)

2 車両台帳には、次の各号に掲げるものを編さんしておくものとする。

(1) 諸元表

(2) 附属品目録

(3) ポンプ性能表

(適用除外)

第20条 第11条第16条以外の規定は、消防団の使用する機器については、適用しない。

(委任)

第21条 この訓令の施行について必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年消防長訓令第7号)

この訓令は、昭和59年10月1日から施行する。

附 則(昭和62年消防長訓令第2号)

この訓令は、昭和62年7月6日から施行する。

附 則(平成元年消防長訓令第12号)

1 この訓令は、平成元年11月1日から施行する。

2 この訓令の施行の際現に使用されている改正前の広島町消防機械器具管理規程の様式等は、この訓令による改正後の様式等とみなす。

附 則(平成3年消防長訓令第10号)

この訓令は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成5年消防長訓令第7号)

この訓令は、平成5年12月1日から施行する。

附 則(平成11年消防長訓令第8号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成14年消防長訓令第13号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成15年消防長訓令第2号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成20年消防長訓令第1号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年消防長訓令第1号)

この訓令は、平成24年5月17日から施行する。

附 則(平成25年消防長訓令第2号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成31年消防長訓令第4号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和3年消防長訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

消防機械器具

画像

別表第2(第12条関係)

交替時点検事項

番号

点検箇所

点検内容

1

かじ取ハンドル

1 著しい遊び又はがた

2 異状に振れたり、取られたり、又は重さ

2

ブレーキ

1 ブレーキ・ペダルの踏みしろ、きき、片ぎき

2 ブレーキの液量

3 空気圧力の上がり具合

4 ブレーキ・ペダルを踏み込んで放した場合に、バルブからの排気音

5 ブレーキ・レバーの引きしろ及び、きき

3

タイヤ

1 タイヤの空気圧

2 裂傷及び損傷

3 異状な磨耗、溝の深さ

4 金属片、石、その他の異物

4

シャシばね

シャシばねの折損

5

原動機

1 排気色

2 ラジエータ等の冷却装置、水漏れ

3 冷却水量

4 ラジエータ・キャップの装置

5 ファン・ベルトの張り具合及び損傷

6 オイルの量

6

燃料装置

燃料の量

7

乗車装置

1 ドア・ロック

2 座席ベルトの損傷、取付け

8

物品積載装置

物品積載

9

灯火装置

点滅具合の良否、汚れ、損傷

10

警報器、方向器

作用

11

窓拭器、洗浄液噴射及びデフロスタ

1 作用

2 洗浄液量

12

後写鏡、反射鏡

写影

13

反射器及び登録番号又は車両番号

1 反射器の汚れ、損傷

2 番号標の汚れ、損傷

14

計器

作用

15

エア・タンク

1 エア・タンクの凝水

2 空気圧力

16

前日の運行において異状を認めた箇所

当該箇所の異状の有無

上記以外の箇所

1 非常用信号用具

2 サーチ・ライト、サイレン、回転灯

3 無線機及び携帯無線機

4 照明、表示灯、計器類

5 消火栓ハンドル、媒介金具

はしご車

1 路肩灯、マーカーランプ、インターホン・スピーカー

2 PTOレバー、はしご、電源メーン

3 作動油

4 発動発電機

画像

別記第2号様式 削除

画像画像

画像

画像画像

別記第6号様式 削除

画像

別記第8号様式及び別記第9号様式 削除

画像

画像

画像

北広島市消防機械器具管理規程

昭和58年4月1日 消防長訓令第7号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第11編 防/第3章
沿革情報
昭和58年4月1日 消防長訓令第7号
昭和59年10月1日 消防長訓令第7号
昭和62年7月6日 消防長訓令第2号
平成元年10月23日 消防長訓令第12号
平成3年3月29日 消防長訓令第10号
平成5年11月29日 消防長訓令第7号
平成11年3月29日 消防長訓令第8号
平成14年3月29日 消防長訓令第13号
平成15年3月31日 消防長訓令第2号
平成20年3月19日 消防長訓令第1号
平成24年5月17日 消防長訓令第1号
平成25年3月11日 消防長訓令第2号
平成31年3月27日 消防長訓令第4号
令和3年3月11日 消防長訓令第1号