○北広島市奨学金支給条例施行規則

昭和53年3月28日

教委規則第5号

注 令和2年3月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この規則は、北広島市奨学金支給条例(昭和53年広島町条例第21号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(令2教委規則14・一部改正)

(奨学生の願出)

第2条 条例第3条の規定による願書は、別記第1号様式によるものとし、次の各号に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 学校長の奨学生推薦書(別記第2号様式)

(2) 中学校3年間の学業成績証明書

(3) 家庭状況調査書(別記第3号様式)

2 前年度に引き続いて奨学生となることを志望する者は、前項第2号に掲げる証明書の添付を省略することができる。

3 第1項の願書は、原則として、毎年2月1日から3月末日までの間に提出されなければならない。

(奨学生の選定時期)

第3条 奨学生の選定は、5月末日までに行うものとし、追加選定する場合は、随時これを行う。

(令2教委規則8・一部改正)

(奨学生の選定の方法)

第4条 教育委員会は、第2条の定めるところにより提出された願書は、全てこれを奨学生選考委員会(以下「委員会」という。)の諮問に付する。

2 委員会は、前項の規定により諮問に付された願書について、別に委員会の諮問を経て教育委員会が定める奨学生選考基準に基づき審議を行い、奨学生となるべき者を教育委員会に答申するものとする。

3 教育委員会は、前項の委員会の答申に基づいて、奨学生を選定する。

(令2教委規則14・一部改正)

(奨学金の交付の休止又は廃止)

第5条 教育委員会は、条例第10条第2項第1号により奨学生から届出があったときは、条例第8条及び第9条の規定に基づき奨学金の交付の休止又は廃止の措置を行うものとする。

(委員会の委員の構成)

第6条 条例第5条の規定により教育委員会が委嘱する委員は、同条第2項各号毎に3名以内とする。

2 前項の委員は、委員に委嘱される理由となった役職又は資格を失ったときは、当然委員の職もまたこれを失うものとする。

3 補欠委員は、前任者の任期を引き継ぐものとする。

(委員会の招集)

第7条 委員会は、教育委員会が招集する。

(委員長及び副委員長)

第8条 委員会に委員長、副委員長各1名を置き、委員の互選とする。

2 委員長は、会議の議長となり、会務を処理する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(令2教委規則14・一部改正)

(委員会の会議)

第9条 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

(令2教委規則14・一部改正)

(委員会の会議の特例)

第9条の2 教育委員会は、緊急の必要があり会議を招集するいとまがないときその他やむを得ない理由があるときは、議事の概要を記載した書面を回付して委員の賛否を問い、委員会の会議に代えることができる。

2 第8条第2項及び前条の規定は、前項の場合について準用する。この場合において、同条中「出席」とあるのは、「署名」と読み替えるものとする。

(令2教委規則14・追加)

(選定通知書及び誓約書)

第10条 教育委員会が奨学生を選定したときは、奨学生選定通知書(別記第4号様式)により本人に通知するものとする。

2 奨学生に選定された者は、前項の通知書を受けた日から、10日以内に、保護者との連名をもって誓約書(別記第5号様式)を教育委員会に提出しなければならない。

(奨学金の休止又は廃止通知書)

第11条 教育委員会が奨学金の休止又は廃止の措置を行ったときは、奨学金休止、廃止通知書(別記第6号様式)により、本人に通知する。

(奨学金支給の時期)

第12条 奨学金は、3月毎に支給する。ただし、特別の事情があるときは、6月分を合わせて支給することができる。

2 支給期日及び支給場所は、教育委員会が指定する。

(奨学生原簿)

第13条 教育委員会は、奨学金の状況を明らかにするために、奨学金原簿(別記第7号様式)を備え付ける。

(学業成績表の提出)

第14条 条例第10条第1項の規定に基づく学年末学業成績表は、毎年3月末日までに提出しなければならない。ただし、教育委員会が、やむを得ない事情があると認めた場合は、期限の延長を認めることができる。

(届出の方法)

第15条 奨学生が、条例第10条第2項の規定に基づく届出をするときは、その事由の生じた日から10日以内に別記第8号様式から第13号様式までにより、保護者との連名をもって在学する又は在学した学校長を経由するものとする。ただし、本人が疾病又は死亡などのため届出することができないときは、保護者から届け出るものとする。

附 則

1 この規則は、昭和53年4月1日から施行する。

2 昭和53年度に限り、第2条第3項の期日は、「2月1日から3月末日」を「4月20日から5月15日」に、第3条の選定は「4月末日」を「5月末日」に読み替えるものとする。

附 則(昭和57年教委規則第2号)

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(平成元年教委規則第8号)

1 この規則は、平成元年11月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に交付されているこの規則による改正前の様式による許可書等は、この規則による改正後の様式による許可書等とみなす。

3 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の規則に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成4年教委規則第5号)

この規則は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成16年教委規則第4号)

この規則は、平成16年6月1日から施行する。

附 則(令和2年教委規則第8号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和2年教委規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

北広島市奨学金支給条例施行規則

昭和53年3月28日 教育委員会規則第5号

(令和2年10月7日施行)

体系情報
第12編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和53年3月28日 教育委員会規則第5号
昭和57年3月16日 教育委員会規則第2号
平成元年10月30日 教育委員会規則第8号
平成4年3月27日 教育委員会規則第5号
平成16年5月20日 教育委員会規則第4号
令和2年3月23日 教育委員会規則第8号
令和2年10月7日 教育委員会規則第14号