○北広島市生涯学習推進アドバイザーに関する規程

昭和51年3月18日

教委規程第4号

注 令和2年3月から改正経過を注記した。

(設置)

第1条 社会教育法(昭和24年法律第207号)第2条に規定する社会教育の振興を図るため、教育委員会に生涯学習推進アドバイザー(以下「アドバイザー」という。)を置く。

(令2教委訓令2・全改)

(職務)

第2条 アドバイザーは、おおむね次の事項について、その職務を行う。

(1) 青少年教育に関する指導、助言にあたること。

(2) 成人、高齢者教育に関する指導、助言にあたること。

(3) 家庭教育に関する指導、助言にあたること。

(4) 体育、レクリエーションに関する指導、助言にあたること。

(5) その他、教育長が特に指示する事項

(令2教委訓令2・一部改正)

(勤務)

第3条 アドバイザーは、週3日以上勤務することとする。

附 則

この規程は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(平成7年教委訓令第3号)

この規程は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(令和2年教委訓令第2号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

北広島市生涯学習推進アドバイザーに関する規程

昭和51年3月18日 教育委員会規程第4号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第12編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和51年3月18日 教育委員会規程第4号
平成7年3月28日 教育委員会訓令第3号
令和2年3月23日 教育委員会訓令第2号