○北広島市芸術文化ホール条例施行規則

平成10年3月30日

教委規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は、北広島市芸術文化ホール条例(平成9年北広島市条例第22号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 北広島市芸術文化ホール(以下「芸術文化ホール」という。)の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、教育委員会が必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 芸術文化ホールの休館日は、次のとおりとする。ただし、教育委員会が必要があると認めるときは、これを変更し、又は臨時に休館日を設けることができる。

(1) 月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときを除く。)

(2) 12月29日から翌年1月3日まで

(使用許可の申請)

第4条 条例第4条第1項の許可(以下「使用許可」という。)を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、使用許可申請書(別記第1号様式。以下「申請書」という。)を教育委員会に提出しなければならない。

2 申請書は、次の表の左欄に掲げる使用の区分に応じ、同表の右欄に定める日に受け付けるものとする。ただし、教育委員会が特に認めるときは、この限りでない。

ホール又はギャラリーを使用する場合

使用日(その日が2日以上にわたるときは、その初日。以下同じ。)の12月前(申請者が市民(条例別表備考6に規定する市民をいう。以下同じ。)以外の者である場合にあっては11月前)の日の属する月の初日(その日が前条に規定する休館日に当たるときは、その日の後において、その日に最も近い日で休館日でない日。以下同じ。)から使用日の15日前の日まで

ホールのステージのみを使用する場合

使用日の14日前の日から使用日の3日前の日まで

活動室1及び2を同時に使用する場合

使用日の6月前(申請者が市民以外の者である場合にあっては5月前)の日の属する月の初日から使用日まで

上記以外の使用の場合

使用日の3月前(申請者が市民以外の者である場合にあっては2月前)の日の属する月の初日から使用日まで

(使用許可書の交付等)

第5条 教育委員会は、使用許可をしたときは、申請者に対し使用許可書(別記第2号様式)を交付するものとする。

2 使用許可の順位は、申請の順序とする。ただし、複数の申請者から同時に使用日時の重複した申請が行われた場合は、抽選により使用許可の順位を決定するものとする。

3 使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、芸術文化ホールの使用の際に使用許可書を携帯し、係員の要求があったときは、これを掲示しなければならない。

(使用の制限)

第6条 芸術文化ホールの次の各号に掲げる施設は、引き続き当該各号に掲げる日以上使用することができない。ただし、教育委員会が特に認めるときは、この限りでない。

(1) ホール及び楽屋 5日

(2) ギャラリー 13日

(3) その他の施設 2日

2 芸術文化ホールの楽屋1、2及び3は、ホールを併せて使用する場合に限り、その使用をすることができる。ただし、教育委員会が特に認めるときは、この限りでない。

(使用の中止等)

第7条 使用者は、芸術文化ホールの使用を中止しようとするときは、使用取消申出・還付申請書(別記第3号様式)に使用許可書を添えて、速やかに教育委員会に提出しなければならない。

2 使用者は、使用許可を受けた事項を変更しようとするときは、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。この場合において、当該変更により既に納付した使用料に不足が生じるときは、これを納付しなければならない。

(使用料の後納)

第8条 条例第8条第2項ただし書の規定により使用料を後納しようとする者は、申請書にその旨を記載し、教育委員会の許可を受けなければならない。

2 使用料の後納の許可を受けた使用者が芸術文化ホールの使用を中止したとき(当該使用の中止が第11条第2項第1号に該当するときを除く。)は、当該後納の許可を受けた使用料の額(当該使用の中止が同項第2号に該当するときは、当該使用料の額から同号に掲げる額を減じた額)を納付しなければならない。

(附属設備の使用料)

第9条 条例別表備考7の規定により規則で定める附属設備の使用料は、別表のとおりとする。

(使用料の減免)

第10条 条例第9条の規定により使用料の減免を受けようとする者は、申請書にその旨を記載し、教育委員会の許可を受けなければならない。

2 条例第9条の規定による使用料の減免は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定めるところによる。

(1) 市が主催又は共催する事業に使用するとき 免除

(2) 市内の学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校(大学を除く。)が全市的行事に使用するとき 免除

(3) 使用者が次に掲げる者であるとき 免除

 ボランティア活動を行うことを目的とする団体であって当該活動が市の社会福祉の振興に重要な意義を有すると教育委員会が認めるもの

 次に掲げる者により構成される団体

(ア) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者

(イ) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者

(ウ) 都道府県知事又は地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の19第1項の指定都市の長から療育手帳の交付を受けている者

 社会福祉法(昭和26年法律第45号)第109条第1項に規定する市町村社会福祉協議会

(4) 使用者が次に掲げる者であるとき 5割減額

 次に掲げる者により構成される団体

(ア) 小学校就学の始期に達するまでの者

(イ) 小学校、中学校、義務教育学校、中等教育学校及び高等学校の児童若しくは生徒又はこれらに準ずる者

(ウ) 特別支援学校の小学部、中学部及び高等部の児童又は生徒

 構成員の2分の1以上が65歳以上の者である団体

 市内の社会教育法(昭和24年法律第207号)第10条に規定する社会教育関係団体

 自治会、町内会又はこれらの連合団体

 市内の特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)第2条第2項に規定する特定非営利活動法人

 市の学校教育の振興に寄与すると教育委員会が認める団体

(5) 前各号に定めるもののほか、教育委員会が特に認めたとき 教育委員会が決定した額

(使用料の還付)

第11条 条例第10条ただし書の規定により使用料の還付を受けようとする者は、使用取消申出・還付申請書にその旨を記載し、教育委員会の許可を受けなければならない。

2 条例第10条ただし書の規定により還付する使用料の額は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定めるところによる。

(1) 使用者の責に帰することのできない理由により使用不能となったとき 使用料の全額

(2) 次に掲げる施設の使用の中止をそれぞれ次に掲げる日までに申し出たとき 使用料の2分の1の額

 ホール又はギャラリー 使用日の3月前

 活動室1及び2(これらを同時に使用する場合に限る。) 使用日の1月前

 その他の施設 使用日の15日前

(3) 前号アからまでに掲げる施設の使用許可を受けた事項をそれぞれ同号アからまでに掲げる日までに変更した場合であって、当該変更により既に納付した使用料が超過するとき 当該超過した使用料の2分の1の額

(特別な設備等の許可申請)

第12条 条例第11条第1項の規定により特別な設備の設置又は特殊物件の搬入の許可を受けようとする者は、申請書にその旨を記載しなければならない。

(使用の打合せ等)

第13条 ホールの使用者は、使用日の7日前までに、施設、附属設備等の使用方法その他必要な事項について係員と打ち合せなければならない。

2 使用者は、芸術文化ホールを映画会、演劇会、音楽会その他これらに類する催物のために使用しようとする場合は、使用日の7日前までに、当該催物の内容を記載したプログラム等を教育委員会に提出しなければならない。

(販売行為等の禁止)

第14条 芸術文化ホールにおいては、物品の販売又は寄附金の募集その他これらに類する行為をしてはならない。ただし、教育委員会が特に認めるときは、この限りでない。

(遵守事項)

第15条 芸術文化ホールにおいては、条例に定めるもののほか、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 入場人員は、使用施設の収容定員を越えないこと。

(2) 施設内の清潔を保つこと。

(3) 所定の場所以外で火気の使用又は喫煙をしないこと。

(4) 施設又は附属設備を損傷し、又は滅失しないこと。

(5) 許可なく広告宣伝物等の掲示若しくは配布又は看板、立札等を設置しないこと。

(6) その他係員の指示に従うこと。

(委任)

第16条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

1 この規則は、平成10年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の日から平成10年9月30日までにおける第3条の適用については、同条第2号中「12月30日」とあるのは「4月1日から9月30日まで及び12月30日」とする。

附 則(平成11年教委規則第5号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成18年教委規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

3 この規則の施行の際現に第2条の規定による改正前の北広島市民交流センター条例施行規則の規定に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成19年教委規則第7号)

(施行期日)

1 この規則は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日前に次に掲げる規則(以下「旧規則」という。)の規定に基づき使用許可を受けた施設の使用の手続その他当該施設の使用に関する事項については、なお従前の例による。

(3) この規則第3条の規定による改正前の北広島市民交流センター条例施行規則

3 この規則の施行の際現に旧規則の規定に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成19年教委規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年教委規則第7号)

この規則は、平成21年1月1日から施行する。

附 則(平成22年教委規則第13号)

(施行期日)

1 この規則は、平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の第5条の規定により使用許可書の交付を受けている者は、この規則による改正後の第5条の規定により使用許可書の交付を受けた者とみなす。

附 則(平成26年教委規則第12号)

この規則は、平成26年8月1日から施行する。

附 則(平成28年教委規則第3号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

附属設備使用料

(使用料単位:円)

種別

品名

単位

使用料

摘要

舞台設備

演台

1式

600

花台、脇台を含む

国道市旗パネル

1式

100

 

所作台

1式

4,400

化粧框、開帳場を含む

松羽目

1式

700

 

金びょうぶ

1双

900

 

紗幕

1枚

300

 

地がすり

1式

700

 

ひ毛せん

1式

100

 

上敷ござ

1式

300

 

バレエ用シート

1式

600

 

長座布団・高座用座布団

1式

200

 

平台

1式

1,400

開き足、箱足、木台類を含む

オケ平台

1式

2,600

コーラス変形台

1式

400

 

コーラスベンチ

1式

700

 

指揮者台・譜面台

1式

200

 

演奏者譜面台

1式

600

 

譜面灯

1式

300

 

ピアノ(外国製)

1台

10,700

調律料は除く

ピアノ(日本製)

1台

6,900

演奏者用椅子

1式

1,400

チェロ椅子、コントラバス椅子を含む

スクリーン

1式

1,700

 

液晶プロジェクター

1式

600


16mm映写機

1式

1,300

リール、レンズ等を含む

スライド映写機

1式

1,100

レンズ、台車等を含む

オーバーヘッドプロジェクター

1台

400

 

照明設備

照明操作卓

1式

4,800

 

第1サスペンションライト

1式

3,000

ボーダーライト・1kWハロゲン

第2サスペンションライト

1式

3,000

ボーダーライト・1kWハロゲン

第3サスペンションライト

1式

2,400

1kWハロゲン

天井反射板サスペンションライト

1式

1,100

1kWハロゲン

アッパーホリゾントライト

1式

2,100

300wハロゲン

天井反射板ライト

1式

4,400

1kWハロゲン

フロントサイドライト

1式

1,300

1kWハロゲン

ロアーホリゾントライト

1式

800

300wハロゲン8灯用

正面ギャラリーライト

1式

500

100wハロゲン12灯用

プロセニアムライト

1式

400

1kWハロゲン

シーリングライト

1式

2,700

1kWハロゲン・1.5kWハロゲン

センターピンスポットライト

1式

3,000

2Kwクセノンピン

移動用照明器具

1式

3,000

レンズレス、カッタースポット、フットライト、ストリップライトを含む

効果機

1式

1,700

プロジェクタースポット、レンズ類を含む

音響設備

音響調整卓

1式

5,800

 

スピーカー(移動用)

1式

4,600

ステージスピーカー、移動型スピーカー

マイク

1式

1,700

マイクスタンドを含む

ワイヤレスマイク

1式

1,500

 

ワンポイントステレオマイク

1本

700

 

三点吊りマイク

1式

1,600

 

その他の備品

(ギャラリー)

 

 

 

絵画収蔵ラック

1式

700

 

行灯型ガラスケース

1式

700

 

覗きガラスケース

1式

1,300

 

展示用ステージ

1式

500

 

展示パネル

1式

3,300

 

(活動室1・2)

 

 

 

AV操作卓

1式

2,600

 

液晶プロジェクター

1式

600

 

ピアノ(日本製)

1台

2,500

調律料は除く

演台

1式

200

花台を含む

ポータブルステージ

1式

1,400

 

備考

1 この表に掲げる使用料の額は、1日1回当たりの額とする。

2 セットの使用料について、各セットに組み込まれた物件の一部を使用しない場合であっても、使用料の減額は行わない。

画像

画像

画像

北広島市芸術文化ホール条例施行規則

平成10年3月30日 教育委員会規則第10号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第12編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成10年3月30日 教育委員会規則第10号
平成11年3月29日 教育委員会規則第5号
平成18年3月30日 教育委員会規則第6号
平成19年9月28日 教育委員会規則第7号
平成19年9月28日 教育委員会規則第8号
平成20年12月15日 教育委員会規則第7号
平成22年3月30日 教育委員会規則第13号
平成26年7月11日 教育委員会規則第12号
平成28年3月8日 教育委員会規則第3号