○北広島市スポーツ及び青少年活動災害見舞金交付規程

昭和48年3月27日

教委規程第1号

第2条 体育団体の主催するスポーツ大会のうち、見舞金交付規則の適用を受けることができる事業の範囲は、参加する選手層が全市的視野からのものであり、社会体育振興上価値ある内容のものとする。

2 子ども会、スポーツ少年団活動のうち、見舞金交付規則の適用を受けることのできる事業の範囲は、次のとおりとする。

(1) 青少年団体及び青少年育成団体の組織活動促進に関する事業

(2) 青少年の指導育成及び資質の向上、技術付与に関する事業

(3) 青少年スポーツ振興、余暇利用に関する事業

(4) 青少年の研修並びに地域活動に関する事業

(5) 全市民あげての大会等で青少年が相当の役割を果たしている事業

第3条 傷害の場合の級別内容は、次による。

(1) 第1級

 独立行政法人日本スポーツ振興センターに関する省令(平成15年文部科学省令第51号。以下「省令」という。)別表第1級から第8級に該当する後遺症が予想される負傷

 治療3ケ月以上を要する負傷

(2) 第2級

 省令別表第9級から第14級に該当する後遺症が予想される負傷

 治療2ケ月以上を要する負傷

(3) 第3級 治療を要する負傷

第4条 傷害見舞金の交付基準は、別表のとおりとする。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和48年4月1日から適用する。

附 則(昭和63年教委規程第1号)

この規程は、昭和63年2月13日から施行する。

附 則(平成15年教委訓令第3号)

この規則は、平成15年10月15日から施行する。

別表(第4条関係)

1 死亡見舞金 100,000円

2 傷害見舞金

級別

省令の別表による等級区分又は治療程度による区分

見舞金額(円)

第1級

第1級から第3級までに該当する者

50,000

第4級から第6級までに該当する者

40,000

第7級及び第8級に該当する者

30,000

治療5ケ月以上を要する負傷

50,000

治療4ケ月以上を要する負傷

40,000

治療3ケ月以上を要する負傷

30,000

第2級

第9級及び第10級に該当する者

30,000

第11級及び第12級に該当する者

25,000

第13級及び第14級に該当する者

20,000

治療2ケ月以上を要する負傷

20,000

第3級

治療1ケ月以上を要する負傷

10,000

15日以上30日未満の治療を要する負傷

8,000

7日以上15日未満の治療を要する負傷

6,000

6日以内の治療を要する負傷

2,000

注 治療による見舞金交付後において、省令別表による後遺症が生じた場合には、当該等級に相当する見舞金とのいずれか高い方の金額とする。

北広島市スポーツ及び青少年活動災害見舞金交付規程

昭和48年3月27日 教育委員会規程第1号

(平成15年10月15日施行)

体系情報
第12編 育/第4章 社会体育
沿革情報
昭和48年3月27日 教育委員会規程第1号
昭和63年2月12日 教育委員会規程第1号
平成15年10月15日 教育委員会訓令第3号