○北広島市路線バス乗降補助ステップ設置事業補助要綱

平成14年3月29日

市長決裁

(目的)

第1条 この要綱は、路線バスの乗降補助ステップ設置事業に対し、国及び北海道と協調して補助を行うことにより、バス利用の安全性及び利便性の向上を図り、もって公共の福祉に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 乗降補助ステップ バス乗降口第1ステップの下部に設置する追加ステップをいう。

(2) 路線バス事業者 道路運送法(昭和26年法律第183号)第3条第1号イに規定する一般乗合旅客自動車運送事業を経営する者をいう。

(補助対象事業)

第3条 補助金の交付対象となる事業は、路線バスに乗降補助ステップを設置する事業とする。

(補助対象者)

第4条 補助対象者は、路線バス事業者とする。

(補助対象経費)

第5条 補助金の交付の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、主として市内を運行する路線バスへの乗降補助ステップの設置に要する経費とする。

(補助金の額)

第6条 補助金の額は、前条に規定する補助対象経費の10分の1以内の額とする。

(補助金の交付)

第7条 補助金の交付、決定等に関しては、北広島市補助金等交付規則(昭和61年広島町規則第10号)の規定するところによる。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、企画部長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成14年4月1日から施行する。

北広島市路線バス乗降補助ステップ設置事業補助要綱

平成14年3月29日 市長決裁

(平成14年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第5章 市民生活/第5節 その他
沿革情報
平成14年3月29日 市長決裁