○北広島市イメージマスコットの制定及び使用に関する要綱

平成16年2月19日

市長決裁

(趣旨)

第1条 この要綱は、「緑のなかによう精がむまち」を標ぼうする本市のイメージを高め、市内外で展開される意欲的な地域づくり事業を支援するため北広島市イメージマスコット「エルフィン」(以下「イメージマスコット」という。)を制定し、その使用について必要な事項を定める。

(イメージマスコットの図柄)

第2条 イメージマスコットの図柄は、別図のとおりとする。

(イメージマスコットに関する権利)

第3条 イメージマスコットに関する一切の権利は、北広島市に属する。

(使用の承諾)

第4条 イメージマスコットを使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ市長に対し、北広島市イメージマスコット使用申請書(別記第1号様式)を提出し、その承諾を得なければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。

(1) 市がその業務のために使用するとき。

(2) 市が構成員である実行委員会その他のものが実施する事業に使用するとき。

(3) 北広島商工会及び北広島市観光協会が市の承諾を受けて実施する事業に使用するとき。

(4) 報道関係機関が報道目的に使用するとき。

(平29.3.14・一部改正)

(使用の制限)

第5条 市長は、前条に規定する申請の内容が次の各号のいずれかに該当するときは、その使用を承諾しない。ただし、特に認める場合は、この限りでない。

(1) 個人又は団体が営利のため又は自己を標示するために利用しようとする場合

(2) 市の品位を傷つけ、又は制定の趣旨の妨げになるおそれのある場合

(3) 第7条に規定する事項に従わない使用と認められる場合

(申請者への通知)

第6条 市長は、イメージマスコットの使用を承諾したときは、北広島市イメージマスコット使用承諾書(別記第2号様式)により申請者に通知し、使用を承諾しなかったときは、その理由を明記した書面をもって申請者に通知する。

(使用上の留意事項)

第7条 使用の承諾を受けた者(以下「使用者」という。)は、イメージマスコットの使用に当たっては、次の事項を遵守しなければならない。

(1) イメージマスコットの図柄、色及び愛称を無断で変更しないこと。

(2) イメージマスコットのイメージを損なうような使用をしないこと。

(申請内容の変更)

第8条 使用者は、申請内容に変更が生じた場合は、速やかに、市長に北広島市イメージマスコット使用内容変更申請書(別記第3号様式)を提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請があったときは、内容を審査し、変更を認めたときは、北広島市イメージマスコット使用内容変更承諾書(別記第4号様式)により使用者に通知し、変更を認めなかったときは、その理由を明記した書面をもって使用者に通知する。

(使用の報告)

第9条 使用者は、イメージマスコットの使用を終了したときは、速やかに、北広島市イメージマスコット使用報告書(別記第5号様式)により市長に報告しなければならない。

(使用承諾の取消)

第10条 市長は、イメージマスコットの使用開始後において、第5条各号に該当すると認めたときは、使用者に対し、使用の承諾を取り消し、使用の中止を命じることができる。

(事務処理)

第11条 イメージマスコットに関する事務は、企画財政部政策広報課において行う。

(平29.3.14・一部改正)

(委任)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は企画財政部長がその都度定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年3月30日)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年11月10日)

この要綱は、平成20年11月10日から施行する。

附 則(平成27年3月31日)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月29日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月14日)

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

別図(第2条関係)

画像

備考 色付きの場合については、帽子は黄色とし、顔及び手は薄だいだい色、胴体はだいだい色とし、羽は黄緑とし、手に持っているスティックのハートマークは赤色とする。

画像

画像

画像

画像

画像

北広島市イメージマスコットの制定及び使用に関する要綱

平成16年2月19日 市長決裁

(平成29年4月1日施行)