○北広島市不当要求行為対策規程

平成16年6月1日

訓令第7号

注 平成29年3月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この訓令は、本市の事務事業及び職員に対する不当要求行為を未然に防止するとともに、不当要求行為に対する市としての統一的な対応方針等を定めることにより、事務事業の円滑かつ適正な執行と職員の安全を確保することを目的とする。

(定義)

第2条 この訓令において「不当要求行為」とは、次に掲げるものをいう。

(1) 暴力、脅迫、強要又はこれに類する手段により、自己若しくは第三者に対しての有利な取扱い又は金品を要求する行為

(2) 拒否しているにもかかわらず、不必要な書籍、機関紙等の購読を要求し、又は購読の意思がないにもかかわらず、それらを本市又は職員に送付する行為

(3) 前2号に掲げるもののほか、威力又は偽計をもって適正かつ公正な事務事業の執行を妨げようとする行為

(職員の責務)

第3条 職員は、法令を遵守し、常に公共の利益の増進を目指して公平かつ公正な職務の遂行に当たらなければならない。

2 職員は、不当要求行為を受けたときは、これを拒否しなければならない。

(不当要求行為対策会議)

第4条 不当要求行為の対策を統括するため、不当要求行為対策会議(以下「対策会議」という。)を置く。

2 対策会議は、副市長、教育長、北広島市事務分掌規則(平成12年北広島市規則第20号)第4条第1項第1号に規定する部及び同項第2号に規定する会計室の長並びに水道部長、教育部長、消防長、議会事務局長、選挙管理委員会事務局長、農業委員会事務局長並びに監査委員事務局長をもって構成する。

(平29訓令5・平31訓令1・一部改正)

(所掌事務)

第5条 対策会議の所掌事務は、次のとおりとする。

(1) 不当要求行為に関する情報交換及び各部局間の連絡調整に関すること。

(2) 不当要求行為に関する対応方針の策定に関すること。

(3) 不当要求行為個別事案の対応策に関すること。

(4) その他目的達成に必要な事項に関すること。

(対策会議の運営)

第6条 対策会議に座長及び座長代理を置く。

2 座長には副市長を、座長代理には教育長をもって充てる。

3 座長は、対策会議を代表し、会務を総理する。

4 座長代理は、座長を補佐し、座長に事故があるとき、又は座長が欠けたときは、その職務を代理する。

5 対策会議は、必要に応じて座長が招集する。

6 座長は、必要があると認めるときは、職員又は関係機関の者の出席を求め、意見を聴くことができる。

7 座長は、対策会議の結果を市長に報告しなければならない。

8 対策会議の庶務は、総務部総務課において行う。

(不当要求行為発生時の措置)

第7条 職員は、不当要求行為を受けたとき、又はその事実を知ったときは、直ちに所属長に報告しなければならない。

2 所属長は、前項の報告を受けたとき、又は不当要求行為が発生している事実を知ったときは、所属部等の長に報告の上、直ちに警察への通報等必要な措置を講ずるとともに、不当要求行為発生報告書(別記様式)により総務課長に報告しなければならない。

(委任)

第8条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、総務部長が定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年訓令第14号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年訓令第17号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年訓令第3号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令第3号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年訓令第3号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成29年訓令第5号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成31年訓令第1号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

画像

北広島市不当要求行為対策規程

平成16年6月1日 訓令第7号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成16年6月1日 訓令第7号
平成17年5月9日 訓令第14号
平成17年10月12日 訓令第17号
平成18年3月30日 訓令第3号
平成19年3月28日 訓令第3号
平成22年3月30日 訓令第3号
平成29年3月29日 訓令第5号
平成31年3月27日 訓令第1号