○北広島市高齢者等紙おむつ助成事業実施要綱

平成18年3月29日

市長決裁

注 令和3年3月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この要綱は、在宅で寝たきりの高齢者及び重度身体障害者(以下「高齢者等」という。)に対し紙おむつの購入に必要な費用(以下「紙おむつ購入費」という。)の一部を助成することにより、高齢者等が健全で安らかな生活を営むことができるよう支援するとともに、家族の負担の軽減を図ることを目的とする。

(助成対象者)

第2条 この要綱により紙おむつ購入費の助成を受けることができる者は、市内に居住する常時紙おむつを使用している者であって、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 65歳以上の寝たきり高齢者又は重度の認知症高齢者

(2) 3歳以上の者であって、次のいずれかに該当するもの

 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けた者であって、身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号に掲げる1級又は2級に該当する者

 知的障害者福祉法(昭和35年法律第37号)第12条第1項に規定する知的障害者更生相談所において知的障害者と判定され、療育手帳の交付を受けている者であって、当該判定がAであるもの

(3) 前2号に掲げるもののほか市長が特に認めた者

(令3.3.26・一部改正)

(助成額)

第3条 紙おむつ購入費の助成額は、次の各号に掲げる世帯の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 市民税非課税世帯 一の年度につき60,000円(年度の途中において次条第2項の規定による助成の決定を受けた場合にあっては、5,000円に当該決定を受けた日の属する月から3月までの月数を乗じて得た額)

(2) 市民税課税世帯 一の年度につき30,000円(年度の途中において次条第2項の規定による助成の決定を受けた場合にあっては、2,500円に当該決定を受けた日の属する月から3月までの月数を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り上げた額))

(助成の申請等)

第4条 紙おむつ購入費の助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、北広島市紙おむつ購入助成券申請書(別記第1号様式)に必要な書類を添えて、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書の提出があったときは、助成の可否を決定し、その結果を北広島市紙おむつ購入助成券承認(不承認)通知書(別記第2号様式)により申請者に通知するものとする。

(令3.3.26・一部改正)

(助成券の交付等)

第5条 紙おむつ購入費の助成は、第3条の規定による助成額について、北広島市紙おむつ購入助成券(別記第3号様式。以下「助成券」という。)を交付することにより行うものとする。

2 市長は、前条第2項の規定による助成の決定をしたときは、申請者に対し助成券を交付するとともに、北広島市紙おむつ購入助成券交付台帳(別記第4号様式)にその旨登載するものとする。

3 助成券は、市が指定する市内の事業者(以下「指定事業者」という。)から紙おむつを購入するときに利用することができる。

4 助成券を使用することができる期限(以下「有効期限」という。)は、助成券の交付を受けた日の属する年度の末日までとする。

5 助成券は、原則として再交付しないものとする。

(助成券の利用方法)

第6条 前条第2項の規定により助成券の交付を受けた者(以下「利用者」という。)は、助成券を利用しようとするときは、指定事業者に対し助成券を提出し、紙おむつ購入費から当該助成券の額を控除した金額を指定事業者に支払うものとする。

(助成券の返還)

第7条 利用者は、次の各号のいずれかに該当するときは、直ちに助成券を市長に返還しなければならない。

(1) 利用者が助成券を使用しなくなったとき。

(2) 利用者が第2条各号に掲げる者に該当しなくなったとき。

(3) 助成券の有効期限が経過したとき。

(助成金の返還)

第8条 市長は、偽りその他不正の行為により紙おむつ購入費の助成を受けた者があるときは、その者から当該助成を受けた金額の全部又は一部を返還させることができる。

(実施主体等)

第9条 この事業の実施主体は、市とする。

2 市長は、事業の運営を適切な事業運営が確保できると認められる社会福祉法人等に委託することができる。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、保健福祉部長が定める。

附 則

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月31日)

(施行期日)

1 この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱による改正後の第3条の規定は、この要綱の施行の日以後の紙おむつ購入費の助成について適用し、同日前の紙おむつ購入費の助成については、なお従前の例による。

附 則(平成28年3月30日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月26日)

この要綱は、令和3年4月1日から施行する。

(令3.3.26・全改)

画像

画像

画像

画像

北広島市高齢者等紙おむつ助成事業実施要綱

平成18年3月29日 市長決裁

(令和3年4月1日施行)