○北広島市学童クラブ条例

平成19年12月20日

条例第30号

注 平成30年12月から改正経過を注記した。

(設置)

第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第6条の3第2項に規定する放課後児童健全育成事業を実施するため、北広島市学童クラブ(以下「学童クラブ」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 学童クラブの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

北広島学童クラブ

北広島市泉町1丁目1番地

大曲学童クラブ

北広島市大曲柏葉2丁目14番地6

西の里学童クラブ

北広島市西の里南1丁目2番地4

西の里第三学童クラブ

北広島市西の里南1丁目1番地18

東部学童クラブ

北広島市中央4丁目4番地

広葉学童クラブ

北広島市広葉町3丁目1番地

大曲東学童クラブ

北広島市大曲光2丁目8番地

大曲東第二学童クラブ

北の台学童クラブ

北広島市共栄町4丁目2番地5

北の台第二学童クラブ

北広島市共栄町4丁目17番地8

西部学童クラブ

北広島市輪厚中央1丁目10番地2

西部第二学童クラブ

北広島市輪厚中央1丁目12番地1

(平30条例27・一部改正)

(開所時間等)

第3条 学童クラブの開所時間及び休所日は、規則で定める。

(入所者)

第4条 学童クラブに入所できる者は、次に掲げる者とする。

(1) 市内に住所を有し、かつ、小学校に就学している児童であって、その保護者(法第6条に規定する保護者をいう。以下同じ。)の労働、疾病等の事由により昼間にその家庭において監護を受けることができないもの

(2) その他市長が特に必要と認める児童

(入所の許可)

第5条 学童クラブに入所させようとする児童の保護者は、あらかじめ市長の許可(以下「入所許可」という。)を受けなければならない。

(入所の不許可)

第6条 市長は、児童が次の各号のいずれかに該当するときは、入所許可をしない。

(1) 感染症(市長が認めるものを除く。)にかかり、又はその疑いがあるとき。

(2) 悪癖等により他の児童に危険を及ぼすと認められるとき。

(3) その他学童クラブの管理運営上支障があるとき。

(学童保育料)

第7条 学童クラブの使用料(以下「学童保育料」という。)は、1人につき月額4,500円とする。ただし、同一の世帯から2人以上の児童が入所している場合における当該児童のうち最も先に入所した児童以外の児童の学童保育料は、1人につき月額3,000円とする。

2 月の途中において児童が入所又は退所した場合であって、当該月における当該児童の学童クラブの在籍日数が18日未満であるときは、当該児童の学童保育料に2分の1を乗じて得た額を当該月の学童保育料とする。

3 前2項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認めるときは、学童保育料の額を日割計算によって算定することができる。

4 学童保育料は、市長の指定する期日までにその月分を納付しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(令3条例7・一部改正)

(学童保育料の減免)

第8条 市長が特に必要があると認めるときは、学童保育料を減免することができる。

(学童保育料の還付)

第9条 既に納付した学童保育料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(入所許可の取消し)

第10条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、入所許可を取り消すことができる。

(1) 保護者から退所の申出があったとき。

(2) 第4条各号に掲げる者に該当しなくなったとき。

(3) 第6条各号のいずれかに該当したとき。

(4) 偽りその他不正な手段により入所許可を受けたとき。

(5) 正当な理由がなく1月以上欠席したとき。

(6) 正当な理由がなく学童保育料を3月以上滞納したとき。

(損害賠償)

第11条 学童クラブの施設又は附属設備を損傷し、又は滅失した者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がその損害を賠償することが適当でないと認めるときは、この限りでない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則 抄

(施行期日)

1 この条例は、平成21年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 平成21年度の入所許可等の手続は、この条例の施行前においても行うことができる。

(北広島市こども館条例の廃止)

4 北広島市こども館条例(昭和59年広島町条例第10号)は、廃止する。

附 則(平成22年条例第25号)

(施行期日)

1 この条例は、平成22年11月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 入所許可等の手続その他北の台第二学童クラブを供用するために必要な準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

附 則(平成23年条例第7号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年条例第19号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年条例第45号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 入所許可等の手続その他西の里第二学童クラブを供用するために必要な準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

附 則(平成26年条例第48号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 入所許可等の手続その他西部第二学童クラブを供用するために必要な準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

(経過措置)

3 平成27年度及び平成28年度に限り、改正後の第4条第1号の規定の適用については、同号中「児童」とあるのは、平成27年度にあっては「第1学年から第4学年までの児童」と、平成28年度にあっては「第1学年から第5学年までの児童」とする。

附 則(平成28年条例第37号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 入所許可等の手続その他西の里第三学童クラブを供用するために必要な準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

附 則(平成30年条例第27号)

この条例は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和3年条例第7号)

この条例は、令和3年4月1日から施行する。

北広島市学童クラブ条例

平成19年12月20日 条例第30号

(令和3年4月1日施行)