○北広島市私立幼稚園就園準備金助成要綱

平成20年3月31日

市長決裁

注 平成30年3月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この要綱は、私立幼稚園が実施する子育て支援事業への参加に要する費用の一部を助成することに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「私立幼稚園」とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)第4条の規定に基づき北海道知事の許可を受けて設置されている私立の幼稚園をいう。

2 この要綱において「子育て支援事業」とは、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第21条の9に規定する子育て支援事業をいう。

(助成対象者)

第3条 この要綱による助成を受けることができる者(以下「助成対象者」という。)は、助成を受ける年度の4月1日において2歳である子の保護者であって、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 当該保護者が市内に住所を有していること。

(2) 私立幼稚園が2歳児を対象として実施する子育て支援事業(以下「助成対象事業」という。)に当該子が参加していること。

(助成の金額)

第4条 この要綱により助成する金額は、4月から9月まで及び10月から翌年3月までの6か月ごとの期間における助成対象事業の参加に要する費用の額に3分の1を乗じて得た額(その額に100円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額)とする。この場合において、1月における当該助成対象事業の参加に要する費用の額が9,000円を超えるときは、当該額を9,000円として算定する。

(助成の申請)

第5条 この要綱による助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、幼稚園就園準備金支給申請書(別記第1号様式)に子育て支援事業利用証明書(別記第2号様式)その他私立幼稚園が交付する助成対象事業に参加したことを証する書面を添えて、市長に申請しなければならない。

2 前項の申請は、4月から9月までの助成対象事業の参加に係るものにあっては9月中に、10月から翌年3月までの助成対象事業の参加に係るものにあっては3月中に行わなければならない。

(助成の決定等)

第6条 市長は、前条の申請に基づき助成を決定したときは、幼稚園就園準備金助成決定通知書(別記第3号様式)により申請者に通知するものとする。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、子育て支援部長が定める。

(平30.3.28・一部改正)

附 則

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日)

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月28日)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

北広島市私立幼稚園就園準備金助成要綱

平成20年3月31日 市長決裁

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成20年3月31日 市長決裁
平成21年3月31日 種別なし
平成30年3月28日 種別なし