○北広島市選挙人名簿及び在外選挙人名簿の抄本の閲覧に関する事務取扱要綱

平成20年2月20日

選管委員長決裁

(趣旨)

第1条 この要綱は、北広島市選挙事務取扱規程(昭和62年広島町選挙管理委員会規程第1号)第14条(第17条の7において準用する場合を含む。)の規定に基づき、公職選挙法(昭和25年法律第100号。以下「法」という。)第28条の2及び第28条の3(法第30条の12において準用する場合を含む。)に規定する選挙人名簿及び在外選挙人名簿(以下「選挙人名簿等」という。)の抄本の閲覧(以下「閲覧」という。)に係る事務処理に関し必要な事項を定めるものとする。

(登録の確認を目的とした閲覧の申出)

第2条 閲覧の申出をする者(以下「申出者」という。)は、法第28条の2第1項に規定する登録の確認を目的として閲覧する場合は、北広島市選挙管理委員会(以下「委員会」という。)に選挙人名簿抄本閲覧申出書(登録の確認)(別記第1号様式)を提出しなければならない。

(政治活動を目的とした閲覧の申出)

第3条 申出者は、法第28条の2第1項に規定する政治活動(選挙運動を含む。)を目的として閲覧する場合は、委員会に選挙人名簿抄本閲覧申出書(政治活動)(別記第2号様式)を提出しなければならない。

2 公職の候補者となろうとする申出者(公職にある者を除く。)が公職選挙法施行規則(昭和25年総理府令第13号。以下「規則」という。)第3条の2第2項第1号の規定により、申出書に添付する資料は、次の各号に掲げるいずれかのものとする。この場合において、閲覧の申出ができるのは、当該申出者の公職に係る選挙区に関する部分に限るものとする。

(1) 団体等による候補者選考会又は推薦会における推薦決定を示すもの

(2) 政党等による公認決定を示すもの

(3) 政治活動用看板の証票の交付が確認できるもの

(4) 申出者を後援する政治団体の設立が確認できるもの

(5) その他委員会が適当と認めるもの

3 政党その他の政治団体である申出者が規則第3条の2第2項第2号ロの規定により、申出書に添付する資料は、次の各号に掲げるいずれかのものとする。

(1) 政治資金規正法(昭和23年法律第194号。以下「規正法」という。)第12条の規定による収支報告書の写し

(2) 規正法第9条の規定による会計帳簿の写し

(3) その他委員会が適当と認めるもの

(政治又は選挙に関する調査研究を目的とした閲覧の申出)

第4条 申出者は、法第28条の3第1項に規定する政治又は選挙に関する調査研究を目的として閲覧しようとする場合は、委員会に選挙人名簿抄本閲覧申出書(調査研究)(別記第3号様式)を提出しなければならない。

2 申出者が規則第3条の3第2項の規定により、申出書に添付する書類は、次に掲げるものとする。

(1) 調査企画書その他調査の目的、方法、対象者、項目等の概要を示すもの

(2) 調査結果の公表の実績又は計画を示すもの

(3) その他委員会が適当と認めるもの

(閲覧させる選挙人名簿等の抄本)

第5条 閲覧させる選挙人名簿等の抄本には、次に掲げる者であって市長が支援の必要があると認めたもの(以下「DV法等の支援対象者」という。)を記載しない。

(1) 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(平成13年法律第31号)第1条第2項に規定する被害者であって生命又は身体に危害を受けるおそれがあるもの

(2) ストーカー行為等の規制等に関する法律(平成12年法律第81号)第6条に規定するストーカー行為等の被害者であって反復してつきまとい等(同法第2条第1項に規定するつきまとい等をいう。)をされるおそれがあるもの

2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合に該当するときは、DV法等の支援対象者を記載した選挙人名簿等の抄本を閲覧させることができる。

(1) 申出者がDV法等の支援対象者である場合であって当該申出者が選挙人名簿等に登録されているかどうかを確認するために閲覧を申し出たとき。

(2) DV法等の支援対象者を記載した選挙人名簿等の抄本の閲覧を申し出た場合(前号に掲げる場合を除く。)であって当該閲覧をする特別の理由があると委員会が認めるとき。

3 委員会は、前項第2号に掲げる場合に該当することにより閲覧をさせるときは、申出者に対し、当該閲覧をする特別の理由を明示させるとともに、当該閲覧により知り得た事項を慎重に取り扱う旨の誓約書を提出させるものとする。

(平29.2.6・一部改正)

(閲覧者の確認)

第6条 委員会が規則第3条の2第4項第2号(在外選挙執行規則(平成11年自治省令第2号)第2条の2第1項において準用する場合を含む。)の規定により閲覧者が本人であることを確認するために照会する文書及び回答書は、別記第4号様式によるものとする。また、委員会が適当と認める書類は、本人であることが確認できる書類とする。

(閲覧の方法等)

第7条 閲覧者は、閲覧に当たっては、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 閲覧は、委員会事務局職員の立会いのもとで、委員会が指定した時間及び場所において行うものとする。

(2) 閲覧の範囲は、委員会が必要と認め、許可した区域及び事項に限るものとする。

(3) 閲覧の方法は、読取り又は筆記による転記に限るものとし、機器による複写若しくは撮影又は録音をしてはならない。

(4) 選挙人名簿等の抄本を破損し、汚損し、又は加筆してはならない。

(5) 選挙人名簿等の抄本を指定された閲覧場所以外へ持ち出してはならない。

(6) その他委員会の指示に従うこと。

(閲覧事項の確認)

第8条 委員会は、閲覧者が閲覧した事項が委員会の許可した閲覧の範囲であることを確認するものとする。

(閲覧の中止及び委員会の措置)

第9条 委員会は、閲覧者がこの要綱の定めに違反し、又は委員会の指示に従わない場合には、直ちに閲覧を中止させ、閲覧によって作成した資料のすべてについて返還を求めることができる。

(閲覧の拒否)

第10条 法第28条の2第3項及び第28条の3第3項に規定する閲覧を拒むに足りる相当な理由とは、次の場合をいう。

(1) 多数の者が同時期に申請したことにより閲覧が競合するとき。

(2) 委員会の事務に支障があるとき。

(3) 申請者が委員会の指示に従わないとき。

(4) その他委員会が相当な理由があると認めるとき。

(委任)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、委員会が別に定める。

附 則

この要綱は、平成20年2月20日から施行する。

附 則(平成21年5月29日)

この要綱は、平成21年6月1日から施行する。

附 則(平成25年12月24日)

この要綱は、平成26年1月3日から施行する。

附 則(平成29年2月6日)

この要綱は、平成29年2月6日から施行する。ただし、第2条の規定は、同年6月14日から施行する。

画像画像

画像画像

画像画像

画像

北広島市選挙人名簿及び在外選挙人名簿の抄本の閲覧に関する事務取扱要綱

平成20年2月20日 選挙管理委員会委員長決裁

(平成29年6月14日施行)