○北広島市ロゴマークの制定及び使用に関する要綱

平成26年3月28日

市長決裁

(趣旨)

第1条 この要綱は、本市の魅力あふれる都市イメージを高め、市内外で展開されるシティセールスを支援するため、北広島市のシンボルマーク及びキャッチコピー並びにこれらを組み合わせたロゴマーク(以下「ロゴマーク」という。)を制定するとともに、その使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(ロゴマークの意匠)

第2条 北広島市のロゴマークの意匠は、別図の北広島市ロゴマーク意匠マニュアル(以下「マニュアル」という。)のとおりとする。

(ロゴマークに関する権利)

第3条 ロゴマークに関する一切の権利は、北広島市に属する。

(使用承認)

第4条 ロゴマークを使用しようとする者は、あらかじめ市長に対し、北広島市ロゴマーク使用(使用変更)申請書(別記第1号様式)にロゴマークを使用して作成又は製造する物件等(以下「使用物件等」という。)のデザインが分かる書面を添付して提出し、その承認を受けなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。

(1) 市がその業務のために使用するとき。

(2) 市が構成員である実行委員会その他のものが実施する事業に使用するとき。

(3) 北広島商工会及び北広島市観光協会が市の承諾を受けて実施する事業に使用するとき。

(4) 報道関係機関が報道目的に使用するとき。

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の承認(以下「使用承認」という。)に関し使用条件を付すことができる。

3 市長は、第1項の規定に基づく申請書の提出があったときは、当該申請をした者に対し、使用承認をした場合にあっては北広島市ロゴマーク使用(使用変更)承認通知書(別記第2号様式)、使用承認をしなかった場合にあっては北広島市ロゴマーク使用(使用変更)不承認通知書(別記第3号様式)により通知するものとする。

4 前3項の規定は、使用承認を受けたもの(以下「使用者」という。)が、当該使用承認された内容を変更しようとする場合に準用する。

(使用の制限)

第5条 市長は、前条第1項(同条第4項の規定に基づき準用する場合を含む。以下同じ。)の規定に基づく申請(以下「申請」という。)の内容が次の各号のいずれかに該当するときは、使用承認をしない。ただし、特に認める場合は、この限りでない。

(1) 市の信用若しくは品位を害し、又は害するおそれのあるもの

(2) 法令若しくは公序良俗に反し、又は反するおそれのあるもの

(3) 不当な利益を得るために利用されるおそれのあるもの

(4) 特定の個人、政党若しくは宗教団体を支援し、若しくは公認しているような誤解を与え、又は与えるおそれのあるもの

(5) その他ロゴマークを使用することが適当でないと認めるもの

(使用承認期間)

第6条 使用承認をする期間は、当該使用承認をした日から起算して1年を経過する日以後の最初の3月31日までを限度として、市長がその都度定める。

2 使用者は、前項の期間の終了後、再度ロゴマークを使用しようとするときは、新たに使用承認を受けなければならない。

(使用料)

第7条 ロゴマークの使用料は、無料とする。

(使用物件等の完成の報告)

第8条 使用者は、使用物件等が完成したときは、速やかに北広島市ロゴマーク使用物件等報告書(別記第4号様式)を提出しなければならない。

2 前項の報告書を提出するときは、完成した使用物件等を提出しなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当すると市長が認めるときは、この限りでない。

(1) 使用物件等の提出が困難であるとき。

(2) ロゴマークを紙に刷り込みする場合等完成した使用物件等の確認が容易であるとき。

(遵守事項)

第9条 使用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 使用承認を受けた内容にのみ使用すること。

(2) 第4条第2項の規定に基づき市長が付した使用条件に従うこと。

(3) 使用承認を受けたことによって生じる権利を他に譲渡し、又は転貸しないこと。

(4) ロゴマークはマニュアルに基づき使用し、改変等をしないこと。

(5) 商標法(昭和34年法律第127号)による商標登録、意匠法(昭和34年法律第125号)による意匠登録等、ロゴマークに関する自己の権利を新たに設定し、又は登録しないこと。

(6) 第5条各号に掲げる事項に該当しないこと。

(使用承認に係る報告等)

第10条 市長は、必要があると認めたときは、使用者に対し、使用承認を受けた事項に係る報告を求め、若しくは調査を行い、又は指示を行うことができる。

(使用承認の取消し)

第11条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、使用承認を取り消すことができる。

(1) この要綱に違反したとき、又は違反することが判明したとき。

(2) 申請に虚偽又は不正があったとき。

(3) 正当な理由がなく、前条に規定する報告若しくは調査を拒み、又は指示に従わなかったとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、ロゴマークを使用することが不適当であるとき。

2 市長は、前項の規定に基づき使用承認を取り消したときは、当該使用承認を取り消された者に対し、北広島市ロゴマーク使用承認取消通知書(別記第5号様式)により通知するものとする。

3 第1項の規定に基づき使用承認を取り消された者は、前項の通知があった日以後においては、当該取り消された使用承認に係る使用物件等を使用してはならない。

4 市長は、第1項の規定に基づき使用承認を取り消したときは、当該使用承認を取り消された者に対し、当該取り消された使用承認に係る使用物件等の回収を求めることができる。

(責任の制限)

第12条 前条第1項の規定により使用承認を取り消した場合において、当該使用承認を取り消された者に損害が生じても、市はその責めを負わない。

2 使用者が、ロゴマークの使用によって第三者に対して損害又は損失を与えた場合においても、市は損害賠償、損失補償その他の法律上の責任を負わない。

(委任)

第13条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、企画財政部長が定める。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

北広島市ロゴマークの制定及び使用に関する要綱

平成26年3月28日 市長決裁

(平成27年4月1日施行)