○北広島市資源ごみ等持ち去り防止に関する条例施行規則

平成26年8月21日

規則第24号

(趣旨)

第1条 この規則は、北広島市資源ごみ等持ち去り防止に関する条例(平成26年北広島市条例第2号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において使用する用語は、条例において使用する用語の例による。

(許可の基準)

第3条 条例第3条第1項ただし書の許可の基準は、次に掲げるとおりとする。

(1) ごみステーションの管理を行う集団資源回収登録団体であること。

(2) 資源ごみ等を集団資源回収のためにごみステーションから収集し、又は運搬することについて集団資源回収登録団体の総会で議決していること。

(3) 第9条の規定により許可を取り消された集団資源回収登録団体にあっては、その取消しの日から起算して1年を経過していること。

(許可の申請)

第4条 条例第3条第1項ただし書の許可を受けようとする者は、収集運搬許可申請書(別記第1号様式)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 資源ごみ等を集団資源回収のためにごみステーションから収集し、又は運搬することについて集団資源回収登録団体の総会で議決したことを証する書類

(2) その他市長が必要と認める書類

2 前項の規定にかかわらず、やむを得ない事情により同項の書類を添付することができないときは、市長が別に定める書類をもって同項の書類に代えることができる。

(許可の決定等)

第5条 市長は、前条第1項の規定による許可の申請があったときは、その内容を審査し、許可の可否を決定するものとする。

2 市長は、前項の規定により許可の決定をしたときは、当該許可の申請をした者に対し、収集運搬許可証(別記第2号様式)を交付するものとする。

(許可証の有効期間)

第6条 前条第2項の許可証の有効期間は、同条第1項の規定による許可の決定があった日から起算して1年とする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、当該有効期間を延長し、又は短縮することができる。

(遵守事項)

第7条 第5条第1項の規定による許可の決定を受けた者(以下「許可団体」という。)は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 許可団体の構成員自らが資源ごみ等を収集し、又は運搬すること。

(2) 資源ごみ等が排出されてから市が収集するまでの間において、当該資源ごみ等を収集し、又は運搬すること。

(3) 資源ごみ等を収集し、又は運搬する許可団体の構成員に対して当該構成員であることを容易に判別できるよう腕章の着用その他の必要な措置を講じること。

(4) 許可団体が管理するごみステーション以外から資源ごみ等を収集し、又は運搬しないこと。

(5) 排出した者が市の収集を希望する旨の意思表示をしている資源ごみ等を収集し、又は運搬しないこと。

(6) 許可団体の構成員に対し前各号に掲げる遵守事項の周知を行うこと。

2 市長は、前項各号に掲げる遵守事項に関し、許可団体に対して必要な指導又は助言を行うものとする。

(資源ごみ等に係る売却代金等の使途の報告)

第8条 許可団体は、第6条の有効期間が経過した後速やかに、ごみステーションから収集し、又は運搬した資源ごみ等の資源回収業者に対する売却代金等の使途を、市長に報告しなければならない。

2 前項の報告は、許可団体の活動内容に関する書類その他の同項に規定する売却代金等の使途が確認できる書類を提出することにより行うものとする。

(許可の取消し等)

第9条 市長は、許可団体が次の各号のいずれかに該当するときは、その許可を取り消し、又は1年以内の期間を定めて資源ごみ等を集団資源回収のためにごみステーションから収集し、若しくは運搬する業務の停止を命ずることができる。

(1) 偽りその他不正な手段により許可を受けたとき。

(2) 第3条に規定する基準に該当しなくなったとき。

(3) 第7条第1項各号に掲げる遵守事項に違反したとき。

(4) 前条第1項の報告を怠ったとき。

(命令)

第10条 条例第3条第2項の規定による命令は、収集運搬禁止命令書(別記第3号様式)により行うものとする。

(公表)

第11条 条例第4条の規定による公表は、次に掲げる事項について、北広島市広報紙への掲載、インターネットの利用その他の適切な方法により行うものとする。

(1) 違反した者の氏名及び住所(法人又は団体にあっては、その名称、主たる事務所の所在地及び代表者の氏名)

(2) 違反の日時

(3) 違反に供された車両の登録番号

(4) 違反の内容

(5) 命令の根拠となる条例の条項

(6) 命令の内容

(7) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(立入検査員証)

第12条 条例第5条第2項に規定する身分を示す証明書は、立入検査員証(別記第4号様式)とする。

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成26年11月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第26号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

北広島市資源ごみ等持ち去り防止に関する条例施行規則

平成26年8月21日 規則第24号

(平成28年4月1日施行)