○北広島市行政不服審査法関係手数料徴収条例施行規則

平成28年3月18日

規則第7号

(手数料の減免)

第2条 条例第4条第1項の規定により経済的困難により手数料を納付する資力がないと認める場合は、次に掲げるとおりとする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による保護を受けている者(次項第1号において「生活保護受給者」という。)であるとき。

(2) 市町村民税非課税世帯(条例第4条第1項の交付の求めを行う者及び当該求めを行う者と同一の世帯に属する者が同項の交付の求めのあった月の属する年度(当該交付の求めのあった月が4月から6月までの場合にあっては、前年度)分の地方税法(昭和25年法律第226号)の規定による市町村民税を課されない者(同法第323条の規定により市町村民税の減免を受けた者を含む。)である世帯をいう。次項第2号において同じ。)に属する者であるとき。

2 条例第4条第2項の書面には、次の各号に掲げる者の区分に応じ、当該各号に定める書面を添付しなければならない。ただし、同項の規定により書面の提出を受ける者は、当該書面の提出を行う者が添付すべき書面の内容を公簿等によって確認することができるときは、当該書面の添付を省略させることができる。

(1) 生活保護受給者 生活保護法第11条第1項各号に掲げる扶助を受けていることを証明する書面

(2) 市町村民税非課税世帯に属する者 市町村民税非課税世帯であることを証明する書面

(委任)

第3条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

北広島市行政不服審査法関係手数料徴収条例施行規則

平成28年3月18日 規則第7号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第8節 行政手続・行政不服審査
沿革情報
平成28年3月18日 規則第7号